読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

往きて迷いし物語

もるあきがトールキン教授やPJ監督に翻弄されるブログ・『この世界の片隅に』備忘録

元気が出る絵with紙飛行機プロジェクト

元気が出る絵with紙飛行機プロジェクト
http://www.genkido.net/sien3.html

 かつて、こうの史代先生がアシスタントをされていた、とだ勝之先生が呼びかけたプロジェクトです。はずかしながら今日初めて知ったのでシェアさせていただきます
 後日この世界の片隅に記事まとめの方に収納するやも…(・3・)

『沈黙』記事まとめ

映画

 上映時間3時間に怯んでまだ観られていないのですが、気になる記事が大量に貯まっているので貼っていきます。早く観られますように。
 でも正直に言ってこの前観た『未来を花束にして』と『この世界の片隅に』(5回目)がとてもいい作品だけど重たかったので次は軽いものを観たいですね…評判いいのに地元では上映回数減らされそうな『マグニフィセント・セブン』とかサミュエル・L・ジャクソンが怪演しているという噂の『ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち』とか…。最近観た中では『ザ・コンサルタント』の洗練されたアクションと知的でいながら優しさにあふれるストーリーとに度肝を抜かれました。

 2017年2月15日、やっと鑑賞してきました。恐ろしく陰慘なのに映画として興味深くて引き込まれてしまいました。エンドロールに入った時には座っているにも関わらず眩暈がしました…。気持ちが落ち着いたら記事を少しずつ読んでいこうと思います。


日本の俳優が伸び伸び スコセッシ映画 | SERIES|WEB GOETHE|ウェブゲーテ http://goethe.nikkei.co.jp/article/126520518.html

映画「沈黙」原作をより深化 山根・清心女子大教授が解説
http://www.sanyonews.jp/article/485710

https://twitter.com/chinmoku2017/status/820827921187147778

映画『沈黙-サイレンス-』の特別映像をアップしました。監督、キャスト、遠藤周作関係者のコメントや映画のメイキング映像が満載です。
https://t.co/wP08co0hYX

【インタビュー】Martin Scorsese (マーティン・スコセッシ) はなぜ、『沈黙-サイレンス-』を映画化しなければならなかったのか http://fashionpost.jp/portraits/91615

【徹底考察】『沈黙 ‐サイレンス‐』が問うそれぞれの信仰のかたち ─ カトリック教徒の見地から
https://oriver.style/cinema/silence-review-2/

『沈黙』のキリシタンは、結局なにを拝んでいたのか? http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50887

原作 遠藤周作×監督 マーティン・スコセッシ『沈黙~サイレンス』映画評 by 藤原敏史 http://www.france10.tv/entertainment/6037/ @@france10tvから

窪塚洋介 「ローマ法王が僕の場面で大爆笑」…舞台挨拶で思いあふれ独演30分(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000104-dal-ent #Yahooニュース

『沈黙』について 講演者:遠藤周作 再生時間:40分31秒 新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/sp/book/112315/#b_section01

小野寺系の『沈黙ーサイレンスー』評:遠藤周作とスコセッシ監督に共通するキリスト教への問い  http://realsound.jp/movie/2017/01/post-3876.html @realsoundjpから

”スコセッシ教”の敬虔な信者、塚本晋也がアツく語った「沈黙」とマーティン・スコセッシ監督。今だから話せるアレコレ-- - シネフィル - 映画好きによる映画好きのためのWebマガジン
#沈黙−サイレンス #マーティン・スコセッシ #塚本晋也
http://cinefil.tokyo/_ct/17037472

窪塚洋介、デビュー時よりも反響大きい!ハリウッド出演作に「万年残る」 https://kaigai-drama-board.com/posts/4239 #AXNJapan

【インタビュー】まさに歴史的演技
窪塚洋介マーティン・スコセッシと『沈黙-サイレンス-』を語る http://fashionpost.jp/portraits/90149

遠藤周作に30年寄り添った弟子に聞く「沈黙」 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/238739/012700229/?n_cid=nbpnbo_twbn

瞬きて、視覚
Mon.01.30.2017
『沈黙‐サイレンス‐』 実写化に必要なものは、熱意と技巧。
http://ocnis.petit.cc/lime/2664104


【解説 】マーティン・スコセッシはいかにして『沈黙-サイレンス-』を「宗教映画」の枷から救ったのか? https://oriver.style/cinema/silence-review-3/ @oriver_cinemaから

Topics:映画「沈黙-サイレンス-」 宣教師の苦悩自らに重ね バチカンローマ法王も関心 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20170126/dde/012/200/002000c

マーティン・スコセッシ『沈黙 –サイレンス–』来日記者会見全文掲載
http://www.outsideintokyo.jp/j/interview/martinscorsese/index.html#.WIH3i2B_aV4.twitter

モヤモヤの氷解『この世界の片隅に』

この世界の片隅に

 『この世界の片隅に』記事まとめが膨大になりスマホアプリから編集しようとすると落ちるようになってからひと月以上が経とうとしています。映画の封切から二ヶ月にもなるのにまだ茨木(大阪府北部)でも上映しているというのに驚いています。日本語字幕付き上映を観に行った時は一ヶ月もつかどうか危ぶんでいたのですが。私も無事に4回目を観に行くことができましたので、映画について思うところなどぼちぼち書いていこうかと思います。ネタバレしますので、未見の方はお気を付けください。


 片渕監督のインタビューにより、映画を4度ほど観たものの演出意図がわからなかった箇所の謎がとけました。監督もスタッフもここは特段謎のつもりもなく作ったのでしょうけど、19年3月の衣替えの、映画オリジナルというか原作のいくつかの記述を拾って一連のエピソードに仕立て直したシーンです。直前には「とんとんとんからりんの隣組」がBGMの配給~天秤棒~常会のエピソードがあります。
 箪笥からモダンな洋装を取り出して「お姉さんモガだったんですねえ」(以下、台詞は絵コンテ集より)と言うすずさんへ、サンさんが娘である径子さんの若い頃の様子、嫁ぐまでを語ります。原作の漫画では作中登場人物の誰でもない、いわゆる神視点での説明……が時々ありますが、映画ではすずさんとその周辺を描くようにしてありますので、サンさんに語らせる改変自体は良いのです。径子さんの若かりし頃の洋装は物置へしまわれていまう運命にあり、このあと、実家へ戻ってきた径子さんがすずさんを「まったくいつまでも娘みたあなそがいな洋装で」、嫁いできて一ヶ月以上経つのにいつまでも未婚女性のような服装をしているのはどういうことか? といった意図で叱るシーンにも対応しています。原作同様この台詞で当時の若い女性の洋装=未婚女性の服装という共通認識があったことがわかり、映画オリジナルの出来事が原作にもあったやり取りへの伏線になってるんですね。冒頭の中島本町商店街で布地を品定めする母子、着物を仕立ててくれた祖母、嫁入りの着物をかぶるすずさん、モンペを仕立てるすずさん、劇中でもすずさんたちの着るものは少しずつ変化していきます。すみちゃんが持ってきてくれた純綿を径子さんが仕立て直し……、食料と交換される衣類、「晴美の服じゃこまいかね」を経てエンディングロールの「たんぽぽ」をバックに新しい服が仕立てられる流れを補強してもいます。
 問題はサンさんがまだ「径子はああいう子じゃけえ仕事も自分で決めて婿さんも自分で見つけて……」まで話したところだというのに、すずさんが「さあーほしたらうちも負けんように頑張って働かんと」と腕まくりして画面の外(サンさんの視界の外)へ出て行ってしまうシーンです。原作のすずさんは自分の考えに入り込んでしまって人の話を聞いてないとか、くどくどとお説教されそうになって焦って話を遮ったりはするものの、話の途中で消えてしまうことはなかったように思います。なのでこのシーンを初めて見たときは「私の知らないすずさんだな……!?」とひどく動揺したのです。すずさんが嫁ぎ先やご近所に受け入れてもらいたい気持ちからもろもろの仕事をがんばっているのは原作でもその印象が、っていうかそれこそ直前の「隣組」のエピソードから理解できるのですが、アニメのこのシーンでは必要以上にすずさんを原作より可愛らしく動かしている印象を受けて、しかも「隣組」と重ねてまで描いた意図がよくわからなかったのです。監督はすずさんのような人の上に爆弾が落ちてくることをかわいそうでたまらない、と行っていたけれど、じゃあこの演出が監督がすずさんを好きすぎるから、観客にもすずさんを愛してもらいたいから、それだけの気持ちでの変更なのかな? と考えてみても腑に落ちないんですね。多少はその色もあると思いますよ。原作のすずさんの、こうの史代先生の描く女性キャラクターに共通したある瞬間に見せる背筋が凍るような感じがアニメではかなり減らされています。でもこのシーンのすずさんが、観客の受け入れやすさのためだけに、何だかおざなりにも見えるキャラづけをされてしまったと考えると、キャラクターがお箸を手に取る所作の一つひとつまで演出したスタッフがそんな暴走をするかな、という違和感もあります。動機が萌えさせるため、自分の理想のすずさんを描きたいだけならそれはそれでもうちょっと萌えを突き詰めて描くだろ、と。うーん、ちょっと監督やスタッフの肩を持ちすぎかもしれないですが、割り切れなくていまいち引っかかるシーンだったのです。監督が映画には色々な要素や知見を仕込んでいるけれどフックを作ってはいないというようなことを言っていたので、余計に納得いかないものを感じていました。
 それがH.イワシタ先生、近藤ようこ先生のツイート、北陸中日新聞の記事で氷解しました。

H.イワシタが静かにやって来る ‏@iwa_jose · 1月13日
ぼくはあの部分の映画での改変は、たしかに分かりにくくなってるというのはあるけど、わりと肯定的。もちろん、すずは無垢な被害者ではあり得なくて、それはビラをくしゃくしゃしながら「これがうちらの戦いですけえ」と言うシーンに明らかで、あそこを「戦争VS日常」の戦いと解してる人いそうで心配

twitter.com

近藤ようこ ‏@suikyokitan · 1月13日
うん、「この世界の片隅に」は無垢な被害者じゃなくて、無知で無自覚な被害者でもあり加害者でもある庶民を描いているのだ。>RT

twitter.com


【映画】この世界の片隅に 片渕須直監督に聞く 2017年1月14日 北陸中日新聞
www.chunichi.co.jp

「僕らは戦後になって、戦争はやっぱりいけないとある種の正義で語れる。けれど当時の多くの人は、気持ちのやり場がないからこそ、「これがうちの戦いですけ」と、日常生活を続けることで日々を耐えていた。そうやっていつの間にか戦争に加担してしまっていたことに、玉音放送を聞いた直後、すずさんは恥ずかしかったんじゃないでしょうか」

