往きて迷いし物語

もるあきがトールキン教授やPJ監督に翻弄されるブログ・『この世界の片隅に』備忘録

更新情報、仮置き場

 2018年8月24日、この世界まとめこうの先生まとめTVドラマ版海外配給アメリカフランス海外映画祭・イベント上映更新しました。

この世界の片隅に』劇場公開開始より2周年を迎えました。各映画館の皆様方、映画館へ足を運んだ皆様方の努力の賜物かと思われます。おめでとうございます。『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』も楽しみにしております。

 この度の西日本豪雨で被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 

◇映画でつながる「この世界の片隅に

無料上映会が実施されます。参加資格は抽選で決まりますのでメールにて応募してください。

http://hashiwatashiproject-konosekai.jp

>>

無料上映会トークイベントゲスト

北條すず役:のんさん(女優)

プロデューサー真木太郎(株式会社ジェンコ代表取締役

進行「浅見典子(東京テアトル)」

広島県

2019/1/14 (月・祝)

JMSアステールプラザ 中ホール

開場16:00 / 開演17:00

岡山県

2019/1/15 (火)

イオンシネマ岡山

開場18:40 / 開演19:00

愛媛県

2019/1/25 (金)

シネマサンシャイン大街道

開場18:10 / 開演18:30

<<

「HASHIWATASHI プロジェクト」は2018年7月の豪雨災害被災地域を応援するプロジェクトです。上映会の他にも素敵な企画がありますのでサイトを見てみてください(^o^)

https://hashiwatashiproject.jp/

この世界の片隅に』無料上映、のん登壇 広島など西日本復興の一環

2018年12月13日 KAIYOU NET

https://kai-you.net/article/60145

 

◇2018年12月13日『かっぱのねね子 こうの史代小品集』が発売されます。

こみらの!参加書店では「イラストカード」の特典が付きます。

https://comirano.info/%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%AD%E5%AD%90-%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%AE%E5%8F%B2%E4%BB%A3%E5%B0%8F%E5%93%81%E9%9B%86/

 

 

◇ドラマ『夕凪の街 桜の国2018』がBS4K全国放送で再放送されます。

2018年12月19日19時〜

2018年12月26日21時〜

http://www.nhk.or.jp/hiroshima/drama/

 

こうの史代『ギガタウン』大英博物館展示など続々決定!喜びのコメントを発表
2018年12月11日 NBPress Online

http://www.nbpress.online/archives/16076

 

◇2018年12月10日、〜小さな幸せを、地球の幸せに〜WEBアニメ第3弾が公開されました。

https://youtu.be/YG5ODZjm_SI

 世界を股にかけるオオタフクコさん、すごいです。

 

◇「この世界の片隅に」愛されて公開2年 ロングラン上映、土浦の映画館「聖地」に:朝日新聞デジタル 2018年12月1日https://www.asahi.com/articles/DA3S13794307.html

 

◇2018年11月24日発売コミックゼノン2019年1月号に『ヒジヤマさん花いくさ』掲載

 

◇片渕監督によるワークショップ・新作はいつ完成するのか?!

2018/11/23 広島国際映画祭http://hiff.jp/archives/6372/

 

◇2018年12月1日『マンガ家になる! ゲンロン ひらめき☆マンガ教室 第1期講義録』単行本発売

こうの先生のページサンプルhttps://twitter.com/hirameki_p/status/1064880509736509446

11月25日「COMITIA26」ゲンロンブースにて先行販売

詳細

https://school.genron.co.jp/manga/

Amazon

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4907188293/

◇さやわか&西島大介講義録『マンガ家になる!』刊行、ゲストにこうの史代

2018年12月1日 CINRA NET
https://www.cinra.net/news/20181201-mangakaninaru

 

 

◇2018年11月21日発売『映画秘宝』2019年1月号に片渕監督と『野火』塚本晋也監督の対談掲載

https://twitter.com/eigahiho/status/1065218372986580992?s=19

 

◇2018年12月19〜24日、映画『この世界の片隅に』で美術監督をされた林孝輔さんの個展が吉祥寺で開催。

キチジョウジギャラリー(井の頭公園駅

2018年12月19〜24日

http://kichijojigallery.com/?p=6396

 

 

海洋堂よりフィギュア販売予定

https://twitter.com/sennmusann/status/1062318230411210754

 

◇2018年11月23日、片渕監督による広島国際映画祭にてワークショップ開催

http://hiff.jp/archives/5870/

http://hiff.jp/archives/5890/

 

 スケジュール表をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

2018年11月23日13時半〜

NTTクレドホール第二会場

 広島フィルムコミッションとの共同企画のようです(╹◡╹)

 

劇場公開2周年おめでとうございます。

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1061815288230899712

この世界の片隅に2周年🎉
2018/11/12 20:30 のんブログhttps://lineblog.me/non_official/archives/13205720.html

岩井七世さんのツイート

https://twitter.com/iwainanase/status/1061966992343625729

新谷真弓さんのツイート

https://twitter.com/shintanimayumi/status/1061802714366062592

映画「この世界の片隅に」異例ロングラン 上映2周年
2018年11月12日 21時47分 NHKニュース   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181112/k10011708141000.html

この世界の片隅に」上映2周年
11月13日 12時59分 広島NEWSWEB

https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20181113/0002899.html

 広島で監督の舞台挨拶が放映されたようです。全国区のおはよう日本でも映像が流れました。

 

広島国際映画祭にてワークショップ開催、新規カット公開?

https://twitter.com/katabuchi_sunao/status/1060669981338136576

 

コトリンゴ、初となる海外ツアー南米アルゼンチン公演が各地大盛況!
November 12, 2018 15:30 POPSCENE

http://popscene.jp/foundit/041575.html

 

2018年11月10日、呉市の千福さんが新酒祭りを開催、『この世界の片隅に』花シーンタグ付き梅酒が販売されます。https://twitter.com/sempukumiyakeya/status/1060744384373698560

 

この世界の片隅に」コップのフチのすずがキュート♪ ミニフィギュア“PUTITTOシリーズ”に登場

アニメ!アニメ!2018.11.9 Fri 20:00

https://animeanime.jp/article/2018/11/09/41350.html

 すずさん、周作さん、ばけもんのカプセルトイが2018年11月27日より販売です。

 コップのフチに引っ掛けるタイプのミニフィギュアですが、お店の食器に引っ掛けて撮影すると食器に目に見えない小さな傷をつけてしまう場合があります。自宅以外での撮影の際には気をつけてください。

 
 
この世界の片隅に』すずさんや周作さんがあなたのそばに舞い降りる!しぐさや表情が可愛い6種類のフィギュアがカプセルトイに登場!!

電撃ホビーウェブ 2018-11-12

https://hobby.dengeki.com/news/661252/amp/

 

2018年11月8日、『わたしの名はオオタフクコ 小さな幸せを地球の幸せに』第二弾公開されました。

https://youtu.be/Eyzb0Lgf0Y4

https://www.otafuku.co.jp/corporate/lp/animation/

 サイトにはまだ載っていないので公式リリースは明日以降かもしれませんね。

 

広島・呉市 旧海軍施設「青山クラブ」保存・活用へ「企業版ふるさと納税」の寄付申し出

(HOME広島ホームテレビ) 2018年11月7日19時49分

https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20181107005002

 呉で設立し東京に本社を移した建設会社増岡組が寄付を申し出たそうです。耐震調査や老朽化調査の費用として活用される予定です。

 

2018年11月12日、テアトル新宿にて公開2周年記念片渕監督トークショー付き上映があります。

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1058194906009595904

 トークショーは18時より、WEB予約はは2018年11月6日19時より、劇場窓口受付は11月7日オープンより。

テアトル新宿 11/12(月)『この世界の片隅に』公開2周年記念イベント開催決定!

https://ttcg.jp/theatre_shinjuku/topics/2018/11031200_5241.html

 

2018年12月7日13日『かっぱのねね子 こうの史代小品集』刊行

https://www.amazon.co.jp/dp/4022142626/
 『おおきなポケット』での連載、同人誌での頒布を経て、単行本未収録の4コマ漫画やかきおろしコラム等加えて出版されることになりました。復刊ドットコムで投票していたものです。

>>
【収録作品(予定)】 
・マンガ「かっぱのねね子」(オールカラー) 
・描き下ろしスケッチコラム「かっぱ紀行」 
・マンガ「ストポ」 
・4コママンガ「みなみさんの夏休み」「みなみさんの冬休み」「考えるアシ」「ぷらづま記」「たまのを」「へるめす」「鶏春秋」 
・大判細密イラスト 

<<

こうの史代「かっぱのねね子」、描き下ろしや単行本未収録作を加え初の書籍化
2018年11月14日 21:17 コミックナタリー

 https://natalie.mu/comic/news/307984

 

この世界の片隅に」展示イベント開催、“すずさんのおうち”を再現
2018年11月1日 19:28 映画ナタリーhttps://natalie.mu/eiga/news/306190

 昭和の暮らし博物館で2018年11月2日よりいよいよ開催です! 

2018年11月4日放送の「所さんの目がテン!」で昭和の暮らし博物館が紹介されたようです。

この世界の片隅に」の特別展
昭和のくらし博物館
2018/11/13 18:12 共同通信

https://this.kiji.is/434982724690019425?c=39546741839462401

 

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開決定
http://ikutsumono-katasumini.jp

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期のお知らせ

https://konosekai.jp/news/2173/

この世界の片隅に」長尺版、公開延期 2019年中の公開目指す
2018年10月19日 17:00 映画.COM

https://eiga.com/amp/news/20181019/16/

 待ちますのでスタッフ及び関係者の皆様方はどうか無理をしないようにお願いします。

 

昭和のくらし博物館

この世界の片隅に」すずさんのおうち展

2018年11月2日〜2019年5月6日

http://www.showanokurashi.com/014.htm

 2018年12月24日小泉和子館長と片渕監督、浦谷監督補トークイベント

 ワークショップ「すずさんのくらしの学校」は毎月1回開催予定

 PDFファイルにて詳細を確認の上、申し込み。

 

京都国際マンガミュージアム
この世界の片隅に」から10年
ギガタウン・イン・テラタウン――こうの史代の「漫符図譜」
2018年11月22日(木) 〜 2019年4月2日(火)

https://www.kyotomm.jp/event/exh_gigatown/

こうの史代×竹宮惠子:「マンガ表現論」を超えて
2019年2月9日(土) 14:00 〜 16:00 

 当日朝10時より整理券を配布とのこと。

おざわゆき先生のツイート

 トレーシングペーパーのチラシ素敵ですね。手に入れたい。

 以前マンガミュージアムで戦争漫画の特集があった際、おざわ先生の原画とこうの先生の原画と拝見しましたが、素晴らしかったです。(複製原画だったかもしれないです)

 

この世界の片隅に」から10年ーこうの史代さんの『ギガタウン 漫符図譜』展覧会が京都で開催!

PR TIMES 2018年11月9日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000560.000004702.html

 

◇2018年11月16日、京都国際会館で英語字幕付き上映

>>

日時:11/16 2pm
場所:京都国際交流会館
IN THIS CORNER OF THE WORLD free screening in Kyoto.
Nov-16 2pm at Event Hall, Kyoto International Community House(kokoka)
w/ Eng sub
#InThisCornerOfTheWorld #JapanFoundation
https://t.co/CPluzG2saf

<<

リンク先はPDF

 

pochiさん作成2018年10月海外上映リスト

https://twitter.com/i/moments/1046550037927346176

2018年11月海外上映リスト

https://twitter.com/i/moments/1056809712103043073

 

取材と検証、浮かぶ真相 新聞週間2018

2018年10月15日5時0分 朝日新聞

https://digital.asahi.com/sp/articles/DA3S13723878.html?rm=150

 片渕監督インタビューです。

 

2018年10月25日発売のコミックゼノン12月号に『リーゼと原子の森』掲載予定

http://www.comic-zenon.jp/magazine/

 

WEBアニメーション『わたしの名はオオタフクコ〜小さな幸せを、地球の幸せに。〜』 その1(全3話)

オタフクソース株式会社特設サイトhttps://www.otafuku.co.jp/corporate/lp/animation/

広島とお好み焼きについて

https://www.otafuku.co.jp/okonomiyaki/history/hiroshima/

ニュースリリース 2018年10月10日

https://www.otafuku.co.jp/corporate/news/detail/?t_id=74

 

片渕須直ら「この世界の片隅に」スタッフ集結のWebアニメ公開、テーマはお好み焼き(写真26枚 / 動画あり / コメントあり)

映画ナタリー 2018年10月10日10:00

https://natalie.mu/eiga/news/303055

 別のキャラクターであることは明確ですが、江波の家にいた兄妹たちを思い出しますね。10月10日にはお好み焼きの日です。※お多福造酢株式会社のお好み焼き用ソースの発売は昭和27年(1952年)です。

 

スタッフについて

 

2018年9月22日、TOKYOFMのNAGOMI Setouchiにて、こうの史代先生と片渕須直監督の対談
放送地域は聞き逃し配信あり
http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20180922183000&noreload=1


岡山天満屋・岡山店にて『この世界の片隅に』原画展
2018年10月3日〜10月15日
入場料700円
イベント予告ページ(10月分に掲載)
http://www.tenmaya.co.jp/cgi/web/index.cgi?c=event-list&shop_pk=1&YY=2018&MM=10

 岡山会場限定のきびだんご、原画展初登場(たぶん…?)の図録の販売があります!

