読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

往きて迷いし物語

もるあきがトールキン教授やPJ監督に翻弄されるブログ・『この世界の片隅に』備忘録

こうの史代先生のサイン会に行ってきました

 2017年4月26日、近鉄百貨店上本町店で行われたこうの史代先生のサイン会に行ってきました。『こうの史代作品展』が開催されるのでその初日に来てくださったのです。

f:id:momomomo1232:20170503203114j:plain


 展示は『夕凪の街 桜の国』から始まりましたが、後でゆっくりみようと次のスペースへ。『ぴっぴら帳』のカラー原稿に大興奮(*´`)服装の垢抜けなさからか作中では「オカメ」扱いされている(読者としてはまったく腑に落ちない!)キミちゃんの、すらりとのびた手指や脚の交叉が美しい…ぴっぴらさんやかなこさんもかわいくて最高でした。月並みな感想ですが、やはり生は迫力がありますね。それが『夕凪』をあとまわしにした理由でもあるのですが。

 『街角花だより』や『長い道』、『さんさん録』もページのチョイスがとても良かっ
たのです。このシーン私も好き! と言いたくなるページばかりで。会場はそれほど広くなく、展示も本物の原稿と複製原稿両方だったのですが、数が絞られていた分却って主催者の「ファンにこうの作品のどんな部分を見てほしいのか」が伝わってきたと思います。『夕凪の街 桜の国』以外はネタバレなしだったかな? 映画からのファンの存在も視野に入れられた展示でした。もし『この世界の片隅に』しか読んだことのない人でも、あの展示を見れば他の作品にも興味を持たずにはいられないでしょうね。
 のびやかな『ぼおるぺん古事記』の線画の楽しさ、そしてあのキャラのあのページを展示してくださって本当にありがとうございます☆彡 それにしてもボールペンで描いていてインクがダマになった部分がほとんどないんですよね…丁寧にペン先を拭いながら描いておられるのでしょうね。妻籠みの歌カラーページも素敵でした。
 空いている展示から先に見ていったので順番がうろ覚えなのですがこの次『日の鳥』でしたっけ…これもじわっとくる感じで、ええ、是非実物を見ていただきたいですね。『ぼおるぺん古事記』もそうですが『荒神絵巻』も着物でグッときますよね。『ギガタウン』はクスッとくる面白さで、生き物たちがかわいいなあいとおしいなあと。最後は『この世界の片隅に』でしたが、いったん引き返して『夕凪の街 桜の国』の展示へ。わりあい空いてるので自由に見ている人他にもいました。混んでたら横入りになってしまうのでやらないんですが。

『夕凪の街』は初めて読んだ時に落ち込みすぎてあまりちゃんと読めなかったのですが、今回展示で全部のページではないですが読むことができて、細かいところもじっくり見られて、もう一度きちんと読みたいなあと思いました。そして『桜の国』があってこその『夕凪の国』というのもよっくわかりました。あの夢みたいなシーンが本当に良くて泣きそうでした。
 そして『この世界の片隅に』またうるうると。


f:id:momomomo1232:20170503203129j:plain

 上本町から移動してテアトル梅田さんへ。『この世界の片隅に』は時間が合わなかったので別の映画を観たのですが、このような素敵な展示がされていました。このあとロフトでちょっとしたお買い物。

f:id:momomomo1232:20170503203139j:plain

 そして茶屋町MARUZENジュンクどう書店で『「あ・そ・ぼ」やで!』の原画展示も見させていただきました。表情も仕草もじつにイキイキしていてその美しさに涙せずにはいられませんでした。実はもう今原画展終わってしまってるのでもう少し早く感想書きたかったです…。

f:id:momomomo1232:20170503203150j:plain
 ついにサイン会! の前に喫茶店でお手紙を走り書き。焦って何回も書き直したわりに字は汚いし内容も「嬉しいです」「ありがとうございます」「素敵でした」みたいな内容の薄いものでしたが、実際こうの先生を目の前にしたら緊張して言葉がほとんど出なかったので、そんな手紙でも書いておいて良かったです。次の機会があったら家でゆっくり書こうと思いました。
 手紙を書き直していたので出遅れてしまって私の前に40人ぐらいは並んでいたのじゃないでしょうか。それだのにひとりひとりに絵を描いて軽くお話もして一緒に写真も撮らせていただくという丁寧な対応に感激しました。
サインというか絵の種類はギガタウンのカエルさんとウサギさん、こっこさん、ぴっぴらさん、大阪限定のモズから選んで描いていただけるスタイルだったのです。『こっこさん』はずっと前に図書館で借りて読んで、今引っ越してこのあたりの図書館にも本屋さんにもずっとなかったので読めなかったのがまさかの再販でぶわっと髪の毛が逆立つほど嬉しかったです。でも『ぴっぴら帳』も相当好きなのでこっこさんとぴっぴらさんのどっちか選べなくて非常に焦りました。物販にぴっぴら帳があればー! だけどそもそももう列に並んでるー! 
 それで『こっこさん』にぴっぴらさんを描いていただくことにしたのですが、係の方が「こっこさんを描いてもらわなくていいんですか?」と訊いてこられて、こうの先生が「さっきもこっこさんにぴっぴらさんの人いましたよ」的なことを仰って、「どっちも好きで選べなくて…」みたいなことを私は言ったと思います。言えたのかな? 「好き」ってちゃんと言えたのかな私は? もう記憶がやばくてですね、でも写真はちゃんとツーショットで撮っていただいて、そのあとお手紙も渡して「がんばってください」これはちゃんと言えたと思います。こうの先生が「がんばります」って笑って言ってくださったので。そうそう、ロフトで買ったインコのお手紙セットだったんですけどたぶんその鳥がかわいいとかそんなことも言っておられたような…インコ柄にして良かったヽ(;▽;)ノしかしせっかく喜んでいただいたのに変なタイミングで「がんばってください」って言っちゃったような…ウワー! 消えたい! アアー! でもお会い出来て良かったー! 拙いながらも好きの気持ちを伝えられて良かったです!!! 大阪に来てくださってありがとうございました!

 そういえばサイン会の列に並んでいる時に係りの人に「お手紙を渡していいですか、どなたかに預ける形でもいいのですが」と訊いたところきちんと事情がわかって対応できる方に確認に行ってくださって「サインの時に直接渡ししてください」って教えていただいて、本当にありがたかったです。近鉄百貨店上本町店のみなさま対応がとても丁寧で真摯であたたかかったです。本当にありがとうございました。記憶が曖昧ですので言葉遣い等もっと丁寧だったかも…とかあるかもしれないですが、ほんとに私は緊張するといちいち細かく確認しないと落ち着けないので丁寧に接していただけて嬉しかったです。