 前半ですずさんが「いいお嫁さん」の振る舞いをしていたことが、「戦争に乗っかる」ことへの前フリ、伏線だったんですね。わかっていたはずなのに、見落としていました。あのシーンのすずさんは明らかに演技過剰でした。すずさんのように自分の本当の望みとは何なのか自分とは何なのかわからないまま生きている人はストレスで脱毛症になっていてもニコニコ笑いながら毎日の食事を作り続けてしまいます。愚痴を吐く相手もおらず、その発想さえなかったかもしれない。戦時中、若い男性が減っていく世の中でお嫁入りできたことは幸せなのだと誰かから思い込まされたのかもしれないですね。(※周作さんと結婚したすずさんが不幸だという意味ではないですよ。)怪我をしていろいろ失った身に「よかった」「よかった」と言われたように。そんなすずさんの浮き足立った「愛国の徒」気取りの振る舞いのきっかけが8月6日ではないかと思うとゾッとします。ろくにわからないなりに恐ろしく酷いことをされたことはわかっていた、しかし終戦となり旗を見てしまった、見てしまったら思いを寄せざるを得ない、何も知らないまま死にたかった……。
 原作にもあるそれらを映画では拡張し、または受け入れやすいように表現していたのでした。私自身も戦中の搾取と現代の搾取について知れば知るほど生きるのがしんどくなるので、なるべく早いうちにきちんと考えられる精神状態になればいいなあと思います。

 でもやっぱり声を抜きにしても映画のすずさんの萌え度は上がってる気がする。肌の色かなあ……。


追伸 1月25日発売のコミックゼノンこうの史代先生の新作「ヒジヤマさんの永訣」が掲載されます。

なぜゴクリ(ゴラム)を好きなのか考えてみました

トールキン

トールキン Advent Calendar 2016』に参加しようと意気込んだものの、まとまらなくてグダグダしてしまっていた記事です。素敵な企画をありがとうございます。
http://www.adventar.org/calendars/1583/

"The Hobbit Facsimile First Edition"(ホビットの初版本の復刻版、暗闇のなぞなぞ勝負の筋が違う初期版)のネタバレがあります。


 小説『ホビットの冒険』、同じく『指輪物語』、映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作とトールキン坂を登ってきた私の一番好きなキャラクターはギムリですが、ゴクリもかなり好きです。
 ホビットを読んだ時はこれ(!)が指輪物語にまで出てくるとは思っていなくて、なかなか気持ち悪い生き物だなあ、と思っていたように記憶しています。エルフや神秘的な存在から与えられるのではなく、こういう生き物がずっと持っていた指輪を拾って我が物にするシチュエーション自体薄気味悪い心地もしていたかもしれません。その後指輪物語に出てきた時、フロドとサムの道連れとして登場した時には不穏な予感しかなく、あのただでさえ苦痛の多いフロドの旅路にあってゴクリの存在にはうんざりしましたし道案内が必要だから消えていなくなってもらっては困るしで、あの悲しい結末にはほっと安堵さえしました。小説を読んでいた当時は今よりずっとネガティブな精神状態だったもので、あそこまで指輪に囚われてしまったゴクリが救われるにはああいう形での解放以外もうどんな方法もないように思えたからです。その後、ガンダルフはゴクリをも助けようとしていた、という指摘をインターネットで拝見し、はっとしたものの、ガンダルフ特に白い方は俯瞰でものを見られる存在だからなあ…と片付け、最初の読書後の私自身のゴクリに対する感情は同情も少しはありつつ、嫌悪がまさっていたように思います。

 好きだと気づいたきっかけは三部作映画の二作目『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』のエンディングテーマ、エミリアナ・トリーニ氏が歌う『ゴラム・ソング』でした。作曲は劇中音楽を手がけたハワード・ショア氏、作詞は脚本に携わったフラン・ウォルシュ氏という隙のない布陣。共同脚本のフィリッパ・ボウエン氏いわく、フランは「曲を聞いたら自然に歌詞が浮かんできた」と言っていたと。アイスランド系のトリーニを起用したのは英語とは異なるアクセントがゴラム(ゴクリ)らしさを表現するだろうことを期待した、とはショア氏の言葉です。(『二つの塔』エクステンデッド版特典映像「音と音楽」より)そしてあの美しく物悲しい歌が映画の最後に流れることになったのです。
 『二つの塔』はレンタルかNHKBSで観たのだったかな、面白いけれどとにかく長くって、内容もどんどん暗くなっていって(救いが全くないのではなかったけれども)ああやっと終わる…と、くたびれていたところに訳詞の字幕が飛び込んできて、最初は「これは誰の気持ちを歌ったのだろう…?」と訝しみ興味をひきつけられ、ハッとゴラム(ゴクリ)の歌であることに気づき、歌詞に紡がれたゴラムの深い悲しみと渇望に触れて、胸が苦しくなるほどでした。それ以来ゴラム(ゴクリ)のことが好きです。

 第一印象や描写の表面的な部分から、自分を取って食おうとしていたゴクリに同情するのはビルボがあんまり心優しすぎると思いましたし、ガンダルフがゴクリを憐れな奴だと言うのも灰色の彼でさえ並の人間よりずっと慈悲深くて、フロドもとびきり心が広く、サムだってずいぶん寛大に見える…なんて理由をつけて自分がゴクリ(ゴラム)を好きになるのを拒んでいたのですが、あの悲しげな歌声と歌詞が切なさと深い悲しみを訴えかけ私の中の「情け」を引きずり出してしまったのです。自分はそんなに立派でないから情け深い存在にはなれない、と思い込んでいた節があるのですが、歌をきっかけに、別に立派でなくても誰かや何かを憐れむ気持ちは持っていいんだ、と。むしろ何かのきっかけでゴクリのようにこそこそとしたずるい存在になるかもしれない自分だからこそ親近感を持って愛せる道を照らしてもらったような気がします。

 それより前からアンディ・サーキスの素晴らしい演技や、まるで本当に生きて存在しているものを撮影したかのようなCG処理の巧みな演出にもだいぶやられてはいたんですが、『ゴラム・ソング』がなかったら、私は長い間ゴラムのことを内心ではかわいく思い、自分に通じるものを感じながらも嫌悪しなくてはならないモヤモヤしたおかしな状態のままだったでしょうね。フロドにしぶしぶ従ってみせながら指輪を取ることしか考えていないゴラム(ゴクリ)に愛情を抱くことにためらっていた私自身が映画と音楽によって解放され、フロドやサムを応援し好きでいながらゴラム(ゴクリ)を可哀想だと思っていいんだ…愛しいと思っていいんだ…と、物語の複数の登場人物たちを同時に様々な感情から見ることができるようになったのです。ホビット庄から出たことのなかったサムがやがて灰色港から出発する船を見届けて帰って来たかのような飛躍…とまではいかないのですが、少しだけその翼のはじっこにつかまらせてもらって前より少し高いところから見られるようになったとでも言いましょうか。
 真に面白い物語というのはすじだけを追っても面白く、細部の様々な仕掛けに気がつくとなお面白く、視点を変えて楽しむこともできる、というのをここ何年か映画を観てたびたび実感しているのですが、『ホビットの冒険』『指輪物語』もまさにそのような作品で、その映像化作品である『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズが私の目を開いてくれたのは当然の結果とは言え、幸いなことでした。

 今年は"The Hobbit Facsimile First Edition"(ホビットの初版本の復刻版、暗闇のなぞなぞ勝負の筋が違う初期版)のなぞなぞの章を読みました。負けたゴクリが贈り物として指輪をくれようとしたけれどもその前に洞窟で落としたのをビルボが拾っていたので贈り物のかわりに洞窟から出る道を教えてくれる、という話だったのですが、ゴクリがバギンズを恨んだり盗人と罵ったりしないものだからビルボがよけい悪く見えるという…ビルボの暗黒面の描写はとても好きなんですけれども、反動でゴクリが妙に公正な――独自の判断基準で動いているけれど誰かに対して恨みや怒りを抱いていないキャラになってしまっていてちょっとつまらない感じなんです。小説を初めに読んだ頃ならこちらのいいやつキャラのゴクリの方が感情移入はしやすかったと思うんです。しかしそうするとなんで指輪棄却の旅に同行するのかの動機が薄くなる上に終盤の展開が今以上に割り切れない辛いものになってしまいます…このゴクリなら道を誤らないかもしれない…。しかしこそこそした気持ち悪いゴクリの方が物語が面白くなるし、指輪の恐ろしさを最後の最後に実感できる効果もありますし、ビルボの感じた「情け」を味わえるので良いと思いました。なんだかんだ最初に触れたものを最良と思ってしまいがちではありますが。

 後に『シルマリルの物語』の読書を薦められた際に、あの世界では神々やエルフが奏でる音楽や言葉に特別な力があるという設定を教えられて、それはすごくファンタジーだな…、と思っていたのですが、何のことはない、私も歌に魅了されて中つ国への道を踏み出していたのです。映画のスタッフ陣がトールキン世界のそんなところまで再現していたとはまさか思いもよりませんでした、というオチにて、しめさせていだきます。
 読んでいただいてありがとうございました!