 同時開催の昭和レトロ展も面白そうですね。https://www.tenmaya.co.jp/webchirashi/okayama/01184/m/index.html#page=1

 

この世界の片隅に」をグッズで堪能 15日まで、岡山の百貨店で原画展

2018年10月4日 山陽新聞デジタル

http://www.sanyonews.jp/sp/article/800676/1/

 

真木太郎プロデューサーが振り返る、もうひとつの「この世界の片隅に」戦記。 【アニメ業界ウォッチング第49回】 - アキバ総研

2018年9月29日

https://akiba-souken.com/article/36204/


散歩の達人』番外編
すずさんに会いに、あの街へ

第1回 『ユジク阿佐ヶ谷』と、阿佐ケ谷の街へ
http://www.kotsu.co.jp/sanpo_sp1/1st/

第2回  東京の海苔のふるさと、大森の街へ。
http://www.kotsu.co.jp/sanpo_sp1/2nd/

第3回  『土浦セントラルシネマズ』と、土浦の街へ。
http://www.kotsu.co.jp/sanpo_sp1/


映像を見たあとだからこそ味わえる! 『この世界の片隅に』「海苔を干すシーン」に見る“マンガ的表現”
2018/8/20ダヴィンチニュース
https://ddnavi.com/review/481281/a/

 

熊本県天草市本渡第一映劇にて2018年9月29日よりリバイバル上映
 土曜はレイト上映あり、最終日の10月5日にはコトリンゴさんのライブ
http://daiichieigeki.iinaa.net

>>
コトリンゴLIVE 
  日時: 10月5日(金) 
18:00開場  18:30開演

 会場: 天草市地域交流センター 
      おおくす      
  (天草市五和町手野1-367-1)
<<


◇『絵馬幻想』掲載
『コミックいわて なななっ』に掲載されたこうの史代先生の『絵馬幻想』がWEBで公開されました。アンケートもついているので良かったらどうぞ
http://comiciwate.jp/comic/emagensou/index.html


◇《この世界の片隅にこうの史代の柔らかく美しいタッチを堪能できる原画展を開催。 - 日刊Webタウン情報おかやま
情報掲載日:2018.09.24 https://tjokayama.jp/event/konosekainokatasumini20180924/
 岡山の原画展のニュースが出ました。


◇「夕凪の街」複製原画23枚 広島
 中國新聞α 2018年9月14日
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=465500&comment_sub_id=0&category_id=110

こうの史代『夕凪の街』複製原画展

平成30年9月12日(水)から平成31年2月28日(木)(予定)

広島平和記念資料館 東館 地下1階廊下壁面

原画複製パネル23枚(「夕凪の街」18点、「桜の国」2点、「夕凪の街 桜の国」(カラー)3点)

入場無料
開館日は平和記念資料館に準じます。

 

 

http://hpmmuseum.jp/modules/news/index.php?action=PageView&page_id=102

 

レストハウスの再開、20年7月に
中國新聞α 2018年9月7日

http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=463507&comment_sub_id=0&category_id=112
 建物の劣化が想定より激しかったようですね…時間をかけてもちゃんと直した方がいいですから仕方ないです。


◇「鎮魂」の8月、秀作だったドラマ『夕凪の街 桜の国 2018』(碓井広義) - Y!ニュース
2018年8月26日 https://news.yahoo.co.jp/byline/usuihiroyoshi/20180826-00094571/

 

アニメ映画「この世界の片隅に」の片渕監督が9月9日、最近注目の「聖地」土浦で、舞台挨拶とトークイベント
9/7(金) 17:13配信 旅行読売
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180907-00010000-ryokoyom-life


映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開2ヶ月前トーク
練馬アニメカーニバル
https://animation-nerima.jp/event/carnival/carnival2018/contents/konosekai/
>>
10月21日(日)16:00~18:00(予定)
練馬文化センター 小ホール

ゲスト
尾身美詞:黒村径子役
新谷真弓:北條サン役
真木太郎:プロデューサー
丸山正雄:企画

上映作品
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報
この世界の片隅に』配信用メイキング ほか
<<
 チケット申込み締切は10月8日24時。申込み多数の場合抽せん。


【のんさん】
あまちゃん」から5年 いろいろあって、いろいろやってます
2018年9月2日 東京新聞
http://amp.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2018090202000143.html


 

 


【ドラマ】
ついに“8月6日”が訪れる ドラマ『この世界の片隅に』があぶり出す尾野真千子らの鬼気迫る表情
2018.09.03 RealSound
https://realsound.jp/movie/2018/09/post-244748_1.html/amp


ドラマ「この世界の片隅に」撮了、松本穂香松坂桃李が思い思いに感謝
2018年9月12日 4:00 映画ナタリー
https://amp.natalie.mu/eiga/news/299221

記事

一覧

松本穂香:「この世界の片隅に」撮了で涙 「みんなに支えられて生きている…」
2018年09月12日 MANTAN WEB
https://mantan-web.jp/amp/article/20180911dog00m200051000c.html


この世界の片隅に」すず役がハマったわけ
2018年09月16日 MANTAN WEB
https://mantan-web.jp/amp/article/20180915dog00m200021000c.html


予想外のエンディングに 松本穂香主演『この世界の片隅に』が遺した“現代へと通じるメッセージ”
2018.09.17 RealSound
https://realsound.jp/movie/2018/09/post-251846_1.html/amp

 

「すずさんめっちゃ良かった」…「この世界の片隅に」最終回に感動の声続々
2018.9.16 Sun 23:05 Cinema Cafe.net
https://s.cinemacafe.net/article/2018/09/16/58327.amp.html

松坂桃李がスネる姿に「かわいすぎ」の声『この世界の片隅に』最終回
niftyニュース
https://news.nifty.com/amp/entame/showbizd/12119-5903003/


『この世界の片隅』予想外の「広島カープ締め」ラストシーンに秘められたメッセージ
文=絢友ヨシカ/ライター
2018.09.17 ビジネスジャーナル
https://biz-journal.jp/i/amp/2018/09/post_24811.html

この世界の片隅に:“逆風”覆す好演に感謝の声相次ぐ “すずさん”松本穂香に「ありがとう」
2018年09月18日 MANTAN WEB
https://mantan-web.jp/amp/article/20180917dog00m200059000c.html

 

 

 

【映画】

◇映画「この世界の片隅に
9月9日土浦で、片渕須直監督舞台あいさつ&サイン会
常陽リビング 2018年9月3日http://www.joyoliving.co.jp/topics/201809/1809016.htm

2018年9月9日10時の回のチケットを購入された方が対象です。

 

◇今日の水口さん展、土浦での展示へ

2018年9月9日〜9月23日

土浦セントラルシネマズ シネマ1 ロビーhttps://twitter.com/mizuguchisanten/status/1036451179859824640?s=19

 

◇朝まで片渕須直!「この世界の片隅に」や「エースコンバット04」の短編など上映
2018年8月24日 15:25 映画ナタリー

https://natalie.mu/eiga/news/296763

 チケット残数は2018年8月24日16時半頃の時点でぴあに1枚新文芸坐に15枚です。当日券が出るかどうかは新文芸坐ツイッターで確認してください、とのこと。

 

◇「この世界の片隅に」ゆかりの呉市美術館通りで野外上映会、カフェではファンアート展示
8/27(月) 13:33配信 旅行読売https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00010000-ryokoyom-life

 2018年9月1日の呉市美術館通りでの野外上映会及び水口マネージャー・ファンアート展覧会再び、のお知らせです。

 

◇2018年9月1日、尾身美詞さんと片渕監督がラジオ出演

>>

告知し忘れていました!!
いま放送中の東京FMの「NAGOMI Setouchi」で『この世界の片隅に』の土地を片渕監督と巡らせていただいております✨
本日はすずさんの故郷、江波!!!
18:55までです✨

https://www.tfm.co.jp/setouchi/smartphone/

<<

 えびさんの情報によると聴き逃し配信があるようです

https://twitter.com/n_n_ebi/status/1036023774125027328

https://twitter.com/n_n_ebi/status/1036024136345083904

https://twitter.com/n_n_ebi/status/1036024287814012928

TBSラジオクラウド

https://radiocloud.jp

どがらじ

https://dogaradi.123net.jp

東京FM放映地域ならradikoでも聴ける様子

大豆さんのツイート

https://twitter.com/amnesia666/status/1036017876761628672

radiko

http://radiko.jp/share/?t=20180901183000&sid=FMT&noreload=1

 

◇映画「この世界の片隅に」に勝算はあった?

2018年9月1日 日経ビジネスオンラインhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-69561829-business-soci&p=1

日経ビジネスオンライン2016年12月2日公開記事より再掲

 

◇なぜ人気?“日曜夜の朝ドラ”の声も「この世界の片隅に」原作からアニメ・ドラマをふり返る
2018.8.31 Fri 11:50 CinemaCafeNet

https://s.cinemacafe.net/article/2018/08/31/58118.amp.html

 

◇のん『この世界の片隅に』別バージョンに、大人のすずさんを掘り下げたい
 2018年8月15日  17時42分 シネマトゥデイ
https://www.cinematoday.jp/news/N0102907

◇のん&片渕須直監督「この世界の片隅に終戦記念日の再上映に感慨「まだまだ上映を続けていきたい」
2018年8月15日 18:10 映画.COM
https://eiga.com/amp/news/20180815/15/

この世界の片隅に終戦記念日に再上映舞台あいさつ のん&片渕須直監督が思い語る
2018年08月15日 MANTAN WEB https://mantan-web.jp/amp/article/20180815dog00m200019000c.html

◇のん「この世界の片隅に」再上映「うれしい」12月には新シーン加えた別バージョンも公開予定
[ 2018年8月15日 17:06 ] スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/15/kiji/20180815s00041000229000c.html?amp=1

◇アニメ映画『この世界の片隅に終戦記念日に上映会 片渕監督&のんが思い語る
2018-08-15 17:11 ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2117583/

 

 

◇2018年9月、ダイカスケールよりラッピングバスのミニカー発売予定

>>

【新製品】
こうの史代さん原作、片渕須直さん監督の長編アニメーション映画「この世界の片隅に」とのコラボバスミニカー登場!
広島電鉄㈱に実在する同作品コラボバスをモチーフにしたミニカーです。
作品舞台の広島県呉にて2018年9月発売予定。詳細決定次第、随時お知らせします。
#この世界の片隅に https://t.co/TZaFyk06OL

<<

https://twitter.com/diecascale/status/1035036266616770560?s=19

 

【呉・広島】

2018年8月20日付けで広島観光協会より広島各地へのアクセス状況をまとめた「行ける!広島」が公表されました。
https://hiroshima-welcome.jp/ikeru2018/
「広島の観光地は、元気です!
\(▽‾\(‾▽‾)/‾▽)/
みなさん、ぜひ、広島へ!
今の広島を
県庁職員が総まとめ!
観光課の職員が実際に広島駅等から各地を訪問!現在のアクセス状況や行けるルートを総まとめしました! (紹介内容及び写真は、2018年8月10日時点のものです)」

 

【こうの先生】

◇<問う論じる 改憲の行方>(1)一ついじれば堤防決壊/漫画家 安彦良和さん
2018年08月26日 日曜日 河北新報https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201808/20180826_73021.html

 『この世界の片隅に』の話が少し出てきます。

 

◇「この世界の片隅にこうの史代さん作品展
京都・福知山

京都新聞 2018年9月2日

https://s.kyoto-np.jp/local/article/20180902000036

こうの史代さんの原画展など各所で 京都・福知山在住の漫画家

両丹日日新聞 2018年8月4日http://www.ryoutan.co.jp/news/2018/08/04/012969.html

 8月26日開催の『ぼおるぺん古事記』ワークショップについても告知。

◇まちに広がる、こうの史代さんの世界 市内各所で展示会
8/27(月) 8:30配信  両丹日日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010000-rtn-l26

 

福知山市こうの史代先生特集】

こうの史代 ぼおるぺん古事記・平凡倶楽部 原画展    福知山市佐藤太清記念美術館

2018年8月23日〜9月19日

休館 火曜日 9月4日展示替えhttp://fukuchiyama-artmuseum.jp/news/2018/08/post-188.html

http://fukuchiyama-artmuseum.jp/news/images/こうの展チラシ裏面-01.jpg

 

福知山市丹波生活衣館で「戦時下の暮らし」展示

2018年8月11日〜9月10日

休館 火曜日http://www.city.fukuchiyama.kyoto.jp/seikatuikan/

 

福知山市立図書館中央館でこうの先生の著書展示と『あのとき、この本』および『どんな絵本を読んできた?』関連図書展示

2018年7月3日〜9月2日

休館 月曜日https://www.library.pref.kyoto.jp/?page_id=1067

 

まぃまぃ堂で「ぴっぴらさんとことり展」

2018年8月21日〜9月8日

定休 日・月曜日http://maimaido.blog19.fc2.com/blog-entry-2073.html

 

古本と珈琲モジカで「荒神絵巻原画展」

2018年8月22日〜9月8日

定休 火曜日

http://www.machinova.com/mozica/

 

【イベント・2018年10月21日】
◇「練馬アニメカーニバル2018」開催決定 「この世界の片隅に」長尺版の公開前トークショー
2018年8月11日 18:00 アニメハック
http://anime.eiga.com/news/106890/
「練馬アニメカーニバル2018
「映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開2ヶ月前トーク
2018年10月21日 練馬文化センター小ホール
 参加申し込みは9月上旬予定

 

 

 

 

◇2018年8月6日の片渕監督、のんさん、真木プロデューサー

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026240086713585664?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026269422447550464?s=19

https://twitter.com/kamimon_/status/1026277461175062533?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026289502736637952?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026307941178077184?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026312729055772672?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026330690743238656?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026356176538103808?s=19

https://twitter.com/hiroshima_pref/status/1026364419113209856?s=19

https://twitter.com/non_staffnews/status/1026397159128625158?s=19

https://twitter.com/non_staffnews/status/1026396613751660544?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026415800633110529?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026417375271251969?s=19

https://twitter.com/konosekai_movie/status/1026456735815327744?s=19

 

https://twitter.com/hfw_motoo/status/1026479568830398464?s=19

https://twitter.com/hfw_motoo/status/1026283863729831936?s=19

 

https://twitter.com/kobeshinbun/status/1026253532486197248?s=19

 上記の流れを記事へどういう形で収録させていただくか検討中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 新しいスマホにしてからコピペすると編集できなくなっていったん保存してからまた編集の続きをしたり、改行がめちゃくちゃになるんですけど、対処法わからず… といった不具合がでております。変なタイミングで閲覧された方には申し訳ありません。

