往きて迷いし物語

もるあきがトールキン教授やPJ監督に翻弄されるブログ・『この世界の片隅に』備忘録

『この世界の片隅に』上映会感想・他

おはよう日本/上映会感想/気になった記事/劇場情報・前売り券

おはよう日本

 2016年10月19日、NHK総合の「おはよう日本」内で特集が放送されました。

映画「この世界の片隅に」 こめられた思い
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/10/1019.html

 番組内でいくつか本編の映像も流れたのですが、うたた寝していて起こされたすずさんの「は…はいぃっ」という台詞、いや、声を聞いた瞬間、ぞわっとしました。予告では「すずさんってこんな声なんだ、かなりいいじゃない?」程度に受け止めていた、のんさんの声が、すずさんの動作と表情とぴったりはまって、「すずさんの声だ…!」となったからです。もちろん聞いた瞬間にここまで考えたわけではなく、今思い返すとこういうふうに感じて、ぞわっとなったのかな? ということなんですけれど。
 予告を見たときにはそれはそれで興奮してたと思うんですよね。ただ、予告の台詞は興奮気味に上ずった声だったり、映画本編を観ると別のシーンに別の台詞を乗せている部分もあることが確認できたりで、その辺が自分の中でしっくりきていなかったのかな、と。すずさんの台詞ではないですが、「呉ー(↑)」という印象的なアナウンスも映画では自然な音量に調整されていました。もちろん話の流れというものもありますが、「ありがとう、この世界の片隅に私を見つけてくれて」という台詞も予告と本編とで受ける印象が違っていました。
 思うに、本編映像では存在感を伴う声やアニメーションの演技がぴったりはまって、すずさんだけでなくすずさんのお母さんの声もすごく自然で、それが淡い色彩の絵とあいまって胸に迫るものがあったのです。


・上映会感想

 おはよう日本の放送と同日の2016年10月19日、本公開に先駆けて『この世界の片隅にクラウドファンディング支援メンバーズ向け先行上映会にて映画を鑑賞して参りました。
 関係者向け0号試写会の感想が流れてくると、どれもこれも作品の素晴らしさと声優の演技を褒めたたえるものばかりで、映画を観たくて爆発しそうになっていたのです。

 膨れ上がった期待を裏切らない、最高の映画でした。
 IMAXや4DXではなかったのにとてつもない没入感がありました。アニメーション映画ってこんなに凄いものだったのかと。原作再現度も凄いんですよ。解釈や取材を重ねてスクリーンに当時の広島や呉はこうだったのだろう、という世界を構築することに成功していて、動きも声も色彩も音楽も素晴らしい。効果音がまた凄くて…空襲のシーンは心底恐ろしく感じるんです。それでいて空や植物や虫や鳥は何が起きているかも知らないでそこにいる。原作に描かれていたことを、きちんとまっすぐに伝えてくれているんです。そうかと言って演出をくどくしすぎて鑑賞者を辟易させることもない。
 映画にするにあたりコマとコマの間を埋めるシーンが挿入されていてその呼吸というのですか、緩急がこうの先生の原作そのもので…。ファンの頭の中の映像を取り出したってこんなにうまくできないのでは、と思うんですよ。それは登場人物の声もそうで、みんながみんな原作から抜け出てきたかのような喋り方動き方をしていました。
 ちょっとこういう思い入れのある見方しかできてなくて、客観的な評価とか無理なんですが、素晴らしい映画でした。

 映画が公開された暁にはあのシーンのあのキャラめっちゃ良かったよー!とかを叫びたいです。周作さんも水原さんもえかった…何よりケイコさん素晴らしすぎて…もうめちゃくちゃいいです! リンさんも素敵だったし…。
 原作を知らない人にもきちんとわかるように作ってあるので、安心してすすめられる作品でした。


・気になった記事。


この世界の片隅に』は奇跡的な作品だ 東京テアトル・沢村敏が"単館系の使命"語る - RealSound
http://realsound.jp/movie/2016/10/post-3087_entry.html