音声ガイド・UDcastとは

 UDcastとは
http://udcast.net/index.html

 スマートフォンタブレットを利用し、通常の放送・上映では伝えられない情報を伝えるためのサービスです。

 例えば映画『この世界の片隅に』では目の見えない・見えにくい方に音声で登場人物や風景のガイド説明をするバリアフリー上映を行っています。テレビ放送の副音声のようなものです。

 映画『この世界の片隅に』公式サイトの劇場情報のページに説明が載っています。

<『この世界の片隅にバリアフリー上映のご案内>
日本語字幕付き上映、音声ガイド上映を一部劇場にて実施致します。
※一部対応していない劇場もございます。あらかじめご了承下さいませ
【日本語字幕付き上映】
耳の不自由な方に映画を楽しんでいただけるよう、日本語字幕付きの上映を実施致します。通常通り音声も出ますので、一般の方もご鑑賞頂けます。
【音声ガイド付き上映】
UDCast方式による音声ガイド上映を実施致します。
UDCastとは、「見えない」「見えにくい」方が、いつでもどこでも日本映画が楽しめるよう、携帯機器(スマートフォンタブレット端末)とイヤホンを使って音声ガイド付きで鑑賞して頂けるシステムです。
■『UDCast』の詳しい説明はこちら(http://udcast.net/index.html
■動作確認はこちら(http://udcast.net/demo.html

 映画『この世界の片隅に』ではもっぱら音声ガイド用に使われていますが、公式サイトによると音声情報だけではなく字幕や別角度からの映像を本編映像に対応させてスマホタブレット端末に表示できるサービスなのです。
 複数の言語に対応しており、DVDやBDの特典サービスとして活用されており、コミケ会場であるビッグサイトでも使用されているということなので、映画や舞台鑑賞、ライブが好きな人間は知っておいて損はないサービスではないでしょうか。
 美術館や博物館でも使えるようになるみたいですね。英語のヒアリングはできなくても文字情報なら何とかなる人も海外イベントでこういうサービスが利用できたらいいですよね。
 字幕眼鏡も今はまだ高いですけど、近い将来に映画館で貸し出しサービスなど利用できたら嬉しいです。


 アプリを入れておけばインターネット環境がなくても災害時等に使えるということで、個人的にパニック時には音声より文字情報の方がありがたい、と試しにアプリをダウンロード、動作確認してみました。何度か試して動作確認はできたものの、災害情報のデモはありませんでした。これは本番に取っておきます。本番は来ない方がいいのですが、備えとして。


 音声ガイドも話題になっていてどんなものか気になっていたのでデモ動画を見てみました。

 スマホにイヤホンを差し込み、UDcastアプリの「動作確認」からデモ動画『絵の中のぼくの村』を選択し、音声ガイドの文字に触るとデータがダウンロードされ、音声ガイドモードの画面に切り替わり、少し待つと音楽と「本編が始まると音声ガイドが始まります」と音声が聞こえてきます。別の端末で『絵の中のぼくの村』を再生すると、動画のガイド音声が聞こえてきました。背景や登場人物の動きなどを説明しています。「教室の後ろの壁に絵が貼ってある」とか「廊下を歩いてくる」みたいな感じです。ガイド音声は台詞にかぶらないように気を配ってあるので、聞き取りやすかったです。

 ガイドを聞いてわかったことは、私は固有名詞を聞き取るのが苦手だな…ということです。他の言葉はわかるのですが、名前だけが極端に聞き取りにくいんです。なので、私がこのサービスを利用することになったら主要人物の名前を前もって調べておかないといけないですね。


 日本初のバリアフリー映画館、シネマ・チュプキさんでは、座席にイヤホンジャックがついていて、スマホタブレット端末を用意しなくても音声ガイドが聞ける仕組みがあります。
 水原さん役の小野大輔さんがガイドの声を担当している『ソング・オブ・ザ・シー』はすごく評判がいいので行ける距離ならなら観に行きたいです。障碍のない方にもたくさん来てほしい、という企画です。

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)
http://chupki.jpn.org

シアターの特徴
http://chupki.jpn.org/gallery

小野大輔さんのファンと共に映画館を変えたい
https://coubic.com/chupki/357286


 使ってみてわかったこと、気になったことを書いてみます。

 字幕や音声ガイドのデータは映画館でなくてもダウンロードできるみたいです。「映画・映像」の「音声ガイド」の作品一覧でタイトルを押したらダウンロードが始まったので、たぶん…。

 スマホタブレット端末を一定時間操作しないと電源が自動オフになる設定にしていると映画の途中で切れてしまうかもしれません。電源がオフにならないように設定し直しておくといいです。

 使い方のページにスマホ機内モードに設定するよう書いてありました。
 これを設定すると電源はついているが通信はできない状態になり、上映中にLINEやメールを受信してうっかり点滅する事故はなくなりますね。

 映画が始まったら音量の調整以外で操作をする必要はないので、光漏れしない暗い色か厚めのカバンなどに入れて膝に乗せて置くといいのではないでしょうか。

 UDcastにはスマホに字幕を表示するサービスもありますが、『この世界の片隅に』が対応しているのは音声ガイドだけでなので、上映中にスマホの画面が眩しくて周りの人の注目を集めるような使い方にはならないと思います。
 日本語字幕付き上映も回数増えるといいですね…( ˘ω˘)

 イヤホンは音漏れしにくくてコードの長さにも余裕のあるものがいいですね。

 『この世界の片隅に』封切り上映時は音声ガイドは全館対応だった気がしますが、上映館が増えてきたので対応していない映画館もあるみたいです。行かれる方は気をつけてください。

 美術館や博物館で展示を鑑賞途中、一時停止・再生はできるのか? 未体験なのでよくわからないです。

 アプリのインストールから動作確認までするのは少しハードルが高いかもしれないです(個人差があるかもしれない…)。自分ではできなかったけど映画館の人に設定をしてもらって音声ガイド付きで映画を鑑賞できた、という話を見かけました。
 今回自分で試しにアプリをいれてみたことで、将来の自分や家族や友人知人はたまた映画館で居合わせた人を手助けできるかもしれないです。


 このアプリ、こう色々すれば舞台のマルチアングルや日替わりアドリブネタにも対応できる、かなりすごいサービスになり得るんですよね…劇場の空気感は味わえないまでも…。

 またわかったことなどありましたら追記・訂正します。

(2017年1月19日 追記)
 一部の映画館でFMラジオとイヤホンを使用して音声ガイドを提供する取り組みをしているようです。端末機器を持っていない方に対応した素晴らしいサービスですね。

記事まとめ『この世界の片隅に』

この世界の片隅に

(随時更新)『この世界の片隅に』記事・ブログ等リンクまとめ
個人の好みや日々の体調に基づくまとめであり、すべての記事を網羅しているわけではありません。

映画『この世界の片隅に』公式サイト
http://www.konosekai.jp/
 メディア露出情報
 http://konosekai.jp/category/media/

映画『この世界の片隅に』特報
https://www.youtube.com/watch?v=BF8bxTEMIpY

映画『この世界の片隅に』予告
https://www.youtube.com/watch?v=kczb7IJJg0g

劇場&前売り券情報
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=548


お詫び 青森シネマディクトで2016年12月30日(金)より2017年2月14日(火)までにご鑑賞いただいたお客様へ
2017/02/17 この世界の片隅に 公式サイト
http://konosekai.jp/news/1428/

シネマディクト お詫び
http://www.cinemadict.com/

この世界の片隅に」あれ?完成版と違う…客指摘で発覚
山本知佳2017年2月19日20時48分
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK2M5STZK2MUBNB00B.html
「ストーリーはほとんど変わらないが、完成版の背景に描かれている鳥や花の絵がなかったり、エンドロールに流れる絵の数が異なっていたりした。」
「最終完成前バージョンが配られたのは全国で同館だけ」
「同映画館で最終完成前バージョンを鑑賞した人は、上映終了の3月17日までに同館の窓口で申し出れば、無料で鑑賞できる。半券があれば、3月末まで配給元が返金に応じるという。返金の問い合わせは東京テアトル(03・3355・1013)へ。」


たっぷり@Airship1Takeoffさん作成上映地マップ
映画「この世界の片隅に」全国上映地マップ

映画「この世界の片隅に」公式アカウント @konosekai_movieさんのツイート

“すずさんのありがとう”動画を公開!片渕監督監修のもと、のんさんが新たに録り下ろしたすずさんの声で、全国各地のみなさまへありがとうの気持ちを伝える約1分間のムービーです♪ぜひ、ゆっくりまったりお楽しみください。
https://t.co/Cdn4JNM4p9
この世界の片隅に

https://twitter.com/konosekai_movie/status/827171376595292161?s=09

https://www.youtube.com/watch?v=8DcK_7AaYm0


◆片渕監督関連 ◆こうの史代先生 ◆呉・広島 ◆監督コメント・インタビュー ◆スタッフインタビュー ◆ブログ・ダイアリー ◆のんさん ◆Togetter ◆関連記事 ◆テレビ・動画特集 ◆声優 ◆制作・プロデュース・クラウドファンディング ◆コトリンゴさん・音楽  ◆観客インタビュー
海外記事は『この世界の片隅に』海外配給決定
日本語字幕付き上映は日本語字幕付き上映『この世界の片隅に』
音声ガイドは音声ガイド・UDcastとは


◆片渕監督関連

WEBアニメスタイル「1300日の記録」片渕須直による連載コラム
http://animestyle.jp/column/1300/
 コラムの続きはアニメ製作会社MAPPAのサイトに引き継がれております。それより前の連載「β運動の岸辺で」もおすすめです。http://animestyle.jp/column/beta/

MAPPA「すずさんの日々とともに」片渕須直による連載コラム
http://www.mappa.co.jp/column/column_katabuchi.html

『これから先、何度あなたと』
http://www.mappa.co.jp/column/column_maruyama.html

アニメ「花は咲く」| 明日へ ―支えあおう― NHK東日本大震災プロジェクト
http://www.nhk.or.jp/ashita/themesong/anime/

「花は咲く」復興支援テーマソングの短編アニメがDVD 4月17日発売CDに付属-アニメ!アニメ!
http://s.animeanime.jp/article/2013/04/14/13683.html

映画『この世界の片隅に』 監督による制作参考資料-ホンシェルジュ
https://honcierge.jp/users/2351/shelves/2361


この世界の片隅に』の監督が選ぶ「時の流れ」を感じる10の小説 映画製作中に読んでいた作品は? 2017/01/29 片渕須直 『週刊現代』2017年2月4日号よりhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/50803


◆こうの史代先生こうの史代先生

WEB連載 こうの史代【平凡倶楽部】(終了)
http://webheibon.jp/heibonclub/


2010年 インタビュー #277 個性がありそうもない暮らしに宿るかけがえのなさ こうの 史代さん(マンガ家) MAMMO.TV 尹雄大
http://www.mammo.tv/interview/archives/no277.html