「特別展 西行」和歌山県立博物館

 今月(2018年11月)25日まで和歌山県立博物館(https://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/saigyou/frameset.htm)で「特別展 西行」展が開催中です。私は大河ドラマ平清盛』で井浦新さん演じる崇徳院が好きだったのですが、放映当時のイベントや展覧会ましてや白峯寺へ行く機会もついぞなかったのです。今になって比較的気軽に行ける和歌山県立博物館で西行の特集がというのも何かの縁と思い、関連展示はあるかなという下心を抱いて訪れたのでした。

 

 記憶力がザルなので今検索して確認しましたが、西行はドラマの中では佐藤義清の俗名で若き清盛の同僚である北面の武士としての出番が主だったはず。かなり最初の方ですね。出家してからは時々ふらりと出てきて乱れた世を嘆いていた…? どうだったかな…? ほぼ「願わくは花の下にて」の記憶しかない状態で観覧に挑みました。

 

 まず西行法師の経歴(印刷したものが配布されていて親切)と活躍した土地の説明があり、展示室に入ったすぐの場所に西行坐像、大きめの像が展示してあり、なるほど西行さんはこういう人だったのか…と思いきや、説明を見、音声ガイド(200円という安さ)を聞くには、江戸時代に「今西行」と呼ばれた歌人にして西行研究者の似雲(ジウン)という僧侶が厳しい面影の高僧の像を当時流布していた西行のイメージに合うのでこれを西行像とした、みたいな話で、びっくりしました。江戸時代に西行をイメージして彫られた像でもなく、他の人物である可能性が高い、とある僧侶の像を西行ということにしたと。もう一回書いてみたけどよくわからないですねこれ。ただわかるのは江戸時代に西行さんにアツいファンがついていた、そういうことです。

 続いてはちゃんと西行さんとして作られた像と西行さんとして描かれた姿絵です。絵の上の方には西行さんの歌も書いてあるのが洒落てます。とんちの効いた絵もあって面白かったです。

 

 西行さんの歌が最初に歌集に載った時は有名じゃなかったので詠み人知らずとされたとか、「世を捨つる…」が「身を捨つる…」に変えられたとか散々でしたが、やがて新古今和歌集には94首も載るようになったよっていう展示がありました。でもこの最初に載った詞花和歌集崇徳院が命じて編纂されたものだとか…初めて西行さんの才能を見出したのは崇徳上皇なの…? 藤原顕輔かも…? どうせ名前載せてもわからないから匿名でいいでしょとか載せる人が勝手に改変とか平安時代からあったんだな…こわ…。そんな感じで歌のことなどはわからないものの、けっこう楽しんで見ました。

 しかし本人が詠んだ歌も多いしけっこうな数の歌集を編み歌合もプロデュースしている…? 才能に溢れすぎてて逆に凄さがよくわからないんですが。

 西行さんが書いた手紙もありました。戦で人が死ぬことがおびただしいのを嘆いていたり、出家した理由とも繋がってるんでしょうかしらね。

 

 そして西行の家族の話や、有職故実に詳しかったので引用元にされた話など。蹴鞠にも詳しかった。

 そんな何の不自由もない暮らしなのに突然出家したのでふしぎ! みたいなことを藤原頼長台記にも書かれていたんですね。理由は友人の死とか高貴な人に失恋したとか諸説あります。

 妻も娘さんも出家して心安らかに暮らせたのかなあ、世の中が乱れてたからどうだろう。おのれ清盛め…。

 

 そして崇徳上皇像ですよ。像といっても木彫りのそれではなく絵です。思わず拝む。京都からわざわざ和歌山まで来ていただいてありがたいなあ…京のかたな展やってるから刀剣以外ならいいよって貸してくれたのかな…感情がじわじわこみ上げてきます。展示資料一覧を見るに、前期展示にはなかったんですね。何も調べないでぐずぐずしていただけなんですが後期に行ってよかったです本当に。

 

 紀伊国の池田荘の佐藤氏の記録の展示など。訴え書きとか昔の地図とか目録とか。平重盛が建立したお寺にあった観音像とかあって心が満たされました。ドラマでは窪田正孝さんの葛藤の演技が凄まじかったですね。

 

 文化財を紹介する流れで海神社(http://wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=3022)の脇差・銘国次が見られたのがよかったです。柾目肌がしっかり見えて帽子は反り返りっていうのかな、ぼわーっと沸えていました。用語の使い方合ってるかわからないけど…。銘も読める範囲で「□池田荘海上ツ(?)□國次□」的な感じでした。京のかたな展で刀剣の見方を少しおぼえたので、この銘がくっきり読めるからここに展示されてるんだな! という意図がちゃんとわかるようになりました。展示見終わってから気がついたのですが、和歌山県立博物館では単眼鏡の貸出もしているそうです。いきなり買うには高価なものなので次の機会には試してみたいです。

 

 高野山の図絵に西行桜があるよーとか、今このさくらそのものはないけど代々植えてるんだよーとか。

 

 西行霊夢で見た阿弥陀如来と脇侍を模刻した像があり、ここでも西行さんの新しい才能を知ることになりました。えっと本人が彫ったのですか…? これらを…? 西行 霊夢で検索してもゲームのキャラが出てくるんですが…。彫師に指示して作らせたのかな、それでも大した才能ですが。詳しく知りたいけど西行さんの歌人以外の部分にフォーカスした本はどれを読めばいいのかしら。

 

 この霊夢のくだりが江戸時代のアツい西行ファンこと似雲さんがリスペクトゆえに西行さんの旅路を追跡行脚してついに弘川寺(http://www.town.kanan.osaka.jp/kananchotte/kankogaido/terajinja/1394613320825.html)の墳墓が西行さんのお墓であると夢のお告げで知ることになるエピソードと繋がります。たぶん。私が西行さんを主人公にした漫画を描くように言われたらこの似雲さんを案内役にしますね。ツッコミ役の従者がいるといいかも。

 

 ところでカタカナをやたらに使わずに文章を書けるようになりたいです…。

 

 西行さんの業績や旅の様子を描いた絵巻などの資料がどんどこ出てくるのですが、その中に西行崇徳院廟を訪ねたものがあり、涙がこぼれます。雨月物語の白峯(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E6%9C%88%E7%89%A9%E8%AA%9E#%E7%99%BD%E5%B3%AF)として有名な、恨みから異形の怪しに変化した崇徳院が法師として各地を行脚した西行との対話を通し、またかつてその才を愛でた西行の歌によって穏やかな心を取り戻す…という話です。諸説あるという西行の出家の理由はこの時こうして崇徳院の御霊を慰めるために観世音菩薩に導かれたとかでいいんじゃないかなもう。駄目? 御白河院があそこまでああじゃなかったら崇徳院もここまでならなかったんじゃないのかなと思うけど歴史を進めるために御白河・清盛・頼朝は外せないんだろうな…。(何目線か)

 白峯寺からも「歌仙切 崇徳上皇像」が貸し出されています。よくぞ和歌山においでくだされた…。また拝む。

 

「願わくは」関連展示もありました。弘川寺全面協賛で、好きな人にはグッとくるんだろうなあ…と思いながらみていました。

 

 その次は史実と伝承という展示で、絵巻になったり能になったり八面六臂の活躍ぶりです。ここでも白峯の絵だったり、成長した娘尼の穏やかな姿だったりが見られて和みました。ドラマであの幼い娘さんを振り払う場面辛かったですからね…。幼い子が出家の妨げになるというのはたぶん仏陀ラーフラになぞらえたフィクションかなと思うんですが…。

 

 江戸時代に武家屋敷に置くのが流行った笑顔の西行さん人形とか、意味はよくわからないけど可愛らしいものもありました。何かご利益があったのかな。そしてこれが他のお坊さんではなく西行さんってことが資料とかに残されているんだよな…。花見の神様みたいな雑な扱いでも面白いけど違うだろうな。

 

 西行さんが生きた時代の人から見た西行の文書資料が展示されて終わり。疲れからかこのあたりの記憶はありません。2時間くらいしかいなかったんですけどね…。体力つけたいです。

 

 かなり偏った見方をしてきましたが、とても面白かったです。

 私は疲れて見られなかったのですが、ロビーで絵巻の解説ビデオが見られたり、17日にも申し込み不要で無料の解説講座、23日24日にミュージアムトークがあるようなので、興味のある方はぜひ行ってみてください。(https://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/saigyou/ivent.htm

 図録も郵送購入できます。(https://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/syuppan.htm

 

 和歌山県立博物館に入館すると和歌山城天守閣とわかやま歴史館の共通入場券の割引券がもらえます。(発行から3日間有効)

 また博物館に隣接した近代美術館も広々としてゆったりと鑑賞できるのでおすすめです。

この世界の片隅に海外上映情報仮置き

2018年10月30日更新

 海外の反応はSae Mita@sae_mitaさんが毎朝訳してくださっています。検索&訳を継続されているお二人に尊敬と感謝の気持ちを表明いたします。

 

pochiさん作成2018年10月海外上映リスト

https://twitter.com/i/moments/104655003792734617

◇2018年11月11日、オーストラリアで上映

>>

映画 #この世界の片隅に 海外情報
オーストラリアで上映
日時:11月11日14時
都市:ケアンズ
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at Event Cinemas Cairns Smithfield. Australia Nov-11 2pm w/ ENG sub.
https://t.co/ICMUEMNsJ6

<<

pochiさんのツイート

 

◇2018年11月7日、スイスで上映

>>

スイスで上映
日時:11月7日16時
場所:ラ・ショード・フォン La Chaux De Fonds

Film DANS UN RECOIN DE CE MONDE projection sur ABC, à La Chaux-de-Fonds. 7 novenbre, à 16h VF
LaChauxDeFond 
https://www.cineman.ch/fr/seances/la-chaux-de-fonds/?date=2018-11-07

<<

pochiさんのツイート

 

◇2018年11月6日、イギリス・リンコン大学で上映

>>

イギリスで上映
日時:11月6日19時
場所:リンコン大学
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at University of Lincoln, England,UK. Nov-6 7pm, presented by JAMS Japanese Anime Media Society.
https://m.facebook.com/LincolnJAMS/photos/pb.142032762552294.-2207520000.1541404394./2006607459428139/?type=3&theater

<<

pochiさんのツイート

 大学の日本アニメ・メディア・ソサイエティによる上映です。

 

◇2018年11月30日、フランス・ラバルで上映>>

日時:11月30日 19時半
場所:ラバル
Film DANS UN RECOIN DE CE MONDE projection à Cinéville Laval, ven.30 novembre, 19:30 En-VO.
http://www.allocine.fr/seance/film-252039/pres-de-104893/date-2018-11-30/

<<

pochiさんのツイート

 

◇2018年11月9日、パリ郊外Café Pas si loinで上映
>>
フランスで上映(非劇場)
日時:11月9日 18時
場所:パリ郊外 Café Pas si loin
Film DANS UN RECOIN DE CE MONDE projection au café Pas si loin le 9 novembre à 18h
https://m.facebook.com/events/248546779149280/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年11月9日・13日、フランスケーブルテレビで放映
>>
日時:11月9日 22時35分、11月13日1時15分

場所:Alitice Studio
Film DANS UN RECOIN DE CE MONDE, Sur Altice Studio Vendredi 09 nov. 2018 à 22h35 Rediffusion
https://m.programme-tv.net/cinema/10249822-dans-un-recoin-de-ce-monde/
<<
pochiさんのツイート

11月13日1時15分

 


◇2018年10月31日、台南市で上映
>>
台湾で上映(非劇場)
日時:10月31日 15時
場所:台南市 #南臺科技大學圖書館
圖書館「週三電影院」2018 / 10 /31 (三)下午3:00 播映動畫影片『#謝謝你在世界的角落找到我』歡迎全校師生觀賞!
https://lib.stust.edu.tw/en/news/2-56831-n
<<
pochiさんのツイート


◇2018年10月28日、香港ケーブルテレビの放映
>>
香港ケーブルTVで放送 10月28日 19時5分
IN THIS CORNER OF THE WORLD on "Movie Movie" CH118, Oct-28 19:05
奪得多項電影大獎,超越《你的名字》奪得日本奧斯卡最佳動畫榮耀。宮崎駿愛徒 #片渕須直 操刀,人氣女星 #能年玲奈 聲演的鈴
https://www.moviemovie.com.hk/en/movies/5a4b06736cc598001a2205e3
<<
pochiさんのツイート


 人気スター能年玲奈がすずを演じる!


◇2018年12月1日、オーストラリア・ロービナで上映
>>
オーストラリアで上映
日時:12月1日 13時
場所:ロービナCinemas Robina
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at Event Cinemas Robina, QLD, Australia.
Dec-1 1pm
https://t.co/9WGquH309X
<<
pochiさんのツイート


リンク先はPDF

 

◇2018年11月24日、オーストラリア・ダッボーで上映

>>
オーストラリアで上映
日時:11月24日 正午
場所:ダッボー
#JFFRegional での上映
IN THIS CORNER OF THE WORLD free screening in Dubbo, NSW, Australia.
Nov. 24 12pm, Reading Cinemas.
https://t.co/Rc1tRsu2ac

<<

pochiさんのツイート

リンク先はPDF


◇2018年11月18日、オーストラリア・タウンズビルで上映
>>
映画 #この世界の片隅に 海外情報
オーストラリアで上映
日時:11月18日 17時15分
場所:タウンズビルReading Cinemas
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at Reading Cinemas Townsville, QLD,Australia.
Nov 18 17:15
https://t.co/8laZPnXAp9
<<
pochiさんのツイート


リンク先はPDF


◇2018年10月27日、フランス・グルノーブル近郊で上映
>>
フランスで上映
日時:10月27日20時半、30日20時
場所:グルノーブル近郊l'Espace Aragon
Film d'animation DANS UN RECOIN DE CE MONDE projeté à l'Espace Aragon,Villard-Bonnot, FR
samedi 27 20h30 VF
mardi 30 20h VF
https://www.espace-aragon.net/Dans-un-recoin-de-ce-monde
<<
pochiさんのツイート


◇2018年11月、アメリカMyCinemaグループによる上映
https://mycinema.live/content/in-this-corner-of-the-world/
pochiさんのツイート


◇2018年11月6〜10日、シカゴ近郊で上映
>>
アメリカで上映
日時:11月6〜10日 5日連続 18時
場所:シカゴ近郊Buffalo Grove Theater
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at Buffalo Grove Theater, IL. US
Nov-6 to 10 (5 days) 6pm, hosted by MyCinema
https://m.facebook.com/events/191498868412947/
<<
pochiさんのツイート

 

◆テキサスでの上映、キャンセル?

