往きて迷いし物語

もるあきがトールキン教授やPJ監督に翻弄されるブログ・『この世界の片隅に』備忘録

面白かった記事・読みたい記事

ハーマイオニーと女幹部 「女ことば」は男が作る【言語学者・中村桃子】  https://noisie-s.net/gender/164/ @NOISIE_netから

「おネエことば」には「ひっくり返す力」がある。ただ、【言語学者・中村桃子】  https://noisie-s.net/gender/293/ @NOISIE_netから

一人称が「僕」の女の子、「僕」から「俺」に武装する男の子【言語学者・中村桃子】  https://noisie-s.net/gender/327/ @NOISIE_netから

 少し前にツイッターで、「翻訳等でよく見かける女ことばを使ってる女性は現実にはいない」という主張は現実に存在する、女ことばを現在も使用している人たちの存在を透明化しているのでは、と話題になりましたが、これらの記事はその疑問はカバーしきれてないように思います。(インタビューはツイッターでその話題が出るよりタイミングが前髪だったでしょうし、私が把握できなかっただけで、もしかしたらその議論自体がこの記事を受けてのものかもしれない?)