このコマに描かれているのは昭和19年4月17日 -『この世界の片隅に』片渕須直監督と原作者・こうの史代の真剣勝負 2015/05/04 マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2015/05/04/konosekai/


こうの史代先生『この世界の片隅に』インタビュー  ネタバレ御免! 読者を震撼させた連載第33回「20年6月」の創作秘話に迫る!
2015/05/02 このマンガがすごい!WEB
http://konomanga.jp/interview/32698-2

こうの史代先生『この世界の片隅に』インタビュー  祝!劇場アニメ化正式決定!! なんと、クラウドファンディングサービスで国内史上最高額3622万円到達!? 2015/06/12 このマンガがすごい!WEB
http://konomanga.jp/interview/29799-2


「ヒジヤマさんの背筋が凍った瞬間」 | コミックゼノン|立ち読みページ 2013年3月26日
http://www.comic-zenon.jp/tachiyomi/pc/hijiyamasan.html


戦時下の穏やかな日常、あえて描いた こうの史代さん 聞き手・大隈崇 2016年11月11日12時15分 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJC77R8JJC7PITB01P.html


大石トロンボ
2016/11/26 21:22
なぜ新装版『この世界の片隅に』は絶版になったのか?についての新古書的考察
https://note.mu/trombook/n/n9ba580baec50


「歴史でモヤモヤ」のススメ シミルボン 2016.12.04 柳原伸洋/たまに伸井太一
https://shimirubon.jp/columns/1675829


この世界の片隅に:劇場版ヒットで原作マンガも人気 2ヶ月で40万部上積みミリオン目前 2016年12月06日 まんたんWeb
http://m.mantan-web.jp/article/20161205dog00m200027000c.html


この世界の片隅に」の作者が描いた至高の百合漫画「街角花だより」 名作ぞろいのこうの史代ワールドへ。星井七億の連載「ネットは1日25時間」。2016年12月30日 
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1612/30/news009.html


1月25日発売コミックゼノン3月号
こうの史代先生『ヒジヤマさんの永訣』掲載
http://www.comic-zenon.jp/magazine/


「ゲンロン ひらめき☆マンガ教室」第1期講師に江口寿史こうの史代ら 2017/01/18 CINRA NET
http://www.cinra.net/news/20170118-genronmanga


この世界の片隅に」 原作者手描き資料など地元で展示
2017/01/21 両丹日日新聞
http://www.ryoutan.co.jp/news/2017/01/21/011186.html


漫画アクション編集部 @manga_actionさんのツイート

本日重版分でついにコミックス累計100万部突破!!!応援して下さっている日本中のみなさんに感謝です!!
#この世界の片隅に

https://twitter.com/manga_action/status/822358697061945344?s=09
2017年1月19日『この世界の片隅に』原作コミック累計100万部突破おめでとうございます!


COMITIA119 ごあいさつ 奇跡のような出会いの物語 2017年2月12日 コミティア実行委員会代表 中村公彦
http://www.comitia.co.jp/history/119greeting.html


戦時下のリアル、じわり 映画「この世界の片隅に」 小原篤 2017年2月20日19時14分
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK2B627ZK2BUCVL01Q.html
こうの史代先生インタビュー


◆呉・広島

この世界の片隅に」を支援する呉・広島の会
http://shien.konosekai.info/

呉市立美術館
http://www.kure-bi.jp/

呉市立美術館 特別展
マンガとアニメで見る こうの史代この世界の片隅に」展
http://www.kure-bi.jp/?cn=100504

聖地巡礼アプリ「行けるアニメ!舞台めぐり」
http://www.butaimeguri.com/

入船山記念館
http://irifuneyama.com/

この世界の片隅に 北條家VR PV 呉工業高等専門学校の学生が作ったVR映像
https://www.youtube.com/watch?v=gyzaP7iTgDM


広島が舞台のアニメ映画「この世界の片隅に」 助監督の手描きロケ地マップ登場 2016年12月27日 広島経済新聞
http://hiroshima.keizai.biz/phone/headline.php?id=2488
「配布場所はレストハウスほか、紙屋町シャレオ、JR広島駅南口、JR広島駅新幹線口の観光案内所とくれ観光情報プラザ、ヤマトギャラリー零、大和ミュージアムなど。発行部数は3万部。」

 広島観光コンベンションビューロー @hironavitweetさんのツイート(https://twitter.com/hironavitweet/status/813633200798908420?s=09)をチェック

【お知らせ】先にお伝えした映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督監修によるイラストロケ地マップですが、東京では銀座の広島ブランドショップ「TAU」、大阪では広島県大阪情報センター(大阪駅前第一ビル)でも配布します。

 片渕須直 この世界の片隅に 上映中 @katabuchi_sunaoさんのツイート(https://twitter.com/katabuchi_sunao/status/813916193941655553?s=09)をチェック

この世界の片隅に』ロケ地MAP
呉では以下の場所で配布中です。
大和ミュージアム
・くれ観光情報プラザ
・ヤマトギャラリー零
・くれ協働センター(市役所1階)
・入船山記念館

この世界の片隅に聖地巡礼についてのお願い 2017.01.10
http://konosekai.jp/news/1280/

この世界の片隅に』片渕監督、聖地巡礼の自粛喚起 「そこは観光地ではないのです」  2017年1月13日 吉川慧 ハフィントンポスト日本版ニュースエディター
http://m.huffpost.com/jp/entry/14125496?ncid=engmodushpmg00000004

 ロケ地マップに載っていない地域は住宅地であり、道路が細い・急峻な地形なので訪問は危険・迷惑となるおそれがあります。監督が過去に行ったロケ地ツアーの動画がありますので、それを見て思いを馳せるのもいいかと思います。
 映画が完成したら見ようと思っていた私も毎日記事や感想を追うのに忙しく、まだ全部見られてないほどたくさん動画があります。「この世界の片隅に」を支援する呉・広島の会のサイトや個人ブログにツアーのレポートを載っていますし、監督の制作コラム「1300日の記録」にも、現地取材やファンミーティングの様子が詳しく書かれています。
 現地の方できちんと案内の人を配備した上で行ったツアーです。マイマイ新子と千年の魔法ツアーも上映終了後もたびたび開催されていますし、監督の都合が合えば今後この世界ツアーも再び開催される可能性も…(?_?)

第1回この世界(セカ)探検隊Part1
https://youtu.be/x9y_R6W5Jmc


この世界の片隅に」舞台を巡る 朝日新聞 フォトギャラリー
http://www.asahi.com/special/nuclear_peace/gallery/konosekai/


「このセカ」案内所~聖地巡礼おもてなし処~がオープンしました。2017/01/22
広島アニメーションシティ @HAC_JPさんのツイート

【お知らせ】「このセカ」案内所~聖地巡礼おもてなし処~ オープン!
映画『#この世界の片隅に 』の舞台である呉を訪れる方々への情報提供のため、ヤマトギャラリー零(呉市中通り商店街)内にオープン。お気軽にお立ち寄りください。
詳しくは⇒https://t.co/Q25Rknl7Le

https://twitter.com/HAC_JP/status/823388752412340224
この世界の片隅にを支援する呉・広島の会 お知らせページ
http://shien.konosekai.info/konoseka_omotenashi.html


レンガイロプロジェクトさん フェイスブック記事 2017年2月7日

れんがどおりのアーケードに、映画『この世界の片隅に』の原作者、こうの史代さんが描かれた呉のPRバナーを掲出しました!

https://www.facebook.com/rengairoproject/posts/648919748629760
呉のイベント情報を発信されています。


江波山気象館 @EBA_kisyoukanさんのツイート

話題の映画「この世界の片隅に」のロケ地をめぐるキーワードラリーが2月18日からスタートします!主人公のすずさんが江波から呉にお嫁入した行程をたどりながらロケ地やミュージアムを巡ります。詳しい内容や特典などは専用HPをご覧ください。https://t.co/0zfpV4mU0o

https://twitter.com/EBA_kisyoukan/status/831700126661955584

「すずさんの嫁入り」 キーワードラリー
http://kuresc.net/ksk/


広島)「この世界の片隅に」の「波のうさぎ」、鏝絵現存
岡本玄2017年2月17日3時0分 朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/sp/articles/ASK264Q6SK26PITB007.html?rm=412


呉 観光のおすすめスポットや名物を呉市と縁ある女優、のんさんに聞いてきた
2017年2月24日 SPOT
https://travel.spot-app.jp/kure_yoppy/

広島で映画「この世界の片隅に」キーワードラリー 主人公と同じ行程巡る
2017年02月24日 広島経済新聞
http://hiroshima.keizai.biz/phone/photo.php?id=2525

「後から泣ける」映画の舞台 すずさんがいた呉を歩いて 依光隆明 2017年2月25日7時3分 朝日新聞
http://digital.asahi.com/sp/articles/ASK2745CFK27UCFI001.html


◆監督コメント・インタビュー

この世界の片隅に」片渕須直が明かす、のんは「自覚を持っている役者」-映画ナタリー 2016年11月3日
http://natalie.mu/eiga/news/207949
「すごく(のん・能年玲奈さんの)ファンだったんですけど、それとはまったく関係なく」というコメントがツボでした。
 すずさんの声優さんが発表された時に監督があまちゃんのファンだったことは頭をかすめましたので(・∀・)


この世界の片隅に」公開直前!片渕監督SPインタビュー【前編】2016年11月09日
https://webnewtype.com/report/article/92129/
「 女性の魅力をこういう風に描きたいって想いをきちんと持っている絵なんですよ。」


この世界の片隅に」公開直前!片渕監督SPインタビュー【中編】 2016年11月09日
https://webnewtype.com/report/article/92130/ 
「晴美さんって5歳なんですよね、じゃあ5歳になります」


2016年11月11日「『世界』を描かないと『片隅』が見えてこない」、映画「この世界の片隅に」片渕須直監督インタビュー - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20161111-sunao-katabuchi-interview/
「 「どう再構成するか」が、我々がどういう表現者であるかが問われている点だと思いました。」
GIGAZINEさんは前から応援記事を書いてくださっているので過去記事もおすすめです。ロフトイベントとか。