2018年11月6〜30日、テキサスで上映
>>
アメリカで上映
日時:11月6〜30日 24日連続 19時
場所:テキサスTimes Square Grand Slam
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at Times Square Grand Slam, TX. US
Nov-7 to 30 (24 days) 7pm, hosted by MyCinema
https://m.facebook.com/events/307567316506277/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年11月7日シアトルで上映
>>
アメリカで上映
日時:11月7日 19時
場所:シアトルThe Varsity Theatre
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at The Varsity Theatre, Seattle US
Nov-7 7pm, hosted by MyCinema
https://m.facebook.com/events/489758424841272/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年11月7日、ワシントン州で上映
>>
アメリカで上映
日時:11月7日 19時
場所:ワシントン州Olympic Cinemas
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at Olympic Cinemas, WA, US
Nov-7 7pm, hosted by MyCinema
https://m.facebook.com/events/1923066531322103/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年10月18・19日、フロリダで上映
>>
アメリカで上映
日時:10月18日 18時、19日 20時半、21日15時半
場所:フロリダHippodrome theatre
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at the Hippodrome theatre, FL、US
Oct-18 6pm,-19 8:30pm,-21 3:30pm
https://m.facebook.com/events/313041932827780/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年10月14・17・18・19日フランス・レユニオン島で上映
>>
フランス海外県で上映
日時:10月14日16時,17日14時18日20時,19日16時
場所:レユニオン島Cinéma Moulin à Café
Projection DANS UN RECOIN DE CE MONDE à La Réunion, FR.
14,17,18,19 octobre
Cinéma Moulin à Café
https://www.cine974.com/film/dans-un-recoin-de-ce-monde/38628/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年10月19日、モロッコで上映
>>
ロッコで上映
日時:10月19日 19時半
場所:ラバト ニッポンまつり
Projection DANS UN RECOIN DE CE MONDE
Vendredi 19 octobre à 19h30.
Le théâtre national Mohammed V à Rabat
http://article19.ma/accueil/archives/100904
<<
pochiさんのツイート


在モロッコ日本大使館フェイスブック
https://m.facebook.com/ambjaponmaroc/photos/le-vendredi-19-octobre-à-19h30-au-théâtre-national-de-mohammed-vprojection-de-fi/2192521137657578/
かずたまさんのツイート

 フランス語字幕のようです。


◇2018年10月9日、マレーシア大学サラワク校(UNIMAS)で上映
>>
マレーシアで上映 非劇場
日時:10月9日 20時
場所:マレーシア大学
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at UNIMAS, Malaysia, Oct-9 8pm
#InThisCornerOfTheWorld #UNIMAS

<<
pochiさんのツイート


◇2018年10月11日、オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学で上映
>>
オーストラリアで上映
日時:10月11日18時
場所:ニューサウスウェールズ大学
IN THIS CORNER OF THE WORLD free screening at UNSW on Oct-11 6pm, Robert Webster Build. UNSW SAM Cinémathèque
https://m.facebook.com/events/274152813208494/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年10月5日、ドイツ・ケムニッツで上映
>>
ドイツで上映
日時:10月5日17時
場所:ケムニッツCineStar in der Galerie Roter Turm,
"In This Corner of the World " im Rahmen des 23. Internationalen Filmfestivals in #Chemnitz
CineStar in der Galerie Roter Turm, 05.10.2018, 17:00 Uhr
https://ff-schlingel.de/de/Programm/Die_Filme_2018__2327.html?kategorie=Panorama&film3624.kat=6&film3624.id=8717&film3624.list=1&jumpancor=site3624
<<
pochiさんのツイート



>>
本上映は「第23回子供と若者のための映画祭」のプログラムです。
This screening is a part of the 23th International Film Festival for Children and Young Audience in Chemnitz
https://ff-schlingel.de/en/english_version_110.html
<<


◇2018年10月21〜23日フランス、ノワジエルで上映
>>
フランスで上映
日時:10月21日 4時、22日14時15分、 23日14時
場所:ノワジエル(パリ近郊)La Ferme du Buisson
DANS UN RECOIN DE CE MONDE projection, VF
dim 21 oct 14h / lun 22 14h15 /mar 23 14h
La Ferme du Buisson, Noisiel, FR
http://www.lafermedubuisson.com/programme/cinema/films/dans-un-recoin-de-ce-monde
<<
pochiさんのツイート


◇2018年9月18日、アメリインディアナ州パデュー大学で上映
>>
インディアナ州非劇場上映
日時:9月18日19時半
場所:ウエスラファイエットPurdue Univ.
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening in Lafayette IN,US Sep18 19:30
World Film Forum to feature movies of life in wartime by Purdue Univ.
https://www.purdue.edu/newsroom/purduetoday/releases/2018/Q3/world-film-forum-to-feature-movies-of-life-in-wartime.html
<<
pochiさんのツイート


◇2018年9月23日、パラグアイで上映
>>
パラグアイで上映
日時:9月23日 15時15分
場所:アスンシオンCinemark Paseo la Galeria
Información de proyección de la película "EN ESTE RINCÓN DEL MUNDO".
23 de septiembre a las 15:15, Cinemark Paseo la Galeria, Paraguay
https://www.cinemark.com.py/movie?tag=2900&corporate_film_id=187570&coming_soon=false
<<
pochiさんのツイート


cinefestのツイート

作品ページ
http://cinefestpy.org/project/en-este-rincon-del-mundo/
カタログ
https://cinefestpy.org/revista-catalogo/


◇2018年9月13日、オーストラリア・マッコーリー大学で上映
>>
オーストラリア非劇場上映
日時:9月13 日17時
場所:マッコーリー大学
NPO Japanese Association at Macquarieの上映会
IN THIS CORNER OF THE WORLD free screening at Macquarie University,NS, AU. Sep-13 5pm
https://m.facebook.com/events/488733134944910/
<<
pochiさんのツイート


◇イタリア・サルディーニャ島日本文化フェスティバルで上映
>>
イタリアで上映
日時:9月30日18時
場所:サルディーニャカリアリ
IN THIS CORNER OF THE WORLD ,In Questo Angolo di Mondo, screening at Japanese Culture Festival in #Cagliari, #Sardegna,Italy
Sep-30 6pm
https://magazine.dooid.it/en/destinations/sardinia/japanese-culture-festival-cagliari/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年10月27日オーストラリア・バンベリーで上映
>>
オーストラリアで上映
日時:10月27日 18時半
場所:バンベリーBunbury Regional Entertainment Centre
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at #JFF in #Bunbury, WA, AU
Bunbury Regional Entertainment Centre (BREC) Oct-27 6:30pm
https://www.bunburyentertainment.com/missed-show/
<<
pochiさんのツイート


◇2018年9月15日、オーストラリア・アリススプリングスで上映
>>
オーストラリアで上映
日時:9月15日 15時
場所:アリススプリングスシネマ
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at Special Desert Festival in Alice Springs, NT, AU
Alice Springs Cinema Sep-15 3pm
http://www.alicespringscinema.com.au/Movie/In-This-Corner-Of-The-World
<<
pochiさんのツイート


◇2018年8月31日〜9月13日アメリカ、フロリダ州で上映
>>
米フロリダ ヒポドゥロウム劇場上映は8/31 - 9/13 の12回に拡大決定!
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at the Hippodrome
8月
31日17時
9月
1日18時
2日13時
4日20時半
5日18時
7日18時
8日15時、19時半
9日15時半
11日18時 6pm
12日20時 8pm
13日18時 6pm
https://thehipp.org/cinema/
<<
pochiさんのツイート


映画館のツイート


◇2018年10月7日、イギリス・チェルトナム文学祭で上映
>>
チェルトナム文学祭で上映
日時:10月7日 14時
場所:The Swan
IN THIS CORNER OF THE WORLD screening at Cheltenham Literature Festival, UK, Sun 7 Oct 2018 2pm.
https://www.cheltenhamfestivals.com/literature/whats-on/2018/in-this-corner-of-the-world-/
<<
pochiさんのツイート

オペラ『ゴンドリンの陥落』を彩る音楽

 この記事は『Tolkien Writing Day』に参加しています。

はじめに

 2018年の秋はJ.R.R.トールキン教授著、クリストファー・トールキン教授編纂、アラン・リー画伯挿画の"The Fall of Gondlin"が出版され、またオペラ版"The Fall of Gondlin"のサウンドトラックも発売され、ゴンドリン三昧の季節となりました。自分用にサウンドトラックの情報をまとめたものを公開することにしました。記事タイトルにはわかりやすくオペラ『ゴンドリンの陥落』と書きましたが、記事内ではオペラ版"The Fall of Gondlin"と表記します。

 当初はCDが届いたことにウキウキで曲の感想を書こうと思った…、のですが、音楽の知識がない、以前読んだHOMEの内容もうろ覚えで英語歌詞の聴きとりもできないし、どういうシーンの曲なのかぜんぜんわからなかったのです。そこで理解を深めるために曲タイトルの確認を試み『シルマリルの物語』、『終わらざりし物語』を読み直し、サイトにすじや歌詞が載っていることに気がついたのも締切が迫ってからで読む本もどんどん増えていって…、でもそうやって読んでいるとたくさんの発見があってますますこのオペラを作り上げたPaul Corfield Godfrey氏へのリスペクトが深まりました。
 ただ次回あるならばもう少し計画的に書き進めたいと思います。
 

オペラ版"The Fall of Gondlin"

ウェールズの舞台制作チームVorante Operaの作品サイト
https://www.volanteopera.wales/the-fall-of-gondolin
 この記事でこれ以降特に説明のない「サイト」とはこのページのことを意味します。
 オペラの歌詞と物語のすじが載っています。
 こちらにも書いてあるのですが、このオペラのシリーズの上演と音源化はまだ続くようで…
 『ベレンルーシエン』の予告がCDのブックレットにも載っていました。

・THE TOLKIEN SOCIETYによるリリース記事
The Fall of Gondolin opera released
Posted by Shaun Gunner at 17:36 on 24 August 2018
https://www.tolkiensociety.org/2018/08/the-fall-of-gondolin-opera-released/


・入手方法は二通り
CDの通販ページ(情報提供:laurentさん @tolkinisch)
http://primafacie.ascrecords.com/fall_gondolin.html
 送料込みで2300円程度、PayPalのアカウントが必要です。
 梱包は必要最低限のクッション封筒にて送られてきましたので、ケースの破損がありましたが、中身もブックレットも無事でした。2枚組CDでこのお値段なので相応かと思います。申し込み後、PayPalの入金確認メールは来ますが、通販サイトprimafacieからの申し込み完了メール等は(見落としていなければ)届きません。発売前に予約し、届いたのは9月11日でした。
 ブックレットの内容にまだあまりきちんと目を通していないのですが、↑のサイトの方が情報が数倍充実しております…。

 カバーイラストはテッド・ネイスミス氏の既存のイラストを使っています。
Tuor Reaches the Hidden City of Gondolin
https://www.tednasmith.com/tolkien/tuor-reaches-the-hidden-city-of-gondolin/
Turgon Receives Tuor and Voronwë
https://www.tednasmith.com/tolkien/turgon-receives-tuor-and-voronwe/

ダウンロード版(情報提供:Sayawenさん @sayawen)
https://www.amazon.co.jp/Fall-Gondolin-Silmarillion-Mythology-Recording/dp/B07GZNLX8H/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&qid=1536569548&sr=8-22&keywords=Tolkien&linkCode=sl1&tag=camelabo-22&linkId=b08468e034f1696cb2a7b9ed25b01ae3&language=ja_JP
 手数料なしの1800円と手軽です。どなたがどの曲を歌っているのかもわかるので便利ですね。



・キャスト
Ulmo, Lord of the Waters (Bass): Martin Lloyd
Turgon, the King of Gondolin (Bass): George Newton-Fitzgerald
Aredhel, his sister (Mezzo-Soprano): Louise Ratcliffe
Eöl, a dark Elf (Baritone): Julian Boyce
Maeglin, son of Eol and Aredhel (Bass-Baritone): Stephen Wells
Ecthelion, Captain of the Guard of Gondolin (Baritone): Philip Lloyd-Evans
Tuor son of Huor, a mortal man (Tenor): Simon Crosby Buttle
Voronwë, a mariner of Gondolin (Baritone): Julian Boyce
Idril Celebrindal, Daughter of Turgon (Soprano): Anitra Blaxhall
Morgoth, the enemy (Bass): Laurence Cole

Chorus of unseen voices and people of Gondolin:
Anitra Blaxhall/Emma Mary Llewellyn/Louise Ratcliffe/Helen Greenaway/
Michael Clifton-Thompson/Simon Crosby Buttle/Julian Boyce/Laurence Cole


・グロールフィンデル問題
 またしてもグロールフィンデルがキャスティングされていないので、ファンとしては非常に残念であります。解決策としてAmazonのドラマシリーズで幼少時代のエステルを教え導くグロールフィンデルの回想シーンなどがあるといいと思うのですが、どうでしょう。


・曲
 曲名からだいたいのシーンがわかるかと考えていたらよくわからなくて、日本語書籍からタイトルの訳を探してみたり、サイトのあらすじを読んでみたりして楽しみました。

Disc One
1. Prologue: Sing us a tale of Eärendil the wandering/Vorante Demo Chorus

 彷徨うエアレンディルの歌を私たちに聴かせて。(該当なし)

 このタイトルから冒頭のシーンはトル・エレッセアが舞台かしらと思いました。サイトには"The bidding of the minstrel"とあります。吟遊詩人、語り手としてのリトルハートの名前はこの話には出てきません。物語の語り手は『シルマリルの物語』、『終わらざりし物語』には登場せず、HOMEにだけ登場するのでしたっけ…といった悩みを解決してくれるのがクリストファー教授版"The fall of the Gondolin"なのです。余談ですがこの本はあくまで物語を読むものなので、名前のリストは載っているのですが索引がないところが少々面倒です。

