往きて迷いし物語

もるあきがトールキン教授やPJ監督に翻弄されるブログ・『この世界の片隅に』備忘録

Peach・台風・災害・キャンセル・返金

 少し前の話になりますが、台風でキャンセルになったPeachの航空チケットが払い戻し返金されていました。


 家族が2018年7月に台北へ行った際、帰国予定日が台風の進路予想とぶつかりまして、台湾島に上陸する前日の夕方に本人から帰国を1日早めるつもりだと連絡が入りました。

 

 Peachは台風や降雪などの影響で大幅な遅延が発生したり欠航になった場合には振り替えができることになっています。空席があれば。

https://www.flypeach.com/pc/jp/lm/fares/fare_conditions

 連絡があってすぐにこのURLを共有し台北にいる家族は帰国便のチケットを振り替えできるかどうかを、日本にいる私は新規で購入できるかを調べたのですが、国際線は購入予約の締め切りが国内線より早いため両者とも翌日午前のチケットを確保することはできませんでした。

 

 その間にも旅の同行者がネットで他社のチケットを探していてくれていたので家族もそちらに方針を切り替え、あまり高いようなら延泊した方がマシなのかも検討しつつ、ようやく何とかこれならという値段のものを購入し、落ち着いてからPeachの復路便はキャンセルの手続きをしました。最初に連絡が来てから3人がかりでチケット確保までだいたい1時間半ぐらいかかりました。これが7月9日、そして翌10日の昼の便でギリギリ台風に捕まらずに帰国することができました。

 

 当時ネットで調べたところPeachは災害時キャンセルの場合、返金はされるけれど実際に振り込まれるまで数カ月かかるとのことでした。のんびり待って、明細によるとPeachからカード会社への手続きが完了したのが10月4日、カード会社から口座に振り込まれたのは11月26日でした。4ヶ月以上かかるんですね。

 台風のせいなので、支払い手数料分も含めて復路便の全額がきちんと返ってきました。

 

 前にも書きましたが「たびレジ」に旅行の日程を登録しておいたので家族からの連絡より少し早く注意喚起のメールが着ていました。その日はちょうど映画館で『バーフバリ 王の凱旋・完全版』を観ていてスマートフォンの電源を切っていたため、結果的には家族からの連絡とほぼ同時にメールに気がついたのですが。映画が終わるのがあと1時間遅かったらうまく連携できずチケットは確保できなかったかもしれません…。

 それはさておき、たびレジのお知らせメールのおかげで日本でのんきしていた私も帰国を早めるか延泊するかしないといけない状況だとすぐ飲み込めたので、登録しておくものだな、と思いました。


 また、当日購入のチケットの相場も把握しておくとこのような場合の判断材料になると思いました。何の情報もなく「台風が来ているので帰りのチケットが5倍の値段になるけど帰国します」と言われたなら、元の値段が相当安い※とは言えびっくりして「他の方法はないの?※※」などとぐずぐずやり取りしてしまい、チケットを買い逃していた可能性もゼロではなかったでしょうから。情報を事前に集めておくに越したことはないですね。

LCCは本当にかなり安い。デメリットもあるけれど。

※※台風が来た場合に一般人にできることは何もないです。高雄経由の乗り継ぎ便も売れていきますので急いで買いましょう。