ホンシェルジュ インタビュー 208. 片渕 須直 (アニメーション映画監督)
この世界の片隅に、確かに彼女は生きていた。 (映画『この世界の片隅に』片渕監督インタビュー 前編)2016/11/11
https://honcierge.jp/articles/interview/204

ホンシェルジュ インタビュー 209. 片渕 須直 (アニメーション映画監督)
この世界の片隅に、確かに彼女は生きていた。(映画『この世界の片隅に』片渕監督インタビュー後編)2016/11/12
https://honcierge.jp/articles/interview/205

※同じ内容の記事がcakesにも公開されているので、上記記事が非公開になった時にこちらで読める可能性があります。
この世界の片隅に、確かに彼女は生きていた。 (映画『この世界の片隅に』片渕監督インタビュー 前編) 2016年11月14日
https://cakes.mu/posts/14549
この世界の片隅に、確かに彼女は生きていた。 (映画『この世界の片隅に』片渕監督インタビュー 後編) 2016年11月21日 |ホンシェルジュhttps://cakes.mu/posts/14596
 コニー・ウィリスの『ブラックアウト』『オール・クリア』のタイトルは他のインタビューでも見た気がするが(例によって記憶が曖昧)監督のツイッターでおなじみの「航時学生」が出てきたのはこれが初めての気がする。このシリーズはそのうち読まないとと思いつつ…。


劇場用映画「この世界の片隅に」×セーラー万年筆 片渕 須直監督 × インクブレンダー 石丸治 2011-6-11-14
http://www.sailor.co.jp/konosekai/
 これも少しネタバレしてますね、大したことではないですが、単に時間短縮のためかなと思ったら、そんな理由が…という。面白いです。


ネタバレ注意!「この世界の片隅に」片渕監督SPインタビュー【後編】- WebNewtype 2016年11月16日
https://webnewtype.com/report/article/92131/
 原作の言葉のままにして解釈は観た人に任せても良かったんじゃないかという意見もあるかと思いますが、私はここに限っては映画で答えをもらえて良かったなと思います。


この世界の片隅に」監督・片渕須直インタビュー 調べるだけではだめだ、体験しないと! - マンバ通信 前田隆弘 2016/11/16
https://magazine.manba.co.jp/2016/11/16/special-konosekai/#
「マンガと映画、どちらが先でもいいんですけど、ただ最後は、こうのさんのマンガに戻って味わいなおしてほしい」


悲しみの中でつかまえていく人生の実り 『この世界の片隅に』片渕須直監督の情熱 - エンタメステーション 2016.11.16 取材・文 / 村崎文香
https://entertainmentstation.jp/56242
「人がやるくらいなら自分がやる。すずさんを描けるのは僕しかいない。その一念でした。」


この世界の片隅に」片渕須直監督インタビュー この世界にすずさんの実在感を求めて アニメ!アニメ! 2016.11.26
http://s.animeanime.jp/article/2016/11/26/31513.html
「そういうのんちゃんのお陰で、半分はすずさんという人のドキュメンタリーのようでもあり、半分はきちんと作り込まれた演技でもあるみたいな状況が実現できたんじゃないかと思います」


この世界の片隅に」をめぐる“国旗”論争 政治的意味合いを回避したあるセリフとは  スクリーン雑記帖2016.11.26 (WEB編集チーム 伊藤徳裕)
http://www.sankei.com/smp/premium/news/161126/prm1611260016-s1.html
 結論ありきのインタビューのように思えて、何だか…という感想です。


片渕須直監督とこうの史代さんが2人で語った「『この世界の片隅に』公開記念!ネタバレ爆発とことんトーク!大阪編」 2016.11.27
http://gigazine.net/news/20161127-konosekai-talk-osaka/
こうの:コトリンゴさんは「隣組」のところとか、のんさんと声が似ているなと思いました。
片渕:みんなそう言うんだけれど、自分は全然そう思わないんです。コトリンゴさんとのんちゃんの対談を聞いたら「ふわふわ」するんじゃないかと思っていたけれど、初日舞台挨拶の控え室でその状況になっても、全然似ていないなと思いました。のんちゃん、普通の時は本当に普通の女の子ですから。


11/30テアトル新宿で大盛況のうちに終了した、片渕須直監督と町山智浩さんのトークショー。ご好評につき、今回特別にトーク内容を全文公開!お二人の濃密な30分間を余すことなくお楽しみ下さい。
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1264496720279810&id=857199287676224&__tn__=C


2016年12月04日「この世界の片隅に」女子アナ・戦艦大和… 片渕監督が貫いたリアル 後藤 遼太 WITH NEWS
http://withnews.jp/article/f0161204001qq000000000000000W05l10501qq000014383A
 手旗信号のこと、呉駅前の女学生のこと


この世界の片隅に」は、一次資料の塊だ アニメーション映画「この世界の片隅に」片渕須直監督(前編) 松浦 晋也 2016年12月8日 日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/230078/120600064/?n_cid=nbpnbo_twbn&ST=smart

「本来は、アニメは1人で作れるものです」 アニメーション映画「この世界の片隅に」片渕須直監督(後編) 松浦 晋也 2016年12月9日(金) 日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/230078/120600065/?n_cid=nbpnbo_twbn&ST=smart
(参考)
KAI-YOU.net アニメ・漫画日米のアニメ制作の違いとは? 『ベイマックス』コンセプトデザイン コヤマシゲトインタビュー 2015.01.07
http://kai-you.net/article/12123


2016.12.09(金)『この世界の片隅に』監督が語る、映画に仕込んだ“パズル”(上)片渕須直・『この世界の片隅に』監督インタビュー ダイヤモンド・オンライン編集部
http://diamond.jp/articles/-/110768?display=b

2016.12.09(金) 『この世界の片隅に』監督が語る、映画に仕込んだ“パズル”(下)
片渕須直・『この世界の片隅に』監督インタビュー ダイヤモンド・オンライン編集部
http://diamond.jp/articles/-/110798


この世界の片隅に』片渕須直監督インタビュー前編「この空間を想像力で埋めてはいけないと思った」KAI-YOU 2016.12.09  須賀原みち
http://kai-you.net/article/35961

この世界の片隅に』片渕須直監督インタビュー後編「『世界が覆る』体験の意味は再検討しないといけない」
KAI-YOU 2016.12.12 須賀原みち
http://kai-you.net/article/35962


楽天スーパーライブ 2016.12.12 「この世界の片隅に」片渕須直監督出演!製作秘話とクラウドファンディングを語る!
https://www.youtube.com/watch?v=0DSt6RgP5oI&feature=youtu.be


この世界の片隅に』ネタバレ爆発トーク、片渕須直監督が暴露「のんさんは、普段の方が主人公に似ている」エンタメウィーク 2016年12月16日
http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/220006


金沢のシネモンドで「この世界の片隅に」 県内初上映、監督舞台あいさつも 2016年12月16日 金沢経済新聞
http://kanazawa.keizai.biz/phone/headline.php?id=2748


片渕須直監督と僕ら観客とで探す“アニメーション映画の居場所”
アニメ2016-12-17  アキバ総研 廣田恵介
https://s.akiba-souken.com/article/28609/


アニメ映画『この世界の片隅に』興収8億円突破 片渕監督から感謝の直筆メッセージ 2016-12-27 22:10 ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/2083733/full/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter


映画『この世界の片隅に』で、片渕須直監督が伝えたかったこととは何か?animate times 2016年12月29日
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1482909002&image_share=1


2017年1月14日 【映画】この世界の片隅に 片渕須直監督に聞く 松岡等 北陸中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/bunka/list/201701/CK2017011402000211.html


キネマ旬報1位>片淵監督ら舞台あいさつ 大分 毎日新聞 1/14(土) 20:54配信
http://mainichi.jp/articles/20170115/k00/00m/040/076000c
バッグに猫や花の刺繍


アニメ「この世界の片隅に」作り事でない戦時中の描写にこだわった 監督の片渕須直さん きょうの人2017.1.14 22:06 産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/170114/ent1701140018-s1.html


映画「この世界の片隅に」 片渕須直監督インタビュー 佐賀新聞 2017年01月19日 10時43分
http://www.saga-s.co.jp/sp/news/saga/10105/396793


マイマイ新子と千年の魔法:「この世界の片隅に」ヒットでリバイバル上映 片渕監督がファンを前に感慨
2017年01月20日 MANTAN WEB
http://m.mantan-web.jp/article/20170120dog00m200044000c.html


この世界の片隅に:片渕監督に聞く ヒットで「夢が正夢に」 次回作は「引き出しの中にたくさん…」
2017年01月28日 MANTAN WEB
http://mantan-web.jp/2017/01/28/20170127dog00m200026000c.html


この世界の片隅に』ヒットで最注目アニメ監督に!片渕須直作品の魅力とは!?
dmenu映画 2/6(月) 14:00配信(文/中村実香・サンクレイオ翼)
https://movie.smt.docomo.ne.jp/article/1060291/


この世界の片隅に』片渕監督、『シン・ゴジラ』樋口監督が特別対談<eAT2017 in KANAZAWA Powered by TOHOKUSHINSHAレポート>2017年2月20日 掲載 advertimes
https://www.advertimes.com/20170220/article244372/


片渕須直×細馬宏通トークセッション 「この世界の片隅に」の、そのまた片隅に(前編) 前田隆弘 2017/02/27 1:05 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2017/02/27/special-konosekaitalk01/
「片渕 こうの史代さんは、マンガにすごく厳しいお宅で育たれたらしくて。僕が聞いた範囲では、家に1冊か2冊しかマンガの本がなくて、それで誕生日に友達からもらったのが「はだしのゲン」の2巻だという(笑)」



◆スタッフインタビュー


この世界の片隅に作画監督 松原秀典さん【第2回 ゆめを叶えた大人の子ども時代、ヒヨっ子ちゃずのイラストインタビュー】 | ウーマンエキサイト記事2016年12月28日
http://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1482208368199/


◆ブログ・ダイアリー

2016-11-12 ■[アニメ][映画][感想]「この世界の片隅に」 toshi20
http://d.hatena.ne.jp/toshi20/touch/20161112#p1
近景の「生活」と遠景の「歴史的事物」との距離。


2016-11-12 映画『この世界の片隅に』ネタバレなしの感想 笑い声が起こる戦争映画を知っていますか? 物語る亀
http://blog.monogatarukame.net/entry/kono_sekaino_katasumini_movie_Impressions