 男女の混声合唱から始まる、厳かな雰囲気です。我らに歌を聴かせて…と複数のおそらくエルフが口々に歌います。謎めいた雰囲気に誘われる心地です。すごく韻を踏んでいるところが英語の詩の形式だなあ…と思いますし、歌詞を見るときもぱっとそこを見てしまいます。
 アーティスト名はVorante Demo Chorusとなっておりこの後も混声合唱を担当し、彼らが物語の情景を歌っているようです。


2. Now shalt thou go to Gondolin, Turgon;/Martin Lylod(ウルモ)

 いよいよ汝がゴンドリンに赴く時が来た。(訳は『シルマリルの物語』より)

 曲のタイトルは歌詞やト書きの最初のフレーズをそのままつけていますね。トゥアゴンへのウルモのメッセージです。前の曲が盛り上がりを見せた後でもあり、意外にも穏やかと感じました。この時点ではもはや隠れ王国に移住せよという警告ではなく民を送り出し最後に旅立つトゥアゴンへのはなむけに近い感じでしょうか。


3. Scene One: And Turgon rose,/Vorante Demo Chorus

 そしてトゥアゴンは立ち上がった。(該当なし)

 最初にタイトルを見た時は、ノルドの王が順繰りに亡くなってトゥアゴンが上級王になったことを示しているのかと思いました。しかしサイトの説明ではゴンドリンの塔の自室にいるトゥアゴンということなので、物理的に昇ったということでしょうか。オペラなので塔に昇るシーンで衣装や部屋の調度なども見せて高い地位に着いていることを示すということもありますよね。ううむ。
 きらびやかな要素もありつつあくまで厳かな雰囲気がトゥアゴンらしいと思いました。


4. But Aredhel wearied of the Guarded City,/Volante Demo Chorus / George Newton-Fitzgerald(トゥアゴン) / Louise Ratcliffe(アレゼル)

 しかしアレゼルは防護固い(ゴンドリンの)都に倦み、。(訳は『シルマリルの物語』より)

 初めて『シルマリルの物語』を読んだ時は何気なく見過ごしていましたが、不死(不死ではない)のエルフが倦んでいたんですよね。一見無思慮で過激な行動に出るのも無理からぬ鬱屈の蓄積があったんですよね。親族の情ではなくアレゼルを受け止められる器の大きなエルフはゴンドリンにはいなかったんですね。
 というわけで、曲もアレゼルとトゥアゴンの不和を反映してなかなか不穏です。アレゼルのソロがなかなか挑発的。一方トゥアゴンは悲しんでいるようです。『シルマリルの物語』で読んだ印象よりはトゥアゴンがかわいく感じました。かわいそうかわいい…。


5. So Aredhel rode abroad,/Volante Demo Chorus

 うんざりしていたので、アレゼルは国の外へ馬を駆って行った。(該当なし)

 緊張感のある音楽です。これからどうなってしまうのか…。お供がついていたり従兄弟に会いに行くくだりはカットされていますので、余計に先行きが不安です。


6. Scene Two: But the trees of Nan Elmoth.../Volante Demo Chorus

 しかしナン・エルモスの森は…。(該当なし)

 高い樹ばかりで日も射さず、不気味です。こんな恐ろしい所に迷い込んでしまって、アレゼルは悔やんでいるでしょうね。そんなアレゼルに一目惚れして魔法を使って彼女を迷わせたエルフがいるとか何とかを合唱で説明していますがこれまた不穏です。前のあにいもうとの一触即発のシーンの感じではなく、不気味で恐ろしげ。
 このような音楽と共に登場するエルフはどうなんだろうな、ついて行っていいのかな、と思わせられます。
 

7. You are of the House of Eöl, Maeglin/Julian Boyce(エオル) / Stephen Wells(マイグリン)

 お前はエオルの家の者だ、マイグリン。(訳は『シルマリルの物語』より、順序を入れ替えてあります)

  エオルの怒りを表す激しい音楽です。マイグリンはそれには応えずアレゼルにここを逃れてゴンドリンへ行こうと訴えますので、完全に逆効果でした。

 ト書きはここでゴンドリンの塔にいるトゥアゴンが彼の玉座についているとのこと。

8. Scene Three: And, driven by anger and despair,/Volante Demo Chorus

 そして、怒りと絶望の騎乗。(該当なし)

 これまたエオルの怒りを表す追走の緊迫感のある音楽です。
 

9. I rejoice indeed that my sister has returned../George Newton-Fitzgerald(トゥアゴン) / Louise Ratcliffe(アレゼル) / Philip Lloyd-Evans(エクセリオン

 わたしはわが妹が戻ってきて喜ばしく思う。(該当なし)

 エクセリオンがエオルの要求を伝えに来ました。グロールフィンデルの欠席を嘆くより、エクセリオンの出番をもっと喜ぼう! と自分に対して思いました。エクセリオンの説明の途中からかぶってくるアレゼルがとても彼女らしいと思いました。
 

10. Welcome, kinsman; for so I hold you./George Newton-Fitzgerald(トゥアゴン) / Julian Boyce(エオル)

 ようこそおいでなされた、わが縁者よ。(訳は『シルマリルの物語』より)

 最初はあくまで公正に接しようとするトゥアゴンに対し敵意全開のエオル。トゥアゴンの朗々とした歌声に比べエオルは演出上歌声が高くなったりいきなり緩急がついたり彼の精神の不安定さを感じます。演奏もわざと不快な音を立ててエオルのおぞましさを表します。息子を殺そうとして失敗した挙句呪う父親すごく嫌だな。エオルは崖から打ち捨てられます。


11. Scene Four: Huor the brother of Hurin.../Volante Demo Chorus

 フオル、フーリンの弟…。(該当なし)

 ここで場面が一気に変わり、トゥオルの生い立ちを説明しています。
 間奏のハープか何か弦楽器のポロン、ポロンという音がすごく好きです。

12. And at that hour the sun went down.../Volante Demo Chorus

 そしてその時、日は沈んで行った…。(該当なし)

 ウルモがついに人の子の前に姿を現します。神秘的な音楽ですね。今まで使ってなかった楽器もどんどん出てきているような…。どれが何なのかまったくわからなくて演奏している方に申し訳ないのですが、音と声の高まりがとても気持ちいいです。

 
13. Rise, son of Huor!/Martin Lloyd(ウルモ) / Simon Crosby Buttle(トゥオル)

 立つがよい、フオルの息子(トゥオル)よ。(訳は『終わらざりし物語(上)』より)

 うまく言えないのですが、突然現れたヴァラに臆せず質問、会話できるトゥオルの胆力すごくないですか…というのを音楽と歌の力を通して改めて認識しました。ぴかぴかの鎧が出てくるんですけどここで試着したりしないのかななど妄想しています。
 

14. Instrumental: Storm Music/Demo Orchestra

 嵐の音楽。
 ここも本で読んだときはせっかくこれから旅立つのに嵐で出鼻くじかれたな…と思っていたのですが、実際この曲を聴いてみると実に気分が高揚しますね。ちゃんと『終わらざりし物語』の該当ページを読み返したら、トゥオルはこの嵐の中に希望を見出していました。読むのに疲れていたり体調が悪かったりで、本文にあからさまに書いてあることを見落としまってること、きっと他にもあるんだろうなあ…。
 

15. Hail, Voronwë! I await you./Simon Crosby Buttle(トゥオル) / Julian Boyce(ヴォロンウェ)

 ようこそ、ヴォロンウェ!お待ちしていました。(訳は『終わらざりし物語(上)』より)

 高まりきったところで登場するヴォロンウェにトゥオルも私も興奮を隠せません。 ヴォロンウェはこんなにテンション高く出迎えられていたのか…。それは驚いて「誰…?」 ともなります。ヴォロンウェの声質が以前見たアートのイメージにそっくりでつい探してしまいました。
Tuor and Voronwe - Anke Eissmann
http://www.theonering.com/galleries/fan-art/fan-art/tuor-and-voronwe-anke-eissmann

 しばしの対話の後、共にゴンドリンを目指すトゥオルとヴォロンウェの音楽が続きます。旅を通して育まれる友情はいいものですね。ヴォロンウェとトゥオルそれぞれに回想のかたちで長めのソロパートがあるのが良いです。

16. Often have I vowed.../Simon Crosby Buttle(トゥオル) / Julian Boyce(ヴォロンウェ)

 よく心に誓ったものだった…。(訳は『終わらざりし物語(上)』より)

 
Disc Two

1. Scene Five: In a dim and perilous region.../ Simon Crosby Buttle(トゥオル)

  薄暗く危険な地帯では(該当なし)


2. Fell is this frost.../Simon Crosby Buttle(トゥオル) / Julian Boyce(ヴォロンウェ)/ Philip Lloyd-Evans(エクセリオン

 この氷結は恐ろしいことだ(訳は『終わらざりし物語(上)』より)

 死すべきさだめの人の子はエルダールに比べると視力が良くないんです…。
 急に出てくるエクセリオン

3. Scene Six: This is strange in you, Voronwe/Philip Lloyd-Evans(エクセリオン)/ Julian Boyce(ヴォロンウェ) / Simon Crosby Buttle(トゥオル)

 お前らしくもない、ヴォロンウェ(訳は『終わらざりし物語(上)』より)

 本来はエレンマキルの台詞なのですが、彼の名前はありません。エクセリオンとヴォロンウェが親友設定です。あっランタン! ランタンがト書きに出てきました!
 なんで人間なんか連れてきたの…とヴォロンウェとぐずぐず喋ってたのにトゥオルの言葉を聞いた途端ウルモの使者だと確信するエクセリオン面白いです。


4. Rejoice that you have found../George Newton-Fitzgerald(トゥアゴン) / Simon Crosby Buttle(トゥオル)

 そなたが見い出したことを喜ばしく思う(該当なし)

 ゴンドリンは石の都市…と歌いだすトゥアゴン。ゴンドリンに愛着がわきまくっているんでしょうね。
 トゥアゴンはトゥオルをウルモの使者として認め受け入れながら、ウルモの助言に従い国を捨て海に出ることを拒むのでした。トゥアゴンを説得できず膝をつくトゥオルにイドリルが優しくしてあげるのを見ているマイグリンは是非舞台で観てみたいものです。
 この状況からよくトゥオルとイドリルとの結婚に至れたなあと思うとやはりトゥオルの人柄が優れ、トゥアゴンもまた助言は受け入られなくともトゥオル個人を受け入れる器の大きさと聡明さがありますね。


5. Instrumental: Wedding March/Demo Orchestra

 結婚行進曲。

 鐘の音から始まったり現世でも馴染みのあるクリスチャンの形式に寄せてきてるように思いましたが、厳かなだけでなく華やかさと清冽さがあってよかったです。


6. Scene Seven: There Elven lights.../Simon Crosby Buttle(トゥオル) / Anitra Blaxhall(イドリル)

 エルフの光が残っている…。(該当なし)

  トゥオルとイドリルの語らいの歌です。かなり長くたっぷりと掛け合いがあり聴き応えのある、幻想的な曲です。素晴らしい。いつか邪悪な火が襲ってくるという不安や、ニフレディルを夢見ること、西方の海へ旅立つことなど。悲観的なトゥオルに対しイドリルは彼を励ましけして明るいばかりではないが将来の希望を語っています。たぶん。


7. Scene Eight: I am Maeglin.../Stephen Wells(マイグリン) / Laurence Cole(モルゴス)

 我はマイグリン(該当なし)

 モルゴス登場ですよ! モルゴスがマイグリンを追い詰めています…と言いたいところですがこのシーンだけだとマイグリンが自分からペラペラ喋っているようにも…いやきっと酷く痛めつけられているのだけれど私の目には見えないだけなのです。


8. Scene Nine: Ilu Ilúvatar/Anitra Blaxhall(イドリル) / Volante Demo Chorus / George Newton-Fitzgerald(トゥアゴン) / Julian Boyce(ヴォロンウェ) / Stephen Wells
マイグリン) / Philip Lloyd-Evans(エクセリオン) /Simon Crosby Buttle(トゥオル)

 イルーヴァタールの御名を讃えよ。(該当なし)

 マイグリン拘束、解放からこのタイトル、次の曲はモルゴス登場でしたので、もういきなりゴンドリンが襲われてエルに助けを求めるシーンなのかと思ったのですが、サイトの歌詞を見るとどうやらクウェンヤです。つまり、夏の門の大祭です。喜びの歌声が奏でられております。美しい〜。歌詞の一部で検索すると"The Lost Road & the Other Writings"(HOME FIVE)ですね。『ユリイカ』1992年7月号の『失われた道』(赤井敏夫訳)を捲っていくと、おお、ありました! 冒頭がまったく同じ、断片的な詩が書いてありました。
 高らかに歌い上げるというよりは粛々とした信仰と感謝を表した歌のようですね。祭りというより奉り、なのかな。

Ilu Ilúvatar en kárë eldain
i fírimoin
ar antaróta mannar
Valion.
Númessier.