 先行上映会を開催されたテアトル梅田さんに続き、シネ・リーブル梅田さんが公開初日の11月12日から『この世界の片隅に』を上映してくださることが本日判明しました!
 他地域の方にはわかりにくいかもしれないんですが、テアトル梅田さんとシネ・リーブル梅田さんは同じテアトルグループでして、普段はマイナーな作品をそれぞれかぶらないように上映されているんです。シネコンではかからないような作品ばかりですので、劇場公開を待っている人も少なからずいて、遠くから観に来る人もいるんです。その方針は上の記事を読んでもらえたらわかっていただけるかと思うのですが。できるだけ色々な作品を上映したいと思っているはずなんですよ、そのためにごく近い場所で別々の映画館として存在している…その二館が同日に同じ作品を上映してくれるという感激( ;∀;)
 しかし近畿南部の上映劇場はもっと増えてもいいと思います。泉州や和歌山、奈良の人間は結局梅田に行かざるを得ないではないですか。


この世界の片隅に」片渕須直が明かす、のんは「自覚を持っている役者」-映画ナタリー
http://natalie.mu/eiga/news/207949

 「すごく(のん・能年玲奈さんの)ファンだったんですけど、それとはまったく関係なく」というコメントがツボでした。
 すずさんの声優さんが発表された時に監督があまちゃんのファンだったことは頭をかすめましたので(・∀・)


深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.399
芸能界の荒波を生きるのんと主人公が重なり合う、戦時下における日常アニメ『この世界の片隅に』-日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/i/2016/11/post_30172_entry_3.html

 のんさんの表現力や憑依が素晴らしかっただけに、やたらに作品やすずさんと重ねて見るのはどうもなあ…と思っていたのですが、この記事ぐらい丁寧に監督のことを調べて書いてあるとむしろタイトルで釣って自分の好きな映画作品を推したいだけだ…とわかってそんなに嫌でもないな、と思いました。しかし、のんさんの記事を期待した人には肩透かしですかね。


Tokyo Film Festival review:
In This Corner of the World is a dream-like portrait of what was lost in the blast of Hiroshima - Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/films/0/in-this-corner-of-the-world-review-a-dream-like-portrait-of-what/
 
 英語記事なので、まだ読めていなくて( ´Д`)
 幼いすずさんの絵をチャールズ・シュルツのようだと言っているのかな?


のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー - CINRANET
http://www.cinra.net/interview/201611-kotringo?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

 これはだいぶ踏み込んでいて、ネタバレの記事なので鑑賞後に読むことをおすすめします。当時の音楽を知りたくて蓄音機とレコードを買ったコトリンゴさん素敵。あのやわらかい声も良くて〜。


・劇場情報と前売り券(ムビチケ)。

劇場情報
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=548


前売り券(ムビチケ)の買い方、使い方

 前売り券(ムビチケ)は映画館の前売り券売り場で購入できます。だいたいチケット売り場ではなくグッズ売り場やその横などで販売しています。通販もありますが、送料がかかります。
 使う際にはチケット売り場で座席指定をして当日の鑑賞券と引き換えます。
 オンラインチケットもあります。

 紙のカードはこちらで通販できます
この世界の片隅に【ムビチケカード】
https://www.major-j.com/cinema_information.php?id=M20160401001

 オンラインチケットはこちら
ムビチケ『この世界の片隅に
https://mvtk.jp/Film/060146

 ネット予約できる映画館とできない映画館があります。ムビチケを買う前に対応劇場をチェックしておきましょう。それでもわからなければ、観る予定の劇場に問い合わせてください。

ムビチケ(前売り券)対応劇場
https://mvtk.jp/SupportedTheaters

 ムビチケのサイト( https://mvtk.jp/) を見ればだいたいのことはわかるのですが、以前呉市立美術館でムビチケカードを購入されていた方が使い方がわからない、と美術館の方に訊ねているのを目撃したので、ここに書いてみました。ムビチケという単語すら知らない人にはサイトに辿りつけないかもしれないと思いまして…。

2016年11月5日追記
 エンディングロールの絵もとてもいいので是非最後まで見てください!