2016-11-12
映画『この世界の片隅に』批評と考察 失ったものと、得たものとは? ※ネタバレあり 物語る亀
http://blog.monogatarukame.net/entry/kono_sekaino_katasumini_movie_Criticism


ネタバレ映画感想と考察 片渕須直『この世界の片隅に』 - ゲーマー日日新聞 2016-11-15
http://arcadia11.hatenablog.com/entry/2016/11/15/220000
 本作品と『ダンサー・イン・ザ・ダーク』との比較で両方のネタバレあり。


2016-11-16 感想を言葉にするのが難しく、そして言葉にするのがすごく怖い(映画「この世界の片隅に」を観て) - kazunoha.net
http://kazunoha.net/%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%82%92%e8%a8%80%e8%91%89%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8c%e9%9b%a3%e3%81%97%e3%81%8f%e3%80%81%e3%81%9d%e3%81%97%e3%81%a6%e8%a8%80%e8%91%89%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b/


音の風景が広がる 「この世界の片隅に」前篇  - ZoaZoa日記 2016.11.16
http://holozoa.hatenablog.com/entry/2016/11/16/183203


この世界の片隅に』紹介マンガ - 沼の見える街 2016.11.17
http://numagasa.hatenablog.com/entry/2016/11/17/225421


田中公平のブログ My Quest for Beauty 2016年11月17日(木) 17時41分37秒 この世界の片隅に、、、今、観るべき映画
http://ameblo.jp/kenokun/entry-12220363998.html


この世界の片隅に」の化学 - ZoaZoa日記 2016.11.17
http://holozoa.hatenablog.com/entry/2016/11/17/232705


片渕須直×こうの史代この世界の片隅に』 - 青春ゾンビ 2016.11.18
http://hiko1985.hatenablog.com/entry/2016/11/18/171714


この世界の片隅に」は大変な傑作だ 松浦晋也のL/D 2016年11月18日
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/17749/19821/86344476
「 いきり立つでもなくことさらに怒りを込めるでもなく」


MOVIE 「この世界の片隅に」 - くりおね あくえりうむ 2016/11/19
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/12554/14483/86347468
 すずさんとのんさんに対する視線が優しいです。


映画『この世界の片隅に』 感想:メンタルの危機をきんモザに救われた。 アニメとスピーカーと‥‥。 2016年11月19日 kato_19
https://kato19.blogspot.jp/2016/11/konosekaino-katasumini-movie.html?m=1


【レポート】『この世界の片隅に』公開記念!ネタバレ爆発とことんトーク!@新宿ロフトプラスワン(2016/11/20) - 忘れられた庭の静かな片隅 Forsaken Gardens-
http://los-endos.hatenablog.com/entry/20161121/1479734449?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
 こうの先生がいい味をだしすぎています。


この世界の片隅に」日本語字幕版見に行ってきました - 九州DANDY 2016.11.22
http://dandy3.com/movie/14715/
 こちらの感想は映画のネタバレなしで、映画館の様子をレポートされています。上映している映画館少なくて人に薦められないのわかりすぎます(TOT)


2016-11-23『この世界の片隅に(In this Corner of the World)』(2016 Japan) 片渕須直監督 こうの史代原作 日本の第二次世界大戦の戦争表現を変えてしまうような傑作
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20161123/p1


一日の王  映画『この世界の片隅に』 ……絶賛されている映画を見ての(正直な)極私的感想…… 2016.11.23
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/dce64cba364979c7c53f8ce37fe5f47e
 映画に対しての思い入れが強すぎるので、こういう記事にハッとします。


ぼくの色々な感想 2016-11-26 映画&マンガ 「この世界の片隅に」 感想
http://bokunoiroironakansou.hatenablog.com/entry/2016/11/26/103450


この世界の片隅に』と、「右手」が持つ魔法の力 - 日々の音色とことば 2016-12-01
http://shiba710.hateblo.jp/entry/2016/12/01/144225
 右手の物語。


挑戦者ストロング 2016-12-06 「この世界の片隅に」、内容以外の感想 pencroft
http://d.hatena.ne.jp/Dersu/touch/20161206#p1

2016-12-07
この世界の片隅に』を人に薦めたくなる理由と、ヒットの要因について考察、解説してみた 物語る亀
http://blog.monogatarukame.net/entry/konosekaino_katasumini_Consideration


倉林のはらわた この世界の片隅に 2016/12/08
http://kurahara.blog.shinobi.jp/animeharawata/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB#Q4oNboS.twitter_tweet_count_m


未来の蛮族 2016-12-09 この世界の片隅に
http://yoghurt.hatenadiary.com/entry/2016/12/09/081540


琥珀色の戯言 2016-12-10 【映画感想】この世界の片隅に ☆☆☆☆☆
http://fujipon.hatenadiary.com/entry/2016/12/10/083000


琥珀色の戯言 2011-08-05 この世界の片隅に ☆☆☆☆☆  本
http://fujipon.hatenadiary.com/entry/20110805/p1


この世界の片隅に : フューリーロード 16/12/11
http://anond.hatelabo.jp/touch/20161211195849


紙屋研究所 2016-12-11 『この世界の片隅に』の原作とアニメの距離——もしくは戦争についての創作はどう描くのが「成功」なのか
http://d.hatena.ne.jp/kamiyakenkyujo/touch/20161211/1481467922


映画「この世界の片隅に 」、観てきた衝撃。 スガ シカオ オフィシャルブログ コノユビトマレ 2016年12月14日
http://ameblo.jp/shikao-blog/entry-12228363796.html


この世界の片隅に」用語メモ mark23 Logbook 3rd Edition
https://mdsch23.blogspot.jp/2016/11/blog-post_26.html?m=1


東雲製作所 2016-12-27 重すぎて受け止めきれない――この世界の片隅に感想
http://shinonomen.hatenablog.com/entry/2016/12/27/201102


この世界の片隅に」 : 戸田真琴official blog - まこりん日和 - 2016年12月29日
http://blog.livedoor.jp/toda_makoto/archives/15206928.html
※広告がアダルト向けなので18歳未満の方は閲覧しないこと

ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ 片渕須直・この世界の片隅に 2016/12/30 10:43
http://abecasio.blog108.fc2.com/blog-entry-2629.html#trackback


aaaのブロマガ 「この世界の片隅に」感想(ネタバレあり) 2016/12/31 10:10 
http://sp.ch.nicovideo.jp/aaaaaaaaaa/blomaga/ar1165453


【映画感想】この世界の片隅に|心が震える、アニメーション作品  『この世界の片隅に』は人にオススメしたくない スガログ 2017/01/02 
http://sugamovie.net/2017/01/02/post-115/


うだうだと考える日記 moving-too-much 2017-01-03
この世界に本当に居場所はあるのか『この世界の片隅に
http://moving-too-much.hatenablog.com/entry/2017/01/03/125544


 映画を観てモヤモヤを感じた方たちが会を開いて意見を交換しあい、批判的ではありますが公正な視点から記事を書いた一連のブログを紹介します。原作未読の方の視点での感想記事を読みたかったので、たいへん興味深く読ませていただきました。

どこにでも宿る愛 - 子ども観察記+α http://hattatsukasa.hatenablog.com/entry/2016/12/07/003755

映画「この世界の片隅に」の違和感 - ヒトトビ〜人と美の表現活動研究室 http://hitotobi.hatenadiary.jp/entry/2016/12/29/001323

映画「この世界の片隅に」その他の感想 - ヒトトビ〜人と美の表現活動研究室
http://hitotobi.hatenadiary.jp/entry/2017/01/01/112359

「絶望と受容、美しく後味の悪い夢 ~映画「この世界の片隅に」~」 2017-01-03 10:57:04
http://ameblo.jp/lychee-tangerine/entry-12234500670.html

「後味の悪い美しい夢、原作効果 ~映画「この世界の片隅に」~」 2017-01-03 12:47:12
http://ameblo.jp/lychee-tangerine/entry-12234501879.html



呉在住の方の感想
タイロンのブログ この世界の片隅に 2017/01/05 03:00
http://tairon737.blog.fc2.com/blog-entry-192.html


戸田幸子 2017/01/16 23:04 「この世界の片隅に」を劇場に見に行く私の事情
https://note.mu/yukiyukit/n/n90e9db3e3ae5


この世界の片隅に」 猫柳さんの日記 2017年1月27日 14:06
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=140098&id=1958311662


ぼくの祖母も、すずだったのかもしれない。『この世界の片隅に』を観て。 2017/02/08 ゲムぼく。
http://gameboku.blog.jp/archives/69189538.html



◆のんさん

【全起こし】主人公の声を演じた能年玲奈改めのんが登壇!『この世界の片隅に』完成披露試写 2016年9月9日 ムビッチ
http://moviche.com/contents/conference/5144/


Interview のん 言葉と心、細部にこだわる アニメ映画「この世界の片隅に」で主人公の声
毎日新聞 2016年11月7日 東京夕刊
http://mainichi.jp/articles/20161107/dde/012/200/002000c
「探偵ものですね。ロバート・ダウニー・Jrが好きで、嫌なヤツだけど、子どもっぽい役がいい。そんな探偵がやりたい」
 いつか嫌なヤツを演じるのんさん(´∀`*)ウフフ


のん、監督遅刻で15分間雑談 出演映画の影響で「すぐにお腹がすくように…」2016-12-16 オリコンスタイル
http://www.oricon.co.jp/news/2083121/full/


のん、キネ旬ベスト・テン表彰式にサプライズ登壇 「この世界の片隅に」片渕監督を祝福 「第90回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式
https://www.youtube.com/watch?v=a5oWITtknNc&sns=tw


キネ旬ベスト・テン1位「この世界の片隅に」 のんがすずさんの声で感謝述べる 2017年2月5日 22:17
http://eiga.com/news/20170205/14/

[のん]「この世界の片隅に」声の演技で特別賞 ヨコハマ映画祭で「感動しています」 2017/02/05 16:44 まんたんウェブ
http://m.mantan-web.jp/article/20170205dog00m200024000c.html

のん、声の演技でヨコハマ映画祭特別賞「夢にも思っていなかった」 ファンと笑顔で交流 2017-02-05 15:37 ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/2085464/full/