―父神は妖精(エルフ)と人間(モータル)のために世を創り給いき、しかしてそれを西方におわす支配者の手に委ねたり

 
9. Morgoth is upon us!/George Newton-Fitzgerald(トゥアゴン) / Volante Demo Chorus / Philip Lloyd-Evans(エクセリオン) / Simon Crosby Buttle(トゥオル)

 モルゴスは私たちの上にいる!(該当なし)

 トゥアゴンの気持ちが完全に折れてしまいました。しかし民たちが自分を守るために戦って死ぬよりは逃げて生きて欲しいと。塔の上に向かいます。
 父親と同じように投げ捨てられるマイグリン…呪いが成就してしまいました。辛い…。


10. Ah! Woe is me,/Anitra Blaxhall(イドリル) / Simon Crosby Buttle(トゥオル)

 ああ、私の悲しみは。(該当なし)

 トゥアゴンにどうか塔から逃げて、と願うイドリルでしたが…。悲しみにあふれた曲です。
 思えば、トゥアゴンの初登場シーンがこの塔であることは必然だったのですね。そこから始まり、そこで終わるための。
 

11. The fume of the burning,/Volante Demo Chorus

 燃え尽きる煙、(該当なし)

 エクセリオンがイドリルとトゥオルを逃がさんとバルログに挑みます。 


12. Then a green turf came there,/Volante Demo Chorus

 やがて緑の芝生が覆い尽くす。(該当なし)
 
 歌詞にはこの続きに世界が変わるまで黄色い花が茂ったとありますので、金鳳花…金色の髪の彼の名残りがここで歌われているのです。


13. Epilogue: I know a window in a western tower.../Simon Crosby Buttle(トゥオル) / Volante Demo Chorus

 私は西の塔の窓を知っている…(該当なし) 

 船出にふさわしく、晴れ晴れとした寂しい心地がします。静かに西へ漕ぎ出す船の歌です。
 ここでまた謎の声でクウェンヤの歌詞が。もう絶対サイトに載っていなかったら英語じゃないことにも気がつけなかったのでほんとうにありがたいことです…。検索すると出典は"The Monsters and the Critics"…持っていない本ですね。持ってない本の方が多いのです…。これもクリストファー教授のお仕事です。素晴らしい。

Man kenuva fáne kirya Who shall see a white ship
Métima hrestallo kira, leave the last shore,
i fairi néke the pale phantoms
ringa súmaryasse in her cold bosom
ve maiwi yaimië? like gulls wailing?

 しかし歌詞を見ても、この歌に歌われている状況がよくわからないです。愛情のない彼女とはまさかイドリルのことでしょうか? 単に気を失っているだけ? なぜそんなことに?
 カモメのように泣いているの? というフレーズにどことなく"Into the West"を感じます。この詩がインスピレーション元なのかな? 作詞はフラン・ウォルシュ氏なのでそうなのかな…?

 トゥオルがこれは別れの厳粛な歌だと歌っています。
 誰が白い船を見るのでしょう、とトゥオルに語りかけるクウェンヤの部分は”DISTANT FEMALE VOICE”による歌唱になっています。遠くの声…語り手なのか、海の向こうに住まうエルフなのか、もっと上の存在なのか、生者か死者かもわからない声。

14. Oh happy mariner/Anitra Blaxhall(イドリル) / Volante Demo Chorus

 おお、幸せな航海者。(該当なし)

 ト書きにはイドリルを受け入れるトゥオル、船に乗り込む2人、霧が晴れると1人で立つイドリル、とあります。
イドリルに語りかける歌声は”DISTANT MALE VOICE”です。倒れた塔の上に…とあるのでマンドスの館にいるトゥアゴン…? それともゴンドリンの陥落を一部始終見ていた存在?

 閑話。
Man kenuva lumbor ahosta Who shall see the clouds gather,
menel akúna the heavens bending
ruxal’ ambonnar, on crumbling hills,
ëar amortala, the sea heaving,
undume hákala, the abyss yawning,
enwina lúme the old darkness
elenillor pella behind the stars
talta-taltalar falling
atalantëa mindonnar? upon fallen towers?

 うーんと唸りながら歌詞を眺めていると前回の記事でわからないなーと騒いでいた「湾曲する天空」が出てきてのけぞりました。"menel akúna"。ここでまたこの言葉を目にするとは…トールキンの調べ物はすぐこうやって寄り道をしてしまうので時間がいくらあっても足りないのです。

 閑話休題

 途中から混乱していたのですが、この2曲はトゥオルとイドリルの航海のことではないんですね。引用されているクウェンヤの歌がどういう状況で歌われたのか知らないので、どの程度Paul氏のアイデアが入っているのかわかりづらいのですが、このオペラの始まりが「彷徨うエアレンディルの歌を私たちに聴かせて…」だったことを思い出します。さきほど疑問に思った、気を失っている女性はおそらくエルウィングのことですし、トゥオルが「西の塔の窓を知っている/それは天の海に開かれている」と歌い、イドリルが「白い風の塔」歌うなどエアレンディルとエルウィングのことだな、とわかる部分もあります。もしかしたらヴォロンウェのことを歌っているのかしら、という箇所もあります。(このことによらず私は思い込みが激しいので、勘違いをしている可能性もあります。)母親であるイドリルがアマンから何らかの力を借りてエアレンディルとエルウィングを見守っているとしたら、共に地に足をつけた暮らしのできない彼らを痛ましく思うのは自然な成り行きかと思います。

 だけどどうにも未来を予見している部分もあるようなのです。遠い声は「歌を聴かせて」と言っていた存在とは別物とされていますので、未来のエアレンディルとエルウィングなのでしょうか、それとも見通す力を持ったアイヌア? エルダール? 

 歌はやがてイドリルと遠い存在の男性 の声が重なり、最後は遠い存在の男性のソロで終わります。

Man kenuva métim’ andúne? Who shall see the last evening?

 誰が最後の夜を見るでしょうか?


 調べてもわからない事も多いのですが、それ以上にわかることもたくさんあるので調べるのは大事だなと改めて思いました。勢いで"The Monsters and the Critics"も買いたいところですが、少々疲れました。前回以上にとりとめのない記事になっており、たいへん読みづらくて申し訳ありません。しかしこの数週間ひさしぶりにトールキンの世界にどっぷりと浸り幸せな時間を過ごすことができました。
 読んでいただいてありがとうございました。


(2018年9月24日追記)
"I know a window in a western tower"で始まる"The Happy Mariners"というタイトルの詩がHOME TWO、エアレンデルの物語にあることを教えていただきました。
(情報提供:カメハメさん    @Katsuobushield)

 2つ前の項に"‘Sing us yet more of Eärendel the wandering, Chant us a lay of his white-oared ship,で始まる"The Bidding of the Minstrel"という詩もありまして、エアレンデルの物語から2つの詩をオペラ版のプロローグとエピローグに引いて来ていることがわかりました。

 『ベレンルーシエン』の予告がCDのブックレットにも載っていました。
 という文章が途中で途切れるミスがありましたので、修正しました。
 また、サイトに歌詞と物語のすじが載っていることも改めてわかりやすい箇所に書き加えました。

(2018年9月27日追記)
 今回このオペラに取り組めたのは読書会で"The Fall of Gondolin"に取り組んでいたおかげです。ありがとうございます。
 という文を掲載し忘れていました。ミス多くて申し訳ありません…読書会主催のdisp @mithrimnemuiさま、メンバーの皆さまには改めて多大なる感謝とお詫びを申し上げます。

HOME読書会
http://hmiddleearth.web.fc2.com


参考文献
"The fall of Gondlin"
"The Silmarillion"
『新版 シルマリルの物語』
"Unfinished Tales"
『終わらざりし物語(上)』
"THE HISTORY OF MIDDLE-EARTH VOLUME 2 THE BOOK OF LOST TALES PART TWO"
ユリイカ トールキン生誕百年―モダン・ファンタジーの王国』1992年7月号

2018年6月、3度目の台北

 行ってきたお店
Dream Of Hobbiton(夢見哈比屯)
https://www.facebook.com/pages/Dream-of-Hobbiton/330283453726636
台北市中山區中山北路二段11巷7之2號 (02)2581-0826
営業時間 11:30~24:00
休業日 年中無休(旧正月は3日間休み)


f:id:momomomo1232:20180731175109j:plain


 2013年に台北ホビットの映画を観た
http://momomomo1232.hatenablog.com/entry/2016/03/19/121558
で、そのうち書きたいと言っていたドリームオブホビトンさんにこのたび(2018年6月23日)3度目の訪問を果たした。オーナーさんの趣味で映画のプロップとかが置いてあるカフェ。トールキン映画好きにはもちろんおすすめ、そうでなくても台北を訪れて中山周辺で1、2時間暇になったらこのお店でまったりするのもいい。天井が高くてソファもふかふかで落ち着くんだ。

f:id:momomomo1232:20180731174230j:plain

 写真でかくてすみません。お店の入口すぐ横にこんなふうにプロップがどーんと飾ってあって、店員さんに写真を撮っていいか声をかけるか、そうでなくてもお会計の時に写真撮らなくていいの? ほらほら! って感じで兜や剣を持たされて写真を撮らせてもらえる。親切すぎる。夜のお客さんが多い時間帯はわからない…。

f:id:momomomo1232:20180731174924j:plain


 3度目にしてかぶることになったサウロンさまの兜、重い。ナルシルを構えたりレゴラスダガーを両手に持ったりやりたい放題。サルマンの杖も持たせてもらった(^O^)


f:id:momomomo1232:20180731175431j:plain


 2015年に行った時はロケット&グルートのちょうでかいフィギュアがありました。ピント合ってないので写真を上げられないがゴラムのフィギュアもある。スターウォーズのグッズも少しあった気がするけどカイロ・レンと出会う前だったのであまり知識がなかった。

f:id:momomomo1232:20180731181719j:plain


 メニューはわりと普通のカフェ、夜はバーでちょっと肉料理とかも食べられる。この辺りは日本人向けのホテルも多いし観光客が入りやすい小籠包のお店が二軒、安価な食堂や日本にもあるチェーン店にマッサージのお店がいっぱい。近くのデパート欣欣百貨にまあまあの映画館もあるので夕方に飛行機が着いてちょっと疲れてるけどその日のうちにどうしても一回だけ映画観たい! でもあんまり移動したくない! って時に映画観てちょっとお茶飲むのにもいいんじゃないかな。それか私みたいに最終日で疲れきってる時とか。百貨店の地下にもフードコートあったな…最悪コンビニ飯でも楽しい。外国のコンビニとかスーパーはテンションが上がる。お店はプロップを置いてあることを除いてもなんとなくファンタジーっぽい。夜遅くまでやってる。やっぱりおすすめする要素しかない。英語もろくにしゃべれないが何とかなる。なった。

 ところで家族旅行だったんだけどJTBのダイナミックツアーで申し込んだら一人で飛行機とホテル予約するより安かったので悔しい。チャイナエアだったからチェックインも楽で、日本語表示もある機械にパスポート突っ込んで何回か確認ボタン押すだけだったし! 梅雨が明けるか明けないかという微妙な時期に行ったせいもあると思うが。シーズンオフに同じ趣味の友人を誘って新作映画や舞台やライブの台湾公演を観に行くなら2週間前とかでもめっちゃ安いのでギリギリまであきらめないでほしいな…と強く思った。ひとりで行くなら一ヶ月以上前に予約した方がいいね…。その後7月上旬に夫が友人とふたりで旅行した時はPeachで安く予約できてたのに台風で帰りの飛行機が飛びそうにないので急遽3万6千円出して別会社の早い時間帯のチケットを購入、ギリギリで日本に帰ってきてたので、みんなも台風には気をつけてほしい。

 今回の反省点、適当に買ったガムにアスパルテームが入っててお腹壊したから次からは気をつけて。

参考:台北ナビ
Dream of Hobbiton | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ
山中さんのレポ
middliel.blog.fc2.com


 行ってみたいお店
but.we.love.butter
https://www.but.com.tw/
https://www.instagram.com/but.we.love.butter/
台北市松山區富錦街102號 │ 02-25471207 │ service@but.com.tw │
│ open_Mon.-Fri. 13:00-20:30 / Sat.-Sun. 12:30-20:00 │
 松山空港近くにあるというクッキーやパイナップルケーキのお店。行ってきた人の話によるとお店のたたずまいがキングスマンっぽいとか。インスタにもその片鱗が。めちゃくちゃ行ってみたい。帰ってきてから情報を知った。

TBSドラマ版『この世界の片隅に』

公式 エキストラ ドラマ化 コラボ商品 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 最終話 ざっと感想

 

  ◇TBS日曜劇場「この世界の片隅に」//p>

Tverで放送翌週日曜20時59分まで視聴可能

https://tver.jp/

公式サイト http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/

Instagram https://www.instagram.com/konoseka_tbs/

ツイッター konoseka_tbs

第一弾ティザースポット公開

https://www.youtube.com/watch?v=LCBygJa3c6k

第二弾

https://www.youtube.com/watch?v=4p72ZcRCgco

第三弾

https://www.youtube.com/watch?v=B2BmmRzBxn4

https://www.youtube.com/watch?v=7gx2zmGwSJI

西日本を襲った大雨による被害を受けられた皆様へ
2018.7.10

http://www.tbs.co.jp/konoseka_tbs/news/#n20180710_donate

 

 

番宣情報

>>
6月16日(土)あさ 9時30分~
『王様のブランチ』
「夏の新ドラマ速報!」に松本穂香さん、松坂桃李さんが出演します

 

6月17日(日)ごご 4時~
『TBS夏の新ドラマ祭!』
日曜劇場 『この世界の片隅に』 火曜ドラマ 『義母と娘のブルース金曜ドラマ 『チア☆ダン』の3番組合同ナビ番組です。

 

7月2日(月)よる7時~
関口宏東京フレンドパーク2018 7月ドラマ大集合SP!!』
松本穂香さん、松坂桃李さん、村上虹郎さん、二階堂ふみさん

 

7月12日 (木) ごご 1時55分〜

ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』

生出演:松本穂香さん、伊藤蘭さん
7月12日 (木) ごご 3時49分〜

『Nスタ』

生出演:松本穂香さん、伊藤蘭さん


7月12日 (木) よる 8時00分〜

『ニンゲン観察!モニタリング』

出演:松坂桃李さん

 

7月13日 (金) 深夜 0時40分〜

『開幕!真夏のドラマ祭!』

TBS夏の新ドラマ総ざらい!『この世界の片隅に』ほか3ドラマのみどころをご紹介するナビ番組です。

 

7月14日 (土) あさ 9時30分〜

『王様のブランチ』

出演:松本穂香さん、松坂桃李さん、尾野真千子さん、田口トモロヲさん、稲垣来泉ちゃん、伊藤蘭さん

 

7月15日 (日) ごご 2時00分〜

『日曜劇場「この世界の片隅に」徹底ガイド!!』

ドラマの舞台裏&魅力に迫る1時間のドラマナビです。

 

7月15日 (日) よる 7時00分〜

坂上&指原のつぶれない店』

ゲスト:松本穂香さん

 

※放送内容は番組の都合で急遽変更・中止されることがあります。
※一部放送されない地域もございます。詳しくはお住まいの地域番組表をご確認ください。

<<

 

 

 エキストラ

◇ドラマ『この世界の片隅に』ボランティアエキストラの募集が出ています。全体的な募集はTBSサイトより、各自治体にも告知が出ることもあります。

http://www.tbs.co.jp/extra-boshu/

 今週末(2018年6月2日3日)に参加できるのは茨城県久慈市大子町での撮影。1日中拘束されるので小さい子たちにはなかなか大変そうですね。付き添いの同行も不可能なのできょうだいでの参加が望ましいでしょうか。

申込み締切は撮影前日の13時まで

TBS日曜劇場『この世界の片隅に』ボランティアエキストラ募集

https://ws.formzu.net/fgen/S67263395/

大子町サイトより

【TBSドラマ撮影】ボランティアエキストラを募集します。

http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page003182.html
http://www.town.daigo.ibaraki.jp/data/doc/1526534672_doc_82_0.pdf

 九十九里浜での撮影や都内での撮影も予定されているとか。

◇ドラマ「この世界の片隅に」エキストラ募集、広島・埼玉・茨城などで

広島ニュース・食べタインジャー 2018-07-25

https://tabetainjya.com/archives/cat_3/post_5539/

 参加希望の方はTBSのサイトから申し込んでください。

 

 ドラマ化

この世界の片隅に:今夏、連続ドラマ化 劇場版アニメもヒットしたこうの史代のマンガ
2018年03月20日 MANTAN WEB

https://mantan-web.jp/amp/article/20180320dog00m200006000c.html

この世界の片隅に」連続TVドラマ化、こうの史代「実写ならではの要素楽しみ」
2018年3月20日 15:00 コミックナタリー

https://natalie.mu/eiga/news/274352

 

◇実写「この世界の片隅に」“すずさん”は松本穂香! 松坂桃李と初共演
2018年5月5日 06:00 映画.COM

http://eiga.com/amp/news/20180505/2/

 演出を担当されるのが、私の好きなドラマを担当された方なので期待できそうです。

◇ドラマ「この世界の片隅に」すず役は松本穂香、周作役は松坂桃李!脚本は岡田惠和
2018年5月5日 6:00 コミックナタリー

https://natalie.mu/comic/news/280880

こうの先生のコメント付きです。

◇「この世界の片隅に松本穂香が主演!ひよっこ女優がオーディション勝ち抜く
5月5日6時00分 シネマトゥデイ

https://m.cinematoday.jp/news/N0100531.amp.html

主演の二人のコメントが一番詳しい(かもしれない)

松本穂香さんのツイート

 

この世界の片隅に:なぜ連続ドラマ “ドラマのTBS”の「義務」と「矜持」…
2018年06月03日 MANTAN WEB

https://mantan-web.jp/amp/article/20180601dog00m200055000c.html

  佐野亜裕美プロデューサーのインタビューです。こうの先生からも、連続ドラマ形式は合うと思う、どのお墨付き(╹◡╹)

二階堂ふみこの世界の片隅に』で遊女役 村上虹郎宮本信子ら出演
2018-06-04 05:00 ORICON WEB

https://www.oricon.co.jp/news/2112739/

◇実写「この世界の片隅に二階堂ふみ村上虹郎が参戦!遊女&初恋相手役に
2018年6月4日 05:00 映画.COM

https://eiga.com/amp/news/20180604/2/

 ツイッターのモーメントもできていました。

https://twitter.com/i/moments/1003429762205794304

 二階堂ふみさんは大河ドラマ西郷どん』でも素晴らしい演技をされていましたね。新キャストも実力のあるキャストが揃っていて期待できます。

 

榮倉奈々、2年ぶりにTBS連続ドラマにレギュラー出演 2018.07.04 テレビドガッチ

https://dogatch.jp/news/tbs/54791/detail/

榮倉奈々、産後初の連ドラレギュラー 『この世界の片隅に』で“現代パート”担当 2018-07-04 04:00 ORICON NEWS

https://www.oricon.co.jp/news/2114820/full/

◇ドラマ「この世界の片隅に榮倉奈々古舘佑太郎、オリジナルの現代パートに出演 2018年7月4日 4:00 映画ナタリー

https://natalie.mu/eiga/news/289531

 

この世界の片隅に松本穂香松坂桃李村上虹郎ら出演のティザー映像 - 映画ナタリー 2018年6月11日 19:51

https://natalie.mu/eiga/news/286218

 ティザースポットにはない写真が載っていますが、ラスト近くの広島でしょうか? もうここを見せてしまうとは大胆ですね。最初段々畑かと思ったのですが、羽織を着ているので…。

 

 コラボ商品

この世界の片隅に」公式商品発売決定! 2018.7.11 https://ishop.tbs.co.jp/special/tbs/konoseka/

クリーム生あんぱん、くれよん型和三盆、つげ櫛根付、原作

 生あんぱんの八天堂は広島のお店です。

ネット通販 https://ishop.tbs.co.jp/tbs/org/drama/konoseka/

>>

ドラマとのコラボレーション商品が決定しました!
この世界の片隅に』×広島発祥「八天堂」【クリーム生あんぱん】

商品名:『この世界の片隅に』生あんぱん つぶ
価格:278円(本体価格)
取扱店舗:
7月13日(金)〜 八天堂各店舗
※豪雨の影響による、工場周辺の断水や物流網の混乱等の被害で一時的に製造ができない状態となっております。工場・その他状況の復旧次第販売を開始いたします。
広島港町店、八天堂カフェリエ、広島空港店、JR広島駅新幹線口店、広島ブランドショップtau(東京・銀座)

8月より下記を始め県外でも順次販売開始
●販売決定店舗
JR池袋店、エキュート京葉ストリート店(東京駅)、JR名古屋タカシマヤ店、博多デイトスいっぴん通り店

<<

八天堂とドラマ「この世界の片隅に粒あん×クリームのコラボ生あんパン
FashionPress 2018-07-30 11:50 更新
https://www.fashion-press.net/news/41723
>>
【詳細】
この世界の片隅に 生あんパン つぶ」
発売日:2018年8月1日(水)
売店舗:広島港町店、八天堂カフェリエ、広島空港店、JR広島駅新幹線口店、THE OUTLETS HIROSHIMA店できたて八天堂、広島ブランドショップtau(東京・銀座)、JR池袋店、
エキュート京葉ストリート店(東京駅)、JR名古屋タカシマヤ店、博多デイトスいっぴん通り店
価格:300円(税込)
<<

 取り扱い店舗拡大しました♪(^▽^)ノ

>>

この世界の片隅に』×「越乃雪本舗 大和屋」【くれよん型和三盆糖

商品名:『この世界の片隅に』くれよん型和三盆糖
価格:1750円(税別)
発売日:7月13日(金)
取扱店舗:
TBSストア、TBSishop、「越乃雪本舗大和屋」本店、日本橋三越本店(菓遊庵売場)、銀座三越(菓遊庵売場)、広島三越(菓遊庵売場)、新潟三越(越乃雪本舗大和屋ショップ)、新潟伊勢丹(越乃雪本舗大和屋ショップ)、アピタ長岡古正寺店、長岡駅ビル 越後のれん街店、新潟駅ビル 本館駅のれん街店 ほか

<<

和菓子です♪「この世界の片隅に」とコラボした、まるでクレヨンのような和三盆が可愛い
Japaaan編集部 2018年7月26日
https://mag.japaaan.com/archives/78145
>>
くれよん型和三盆糖この世界の片隅に
「越乃雪本舗大和屋」による干菓子「おいしいおえかき」のコラボバージョン。
フレーバーは、あいすくりいむ、はっか糖、キャラメル、すいか、さつまいも、こまつな、さくら、わらびもちの計8種類。

販売場所は大和屋本展、TBSストア、広島三越日本橋三越銀座三越など。詳しくはホームページをチェックしてください。オンラインでも販売されています。価格は8個入で1,890円(税込)。
<<

 

 第1話 2018年7月15日放映

松本穂香主演『この世界の片隅に』が目指すのは“夜の朝ドラ”? オリジナル要素は原作の延長線上に

REAL SOUND 2018.07.15

http://realsound.jp/movie/2018/07/post-221221.html

 

この世界の片隅に:起用の決め手は「サツマイモ」? すず役・松本穂香に期待できる三つの理由
2018年07月15日 MANTAN WEB

https://mantan-web.jp/amp/article/20180714dog00m200045000c.html

 

「原作に忠実」「松本穂香がすずそのもの」…第1話に絶賛の嵐「この世界の片隅に
笠緒 2018/07/16 09:45 CINEMA CAFE.NET

http://a.msn.com/01/ja-jp/AAA82C0?ocid=st

 

この世界の片隅に』セオリー逸脱でドラマ超越の奇跡的傑作…松本穂香、降臨
文=編集部2018.07.16 ビジネスジャーナル

http://biz-journal.jp/i/2018/07/post_24078_entry.html

 

ドラマ『この世界の片隅に』は作り手の本気度が伝わる圧巻の出来栄え アニメ映画版と明確な違いも

REAL SOUND 018年7月16日

http://realsound.jp/movie/2018/07/post-221372.html 

 

松本穂香主演『この世界の片隅に』第1話放送 豪雨被害・呉が舞台で様々な想いも

2018年07月16日 13時00分 しらべぇ NIFTY.COM

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161712549/

 

松本穂香はすずを好演、気になる現代パートの描かれ方『この世界の片隅に
2018.07.16 18:41 THE PAGE

https://thepage.jp/detail/20180713-00000007-wordleaf


この世界の片隅に:まるで「朝ドラ?」の声 “既視感”の理由…
2018年07月17日 MANTAN WEB

https://mantan-web.jp/amp/article/20180716dog00m200035000c.html

 

松本穂香この世界の片隅に」初回10・9%好発進 2018年7月17日 日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201807150000014_m.html?mode=all

 

この夏の話題作、ドラマ『この世界の片隅に』のこと

2018.7.21 大森 葉子 mi-mollet

http://mi-mollet.com/articles/-/12991

 

【女子SPA!】ドラマ『この世界の片隅に松本穂香演じるすずの瞳に注目

 2018.07.21 中村裕一

https://joshi-spa.jp/865334

 

◇TOGETTER

ドラマ版への違和感が「すずさんのあちゃー顔がない」意外と良かった第一話 #この世界の片隅に

https://togetter.com/li/1247176

 

#この世界の片隅に 新婚初夜の「傘を一本持ってきたか?」問答の考察に妄想が捗るTL - Togetter

https://togetter.com/li/1247450

 

 第2話  2018年7月22日放映

ドラマ『この世界の片隅に』は、戦争ドラマとして観てはいけない
時代の「内側」から世界を見た作品

 ゲンダイビジネス 2018-07-22 堀井 憲一郎

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/5664

 

この世界の片隅にジブリ化&朝ドラ化戦略で最強に?議論沸騰の現代パートの意味
文=絢友ヨシカ/ライター
2018.07.22 ビジネスジャーナル

http://biz-journal.jp/i/2018/07/post_24146_entry.html

 

仙道敦子、「この世界の片隅に」で23年ぶり連ドラ復帰を決心させた女優魂!
2018年7月22日 17:59 アサゲイプラス

https://www.asagei.com/108841

 

松本穂香に「癒される」の声相次ぐ…一方次回の展開に不安の声も「この世界の片隅に」第2話 笠緒 2018/07/22 23:00

 CINEMA CAFE.NET

http://a.msn.com/01/ja-jp/BBKWjex?ocid=st

 

尾野真千子『小姑感』にSNSで反響 松本穂香この世界の片隅に』で松坂桃李らと共演|ニフティニュース https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12119-5765803/

 

アニメ映画版「この世界の片隅に」製作委員会が異例の告知 放送中ドラマ版に「一切関知しておりません」 - ねとらぼ 2018/07/24

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/24/news102.html

TBSコメント追記あり

 

 第3話 2018年7月29日放映

ドラマ『この世界の片隅に』のインスタグラムがすごい 世界観を繊細に描き出す、フィルム写真投稿へのこだわり
2018.07.29 RealSound
http://realsound.jp/tech/2018/07/post-227249.html

松本穂香松坂桃李の“あいびき”に「萌えた」『この世界の片隅に
2018/07/30 10:53 クランクイン
https://news.mynavi.jp/article/20180730-671493:amp/

松本穂香主演『この世界の片隅に』第3話9.0% すず、周作にデレデレ #マイナビニュース 2018/07/30 10:25:29 https://news.mynavi.jp/article/20180730-671493/
 ミッションインポッシブル/ローグ・ネイションを観ていたばっかりに…(T_T)

第3話でもクレジットは継続 ドラマ『この世界の片隅に』“Special thanks問題”を考える
2018.07.30 RealSound
http://realsound.jp/movie/2018/07/post-227911.html

 

日曜劇場『この世界の片隅に』小さな描写にもこだわり抜く現場のウラ側
週刊女性2018年8月14日号(2018/8/4)

http://www.jprime.jp/articles/-/12973

 

香川京子が「この世界の片隅に」オリジナル役で出演
[2018年8月4日6時4分]日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201808040000025_m.html?mode=all

 

この世界の片隅に』ドラマ版とアニメ映画版の間で何が? ドラマの「special thanks to」に映画制作委は「一切関知しない」

2018/08/05 LITERA

http://lite-ra.com/2018/08/post-4170.html

 

 

 第4話 2018年8月5日放映

この世界の片隅に』第4話 すずが気づいた夫の過去にSNSで反響

2018/08/06 クランクイン!

http://a.msn.com/01/ja-jp/BBLxLrY?ocid=st

 

松本穂香この世界の片隅に」第4話9・2%
[2018年08月07日10時26分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/201808050000769.html

 

【大型追記】何故「ゴッドマーズ」がトレンド?!→こうの史代先生が原作とドラマの違いを例えて言及していた→ファンの想いあふれるTLに - Togetter https://togetter.com/li/1254333