樋口真嗣、片渕須直、のん、新海誠らが毎日映画コンクール受賞の喜びに浸る
2017年2月15日 19:47 映画ナタリー
http://natalie.mu/eiga/news/220837


◆Togetter

この世界の片隅に」劇場アニメ制作準備進行中 - Togetterまとめ
https://togetter.com/li/365313

1945年6月22日呉海軍工廠造兵部爆撃
https://togetter.com/li/522355


この世界の片隅に」から「仁義なき戦い」へ - Togetterまとめ
https://t.co/jevfyojcTW[http://togetter.com/li/1048908
そのうち観たい。

映画「この世界の片隅に」の細かすぎるこだわり - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/1051117
 ヒロシマ・フィールドワーク実行委員会 @hfw_motooさんのツイートについたレスも読むと更に世界が広がります。あの角を曲がれば、

ブラックラグーン」「この世界の片隅に」が共に片渕須直監督作品なことへのファンの感想と関係者(含む監督本人)の反応 Togetter
http://togetter.com/li/1056230?page=3
 すずさんとレヴィちゃん

鉄オタを魅了する「この世界の片隅に
http://togetter.com/li/1049811

この世界の片隅に」に映った起重機船と広島の江波地区のこと
https://togetter.com/li/1062925

映画「この世界の片隅に」の片隅の、とある駆逐艦の記憶。 - Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1072703
駆逐艦「椎」


◆関連記事

コラム:清水節のメディア・シンクタンク 第16回:ジブリのその先の到達点! のん主演「この世界の片隅に」ドキュメント・レビュー 2016年11月11日
http://eiga.com/extra/shimizu/16/
 ゼロ号試写で『この世界の片隅に』が映画になった瞬間に居合わせた人の鋭い視線。


この世界の8月16日の片隅に(小原篤のアニマゲ丼) 2016年11月14日
http://www.asahi.com/articles/ASJCB74CNJCBUCVL01M.html
 右手と左手の交叉。


この世界の片隅に』は奇跡的な作品だ 東京テアトル・沢村敏が"単館系の使命"語る - RealSound
http://realsound.jp/movie/2016/10/post-3087_entry.html


「リンと 晴美と それから右手」(小原篤のアニマゲ丼) 2016年11月21日
https://t.co/BD2zHEGcIH


この世界の片隅に:動員11万人突破 週末動員は前週比124%
2016年11月22日 - まんたんWEB
http://m.mantan-web.jp/article/20161121dog00m200035000c.html
「公開から9日間で観客動員が11万人を突破」 「興行収入は1億6000万円を突破」


ミリオタライター・二木知宏の「武器で見る映画」第3回
?軍縮っていうのは、実は軍拡?戦時下に生きる呉のヒトビトの息遣い『この世界の片隅に』 - おたぽる 2016.11.26
http://otapol.jp/i/2016/11/post-8825_entry.html
 フネの話したかっただけのやつ。『無責任艦長タイラー』(富士見ファンタジア文庫)で抜け道を作っていた話を思い出しました。


この世界の片隅に』は優れた“妖怪”映画だ!民俗学者はこう観た(畑中 章宏) | 現代ビジネス | 講談社 2016/11/26
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50266


とんかつQ&A「この世界の片隅に
ホームページ作成サービス「グーペ」のキャラクターブログ「とんかつ教室」2016.11.28
http://blog.goope.jp/?eid=477
 ロースおじさんは仮面ライダー疎いんですけど間違えてチケットを買って観てしまった仮面ライダーW劇場版AtoZについてのQ&Aが好きですね


この世界の片隅に』は単なる反戦アニメーションではない
いまを生きる日本人「誰でもの物語」  大賀 祐樹 2016年11月26日  秒速サブカル批評
http://best-times.jp/articles/-/3820
「現実感を感じていない様子が、巧みな演出で描かれている。」


この世界の片隅に」3週目で動員ランキング6位に上昇 12月から上映拡大も アニメ!アニメ! 2016.11.28
http://s.animeanime.jp/article/2016/11/28/31538.html


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(1)「姉妹は物語る」 ? マンバ通信 細馬宏通 2016/11/28
https://magazine.manba.co.jp/2016/11/28/hosoma-konosekai01/
 すずさんとすみちゃんの会話から物語を読み解く。

アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(2)「『かく』時間」 ? マンバ通信 細馬宏通 2016/11/30
https://magazine.manba.co.jp/2016/11/30/hosoma-konosekai02/


この世界の片隅に」興行収入4.5億円突破 観客動員数は32万人に
 アニメ!アニメ!2016.12.6
http://s.animeanime.jp/article/2016/12/06/31638.html


<回顧2016>映画 アニメに力作、邦画充実 2016/12/7  日本経済新聞
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKZO10344400W6A201C1BC8000/


映画「この世界の片隅に」配給会社のこだわり 株価は5割増の爆上げ、東京テアトルの貢献 許斐 健太 :東洋経済オンライン 2016年12月10日
映画「この世界の片隅に」配給会社のこだわり | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


2016年12月11日 「この世界の片隅に」ヒット導いた“3つの非常識” 前作不振でも… 後藤 遼太
http://withnews.jp/article/f0161211002qq000000000000000W00810501qq000014419A


この世界の片隅に』に出てきた「楠公飯(なんこうめし)」を食べてみた - デイリーポータルZ はっけんの水曜日 北村ヂン 2016.12.14
http://portal.nifty.com/kiji/161214198303_1.htm


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(3)流れる雲、流れる私 細馬宏通 2016/12/14 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2016/12/14/hosoma-konosekai03/

アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(4)空を過ぎるものたち 細馬宏通 2016/12/15 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2016/12/15/hosoma-konosekai04/


この世界の片隅に』 なぜ監督はそんなに優しいのか聞いた 2016.12.15 古谷経衡
http://www.news-postseven.com/archives/20161215_474109.html


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(5)三つの顔
細馬宏通 2016/12/21 4:58 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2016/12/21/hosoma-konosekai05/


この世界の片隅に』レビュー by竹内道宏 『この世界の片隅に』――強く、優しく、しぶとく根を張る。そこで再生する誰かの喜怒哀楽を想像し、想いを馳せるために。 2016.12.25 おたぽる
http://otapol.jp/i/2016/12/post-9107.html


この世界の片隅に」を見て、キリスト教牧師が思うこと 2016年12月25日21時57分 執筆者 :青木保憲 CHRISTIANTODAY
http://www.christiantoday.co.jp/articles/22887/20161225/konosekai.htm


この世界の片隅に』はコメディ映画である
2016.12.25 オモプラッタ
http://getnews.jp/archives/1577692


2016年12月26日Facebook 山口 満さん
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1244397938973593&id=100002101955019
昨日、実は片渕監督とトークショーの後に二人だけの立ち話で、ほんの少しでしたが兵器に対する作家としてのスタンスの話をしていただいた。


みなみ会館館長・吉田由利香と、シネマジプシー・川端安里人の2016年映画ベスト5 2016年12月27日
http://kyoto-antenna.com/column/best-cinema_2016/


セカイの先の物語――「君の名は。」「シン・ゴジラ」「リップヴァンウィンクルの花嫁」、そして「この世界の片隅に」 P+D MAGAZINE 坂上秋成氏寄稿 2016.12.28
http://pdmagazine.jp/background/2016-films/
 新海誠庵野秀明岩井俊二監督の過去作品について言及(ネタバレ)あり。


2016年映画満足度ランキングトップは「この世界の片隅に
DATE:2016.12.28 11:13 BY:深水英一郎(ふかみん) ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/1579947


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(6)笹の因果 細馬宏通 2016/12/29 12:40 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2016/12/29/hosoma-konosekai06/

アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(7)紅の器 細馬宏通 2016/12/30 2:19 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2016/12/30/hosoma-konosekai7/


M-ON みんなの映画部 2016.12.30「この世界の片隅に」も!映画好きアーティスト5人が2016年のベストムービーをガチ語り! 森直人
http://www.m-on-music.jp/0000178172/


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(8)虫たちの営み 細馬宏通 2017/01/03 12:02 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2017/01/03/hosoma-konosekai8/


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(9)手紙の宛先 細馬宏通 2017/01/04 2:33 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2017/01/04/hosoma-konosekai9/


この世界の片隅に:興収10億円、動員75万人突破 勢い止まらず 2017年01月05日 MANTANWEB
http://mantan-web.jp/2017/01/05/20170105dog00m200026000c.html


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(10)爪 細馬宏通 2017/01/05 12:07 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2017/01/05/hosoma-konosekai10/


キネマ旬報ベスト・テン第90回 2016年
http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/
 日本映画ベスト・テンで『この世界の片隅に』が一位を受賞しました。おめでとうございます。2月にベスト・テン特別号が発刊されるでしょうか。追記・監督賞も受賞していました。重ねておめでとうございます。


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(11)こまい 細馬宏通 2017/01/07 6:36 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2017/01/07/hosoma-konosekai11/

アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(12)右手が知っていること 細馬宏通 2017/01/11 12:03 マンバ通信
https://magazine.manba.co.jp/2017/01/11/hosoma-konosekai12/


この世界の片隅に - | ele-king 仙波希望
Jan 13,2017 昨日の世界と普通
http://www.ele-king.net/review/film/005506/


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(13)サイレン 細馬宏通 2017/01/14 12:31
https://magazine.manba.co.jp/2017/01/14/hosoma-konosekai13/

アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(14)食事の支度 細馬宏通 2017/01/15 12:13
https://magazine.manba.co.jp/2017/01/15/hosoma-konosekai14/


この世界の片隅に毎日映画コンクールで「日本映画優秀賞」など3冠受賞 2017年01月19日 MANTANWEB
http://mantan-web.jp/2017/01/19/20170118dog00m200035000c.html

第71回毎日映画コンクール 選考経過と講評(その1)毎日新聞2017年1月29日 東京朝刊
音楽賞「作品世界を崩さずに映画と深く結びついた音楽」「(主人公の)のんの声と音楽が絶妙に重なった」とコトリンゴに高評価が集中。