 個人的には「スペシャルサンクスです」がツボに入りました。ゴッドマーズは原作とは別物ですが、たいへん優れたアニメだと聞いています(╹◡╹)こうの先生の作品だけでなく人柄に興味がある方は『平凡倶楽部』をおすすめします。

 冒頭の試し読みがありました。https://bookwalker.jp/de403d47ef-5658-4c87-97d5-f629974e58dc/

 

この世界の片隅に」原作者・こうの史代氏、“ゴッドマーズ発言”でお詫び 「食わず嫌いせず見ておくれ、と言いたかった」 - BIGLOBEニュース2018年8月9日

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0809/blnews_180809_3878618557.html

 

この世界の片隅に松本穂香が語る「おうちで2回作った戦時中のごはんのこと」
松本穂香インタビュー#1
「文春オンライン」編集部 2018/08/12
http://bunshun.jp/articles/-/8522

 

「いやこれ、意味ないよね」松本穂香が語る「竹槍訓練をしながら思ったこと」
「文春オンライン」編集部 2018/08/12
http://bunshun.jp/articles/-/8523

 

 第5話 2018年8月12日放映

松本穂香この世界の片隅に」第5話8・9%
[2018年8月13日11時56分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201808130000429_m.html

 

松本穂香主演「この世界の片隅に」第5回は8・9% 舞台の広島は大台回復20・9%
2018年8月13日10時37分  スポーツ報知
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180813-OHT1T50096.html

榮倉奈々この世界の片隅に」撮影現場・広島県呉市の被災に悲痛 原爆ドームも訪れ「自分の愚かさにがっかり」
2018.08.17 17:37 モデルプレス

https://mdpr.jp/news/detail/1786710

 

ドラマ『この世界の片隅に』が斬新でチャレンジングな理由
2018.08.18 16:00 NEWSポストセブン

https://www.news-postseven.com/archives/20180818_741841.html

 

木村隆志「現代放送のミカタ」
この世界の片隅に』が「希少価値の高いドラマ」である理由…なぜ視聴者は深く感情移入?
2018.08.19 ビジネスジャーナル

https://biz-journal.jp/i/2018/08/post_24470_entry.html

 似たタイミングで同じようなテーマの記事が出てきたのは興味深いですね。

 

 第6話 2018年8月19日放映

この世界の片隅に」すず(松本穂香)に不発弾の脅威「ついに…」「胸が苦しい」衝撃のラストに視聴者涙
2018.08.20 モデルプレス

https://mdpr.jp/news/detail/1787205

 

不発弾の閃光に包まれるすずと晴美…衝撃ラストに「辛すぎる終わり方」と悲鳴続出『この世界の片隅に』第6話
ドラマ
2018.08.20 テレビドガッチ

https://www.google.co.jp/amp/s/dogatch.jp/news/tbs/55532/amp/

 

この世界の片隅に」悲劇と再生のクライマックスに向かう
こうの史代原作の漫画のドラマは現代篇のエピソードも加えて
田部康喜(東日本国際大学客員教授
2018/08/22 WEDGE

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/13743?layout=b

 

 第7話 2018年9月2日放映

尾野真千子の演技に感動…ドラマならではの演出に称賛の声「この世界の片隅に」第7話

2018.9.2 Sun 23:00  CinemaCafe.Net

https://www.cinemacafe.net/article/2018/09/02/58147.html

 

この世界の片隅に尾野真千子の嗚咽シーンに視聴者も嗚咽…「平和教育の教材に」との声も

ビジネスジャーナル 2018.09.3

https://biz-journal.jp/2018/09/post_24641.html

 

尾野真千子、涙の熱演に称賛の声が殺到 『この世界の片隅に』第7話

2018年9月3日 11時00分 クランクイン!

https://www.crank-in.net/news/58675/1


民放連続ドラマが朝ドラ化、背景に高齢視聴者の取り込み

2018-09-08 ORICON NEWS(提供元:コンフィデンス)

https://www.oricon.co.jp/confidence/special/51747/

 

 第8話 2018年9月9日放送

松本穂香に「稀代の名演」…賞賛の声多数「この世界の片隅に」第8話

2018.9.9 SUN 22:45 CinemaCafe.Net

https://www.cinemacafe.net/article/2018/09/09/58233.html

この世界の片隅に終戦時の松本穂香の迫真の長ゼリフ、戦争めぐる議論沸き起こる

ビジネスジャーナル 2018.09.10

https://biz-journal.jp/2018/09/post_24720.html

松本穂香松坂桃李この世界の片隅に」第8話視聴率発表松本穂香松坂桃李この世界の片隅に」第8話視聴率発表2018年09月10日 12時05分 モデルプレス

https://mdpr.jp/news/detail/1791679

>>第8話は初回放送の最高記録と並ぶ結果となった。<<

 

 

 最終話 2018年9月16日放送予定

 


 ざっとした感想

第1話 2018年7月15日放送

 ストーリーの再構成が成功してわかりやすくなっていましたね。キャラクターも原作そのままとは思わなかったのですが、これはこれでとてもいいという出来だったと思います(上から目線)

 役者さんみんな圧巻でした! 特に北條のお義父さん…。背景や衣装の雰囲気もよかったです。現代の呉と昭和初期の呉の対比が出てきたのはすごく良かったですね。個人的にはリンさんが素敵すぎて♡

 ただ、落ち込む鬼イチャンのゲンコツを自ら受けに行くすずさんのところはちょっと理解できなかったです💦 実は優しいところがある…ってエピソードを作るのではなく、すずさんの性格を変えて行ったのが???

 人さらいシーンの変更も最初はあれっと思ったのですが、周作さんの動機にしてたのが鮮やかだっただけに、ゲンコツはなんだか腑に落ちなかったです。

 

2話
 周作さんがすずさんのこと好きすぎるのになかなかすずさんに伝わってなくて歯ぐいい(*´ェ`*)
 お義父さんが良くも悪くも嫁にそんなに関心ないところとか足の悪いお義母さんに迷惑かけられない…とか、伝わって来てなかなか気まずくて良い。
 幸子さんは予告ですずさんのアタマはたいてたからすごい怖い子なのかと思ったけど、今回前後をちゃんと見たらすずさんったら貴重なお米をこぼしまくってたのでアチャーとなった。
 オノマチ径子さん怖いけどピッタリじゃ。晴美さんもかわいいよ! 実家の方でもう帰ってきたら〜みたいな展開になるのはだいぶ優しいね。ドラマ版は原作やアニメより優しい人も増えてるんだけど後半余計辛くならないか。
 リンさん切ない。

3話
 周作さんにデレデレすずさんかわいい。でもこれも前ふりなんですよ…。
 ありこさんの音楽良い。お義母さんの顔こわく見える時と優しい時の切り替えがすごいな…と思いました。靴下3足1000円のくだり好きなのでカットされなくてよかった! 原作のギャグシーンカットされがちなので…今回は楠公飯も(╹◡╹)
 街の外を知らないきれいなお姐さんたち切ない。リンさんパート全体的に泣く…とても良い。偶然なのかすずさんに「はよ帰り」と言うシーンで蝶が画面に迷い込んでいるのにハッとした。こんなの計算でできない…。
 周作さんと水原さんの出会い、かつてのテレビスペシャル版も尺さえあればこれぐらい丁寧に積み重ねられたんだろうな…。
 白粉シーン最の高。径子さんに白粉はたいてもらうすずさんと自ら紅をさすリンさんとの対比つら…。原作にあった髪の毛を梳かしてもらうすずさんと自分で梳るリンさんをドラマではお化粧で表現してるんだね。えぐみが増しましたね…。
 あいすくりいむ晴美ちゃんにも食べさせてあげたかった。

4話
 憲兵さんマジこわ…。たびたび入るイチャイチャへのツッコミがおかしい。
 久夫さんエピソードつらいよー…
 リンさんの発言危うい。
しっかりした子供ほどつらい目にあう…、晴美さんの気もちも切ない。

 実は一度適当に流して見てしまいそれなりのダメージを負ったのでもう一回見ても先の展開にウッとなってしまって感想が書けない…演技も演出もすごいと思いました。

5話
 水原さん強引なので径子さんがこっそり文句を言ってるのが良い。
 納屋のシーンほんとやだな…こわ…信頼していた相手にこんなことされたくない…っていうのをきっちりやってくれてよかったですね。すずさんが怒る理由もわかりやすい。必ずしもわかりやすい=良いではないけど、自分の中で実写でここをロマンチックにやられたら嫌だなと思ってたので、ちゃんと嫌な感じにしてくれてよかったです。その分「普通でいてくれ」の説得力が増したし、断られたことをちゃんと受け入れた水原さんの壊れ方とまともな部分とのバランスが良かった。
 道端に座ってるおじいちゃんが今までいてもいなくてもいい雰囲気だったけど、今回おじいちゃんがいてくれてエピソードが締まったのには唸りました。
 幸子さんへの対応で更に株を下げる周作さん…。
 原作のカラッとした中に寂寞のある話をすごく湿っぽくやるなあ。
 周作さんに言ってやる前にスゥ、と息を吸うすずさん面白い。病人がワガママ言うの、さんさん録思い出して良い。

6話
 空襲シーン怖かったし径子さんが助けに行きたいのに行かれないシーンきちっと入れてきたのは良い。
 周作さんとリンさん敢えて会話しないのも映像として美しかった…でもこの後のことを思うと話せた方がよかった…複雑な気もち。
 防空服装のコミカル演出はこれから先暗いからな…と思わせられ、やるせない。お義父さんの広工廠歌(だっけ?)からの消息不明つらい。足の悪いお義母さんは逃げ遅れて死ぬのは自分とおもってただろうし…。
 幸子さんがめっちゃ癒やし。
 後半つらすぎて無理なんだけど病院シーン入れずに下関行きを径子さんの願望を汲んだお義母さん提案にしたのはほんとに無理…。

 

7話
 見たくない…と言いつつ見る。すずさんも辛いし径子さんも辛いよう…二人とも演技うますぎる(ToT)冒頭と終盤までのそれぞれの感情の変化を丁寧にやってくれていて…。
 幸子さんと志野さんの「行こうや」のイントネーションが「マイマイ新子」ぽくて不意打ちで泣けました。原作にない友情シーンとか実家に知らせが行くシーンとか、ほしかったものをくれるし、わかりやすい部分も多いのでドラマはドラマですごく好きです。志野さんがすずさんや幸子さんを羨むシーンも良かったです。ただ原作やアニメより直球で来る分、見返すのがほんとにしんどい。じっくり見たいシーンも多いのに。

 

8話
 今回もしんどくて…と思ってたら退職金の話が(*ˊᵕˋ*)
 遡って、男性が戦争から戻ってくることでこんなにしんどい思いをして郵便配達をしている女性も仕事を奪われてしまう。
 刈谷さん家がどうなるかハラハラしてきたのでハッピーな顛末になってありがたいが…が…。物事の裏と表を描こうという姿勢は良いと思うもなかなかに目まぐるしく、見入ってしまって感想書けなくて困る。
 現代パートに触れるのを忘れていたけれどえぐっちゃん最初の印象よりだいぶ感じが良くなったですよね。

 

最終話
 今回は食糧や物資、職も不足しているのですがさすがに戦時中よりは明るめ…とは言え、すみちゃんと周作さんの対面等原作にない曇りシーンの追加があります。
 ドラマはいろいろわかりやすい分タイムラグなしにグサグサくるのでなかなか見返せないですが、毎週見続けてもらってこういうお話があるって知ってもらうことが目的なので、これはこれでいいんだと思います。でも辛い。
 郵便配達の人が即男の人になってたのもわざわざ映像で見せてくれて泣ける。こういうのアメリカが舞台のドラマでも見たよー。あの女性はその後どんな仕事をしてどうやって生活しているんだろう。

 ラストのカープを応援するすずさんはアニメ監督の片渕須直氏の発言からファンの共同幻想になっていた設定に近いですね。
 広島カープ球団の歴史は広島戦後復興の歴史とも言われていますので、興味を持たれた方はぜひ調べてみてください。志野さんの旦那さん、復員された春夫さんがお勤めのマツダとも関わりがあります。

「主人公の北條すずさんは、今もご健在。広島カープを応援」…「この世界の片隅に」監督の”公式設定”を受け、イラストや感想が - Togetter https://togetter.com/li/1054291

 そもそも原作者のこうの先生がカープ女子でらして、2016年のアニメ映画のゼロ号試写の折りにはカープが優勝しそうな気配だったので足にカープのタトゥーシールを貼って挑まれたほどです。(その時の写真はこちらhttps://a.excite.co.jp/News/reviewmov/20160910/E1473478004492.html?_p=2


 漫画でもなくアニメでもなくそしてドラマでもない、現実の呉市にある、北條家のモデルになったお宅は、かつて、こうの先生の親戚が住んでおられました。アニメ映画の片渕監督は何度となく呉に取材に訪れ資料を集めるうちに、この建物をミュージアムにできたら…と考えたこともあるのですが(発言は2018年4月京都でのトークショーなので、公式のソースはありません)建物の老朽化は激しくその願いは叶いませんでした。建物の解体が進み、こうの先生が呉市に土地を寄付された後、記念公園として整備されるのを待っているところです。

 そのような事情を踏まえてドラマの現代パートの北條家を見てみますと、当初荷物置き場のようになっていて登場人物たちも靴を脱いであがることができないほど荒れていたのが、最終回までに何度となく片付けや掃除に通いご近所の方の力も借り普請もして人が住めるようになっていった様子には心が癒やされました。
 この度の豪雨災害を受けて当初のシナリオからいくらか変更もあったと考えられるのですが、被災前の呉の風景、家がきれいになっていく様子等に被災された呉・広島の方たちに明るい面を見てもらえたなら、と制作に関わりのないただの一ファンの私でさえ、そう思います。カープを応援するすずさんのセリフも…。

 原作ファン、アニメファンとしてはドラマに対して不満もゼロとは言えないのですが、諸々の制約やプレッシャーのある中、可能な限りいろいろなものを見せよう、伝えようという姿勢が感じられる、よいドラマでした。ありがとうございました。
 

 後日また関連記事当貼りまして、この記事の更新を終えます。読んでいただいてありがとうございました。