第71回毎日映画コンクール 選考経過と講評(その2止) 毎日新聞 2017年1月29日 東京朝刊
http://mainichi.jp/articles/20170129/ddm/010/200/006000c
日本映画優秀賞・大藤信郎賞「この世界の片隅に
「…アニメーションでしか表現し得ない美しさと楽しさに満ちた、まさに絵に命が吹き込まれた珠玉作である。」


この世界の片隅に」片渕須直監督、ブルーリボン賞監督賞に アニメ映画で初
2017/01/26
http://m.huffpost.com/jp/entry/14402708?
「内心、大人向けのアニメーション映画を見たいって思う人が多かったんじゃないかな、って気がするんです」

片渕監督「アニメ届ける道筋」/ブルーリボン監督賞 ニッカンスポーツ[2017年1月26日8時28分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1770214_m.html?mode=all
「映画は双方向通信。観客は、作り手が考えられないような言葉をくれる」


アニメ100周年記念プログラム「この世界の片隅に」特別上映会、片渕須直監督トークショー開催決定! 2017/01/26 東京Animeアワードフェスティバル2017
http://animefestival.jp/ja/post/4928/


「知らないし、興味もない」──『この世界の片隅に』は“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の心を動かすか 2017.02.03 日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/i/2017/02/post_31367_entry.html


この世界の片隅に』コツコツと興収20億円突破 14週連続トップ10入り 2017-02-14 06:00 ORICONNEWS
http://www.oricon.co.jp/news/2085923/full/



お詫び 青森シネマディクトで2016年12月30日(金)より2017年2月14日(火)までにご鑑賞いただいたお客様へ
2017/02/17 この世界の片隅に 公式サイト
http://konosekai.jp/news/1428/


この世界の片隅に」あれ?完成版と違う…客指摘で発覚
山本知佳2017年2月19日20時48分
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK2M5STZK2MUBNB00B.html
「ストーリーはほとんど変わらないが、完成版の背景に描かれている鳥や花の絵がなかったり、エンドロールに流れる絵の数が異なっていたりした。」
「最終完成前バージョンが配られたのは全国で同館だけ」
「同映画館で最終完成前バージョンを鑑賞した人は、上映終了の3月17日までに同館の窓口で申し出れば、無料で鑑賞できる。半券があれば、3月末まで配給元が返金に応じるという。返金の問い合わせは東京テアトル(03・3355・1013)へ。」


tc1033003 @Tc1033003さんのツイート

この世界の片隅にJALANAの国際線機内で3月配信予定
https://t.co/4oyKZyTmal
https://t.co/iaZDceVTwl

https://twitter.com/Tc1033003/status/832981631145172992
JAL
https://www.jal.co.jp/inter/service/entertainment/pre_movie/1703/?tco=js_tab5
ANA(PDF)
https://www.ana.co.jp/int/inflight/guide/pdf/movie/movie_titleb678_j_1703_u.pdf


アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(15)かまど 細馬宏通 2017/02/15 2:59
https://magazine.manba.co.jp/2017/02/15/hosoma-konosekai15/

アニメーション版「この世界の片隅に」を捉え直す(16)遡行 細馬宏通 2017/02/21 1:18
https://magazine.manba.co.jp/2017/02/21/hosoma-konosekai16/


◆テレビ・動画特集

映画「この世界の片隅に」 こめられた思い 2016年10月19日 NHK おはよう日本
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/10/1019.html


映画「この世界の片隅に」 片渕須直監督に話を聞きました。 2016年12月3日 FNNニュース
http://www.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00343487.html
 廣島から届いた何万個のおにぎりのこと
関連コラム WEB アニメスタイル  1300日の記録 片渕須直 第30回 もうひとつの舞台をもつないで 2013年4月15日  http://animestyle.jp/2013/04/15/4513/


キネマ旬報ベスト・テン 1位は「この世界の片隅に」1月10日 17時50分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170110/k10010834341000.html


キネ旬1位アニメ ヒットの裏側に○○の力 2017年1月10日 17:39 日テレNEWS24
http://www.news24.jp/sp/articles/2017/01/10/07351147.html


No.39162017年1月12日(木)放送“この世界の片隅に”時代を超える平和への祈り クローズアップ現代+ NHK
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3916/1.html


この世界の片隅に」、お蔵入りしていたかも...監督が語る大ヒットアニメ映画誕生秘話 スペシャル 2017年1月24日 19:15 読むテレ東
http://www.tv-tokyo.co.jp/yomu/smp/special/600/


戦時下の日常を描く 片渕須直監督が語る「この世界の片隅に」FNNニュース ホウドウキョク 01/26 16:37
http://www.fnn-news.com/sp/news/headlines/articles/CONN00348110.html


練馬ほっとキャスト:第1回 片渕須直さん(アニメーション映画監督)その1 練馬アニメーションサイト  2017年01月27日
アニメ研究家の氷川竜介さんとアニメ史研究家の原口正宏さんが、そのクリエイターの魅力についてたっぷり語ります。(音声のみ)
http://animation-nerima.jp/enjoy/kyojin/vol01/

練馬ほっとキャスト:第2回 片渕須直さん(アニメーション映画監督)その2 練馬アニメーションサイト 2017年02月03日
http://animation-nerima.jp/enjoy/kyojin/vol02/

練馬ほっとキャスト:第3回 片渕須直さん(アニメーション映画監督)その3 練馬アニメーションサイト 2017年02月10日
http://animation-nerima.jp/enjoy/kyojin/vol03/

練馬ほっとキャスト:第4回 片渕須直さん(アニメーション映画監督)その4 練馬アニメーションサイト
http://animation-nerima.jp/enjoy/kyojin/vol04/


富野由悠季この世界の片隅に』を立ち見で鑑賞し絶賛「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラ(笑)」 DATE:2017.02.21 14:00 BY:藤本エリ ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/1636320


◆声優

長編アニメ『この世界の片隅に』主演すず役は女優・のんさんに決定! アニメ映画初主演となるのんさんからコメントも到着 2016/8/28 animate Times
http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1472185387

映画『この世界の片隅に』主演はのん(能年玲奈)!片渕監督「一番望む声を手に入れた」
http://togetter.com/li/1015886


この世界の片隅に】キャスト発表!!細谷佳正小野大輔ほか -サブカルウォーカー- 2016/08/24
http://subculwalker.com/archives/31394/


映画『この世界の片隅に』への熱い想いが伝わる新谷真弓さんらキャスト声優Tweetまとめ
http://togetter.com/li/1016240


尾身美詞インタビュー 『この世界の片隅に』の径子につながった“たまたま”の積み重ね SPICER 2017/02/15
https://spice.eplus.jp/articles/104076


◆制作・プロデュース・クラウドファンディング

株式会社MAPPA
http://www.mappa.co.jp/

ジェンコ
http://www.genco.co.jp/

クラウドファンディングサイト・Makuake
https://www.makuake.com/

(終了)
片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応援
https://www.makuake.com/project/konosekai/
支援者のコメント
https://www.makuake.com/project/konosekai/


(リターン内容「片渕監督が行う海外渡航報告会イベントの参加権」継続中)
映画『この世界の片隅に』の海外上映を盛り上げるため、片渕監督を現地に送り出したい
https://www.makuake.com/project/konosekai2/


たった8日で2000万円を集めたアニメ映画「この世界の片隅に」は一体何がすごいのか? - GIGAZINE
2015年05月10日
http://gigazine.net/news/20150510-konosekai-machiasobi14/


クラウドファンディングは「映画の種」だった - 片渕須直監督がクラウドで資金を集めた理由 東洋経済オンライン
2015年05月23日(壬生 智裕)
http://toyokeizai.net/articles/-/70653?display=b


アニメ業界ウォッチング第24回:今年75歳、やぶれかぶれのアニメ人生! 丸山正雄インタビュー! - アキバ総研 2016年08月20日
https://s.akiba-souken.com/article/27618/
「 僕に好みがあるとするならば、「これはダメかも知れない」「企画にならないかも知れない」という作品が好きみたいです。」


2016-08-21
この世界の片隅に』展を観に呉へ行ってきた(前半) http://momomomo1232.hatenablog.com/entry/2016/08/21/175037
 当ブログ記事より、真木プロデューサーのトークショーに参加して。


2016.11.11「この世界の片隅に」は、こうして作られた。「みんなで作る映画」を目指した、片渕須直監督の情熱 シネマズ (斉藤 守彦)
http://cinema.ne.jp/recommend/konosekai2016111117/
 『マイマイ新子と千年の魔法』から『この世界の片隅に』上映まで全体の流れがわかります。


この世界の片隅に』プロダクションノート
http://konosekai.jp/production-note/
 簡略な年表。


アニメ業界ウォッチング第27回:プロデューサーという職業の抱える理想とジレンマ 松尾亮一郎インタビュー - アキバ総研 | 2016年11月26日 12:00
https://akiba-souken.com/article/28417/
「プロデューサーになる前から、僕は「このシーンには、この人が合うんじゃないかな」と、演出家や作画さんの個性を考えて、スタッフを配置するのが楽しみでした。適材適所に人を配置して、うまく当たるのが面白い。その楽しみがあるから、今でもプロデューサーをやれている気がします。」


映画「この世界の片隅に」製作プロセスの秘密 - クラウドファンディングの「実態」 東洋経済オンライン
2016年11月30日(斉藤 守彦 :映画ジャーナリスト)
http://toyokeizai.net/articles/-/147002?display=b


映画「この世界の片隅に」に勝算はあった?
プロデューサー、真木太郎GENCO社長に聞く 山中 浩之 2016年12月2日 日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/284031/120100018/?ST=smart
片渕の映画は「見てナンボ」の部分が大きい。そして、人によって泣くところが違う。パターンで泣かせるんじゃないんですよね。言葉にできない「匂い」があるというか。そして、見終わったときの気持ちが後々まで残って、何かの拍子に思い出してぐっとくる、ある意味重たい映画。人生に影響を受けてしまいそうな映画だと思います。

(参考)
クラウドファンディングで6000万集めた「少年ハリウッド」からみるアニメの今後 - Togetter
http://togetter.com/li/1054682


この世界の片隅で、『この世界の片隅に』のクラウドファンディングについて考えてみた。 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/1059030
 私も監督のアニメスタイルの連載やツイッターを読んでいなかったらそもそも『マイマイ新子と千年の魔法』英語版BDのクラウドファンディングを知らず、『この世界の片隅に』にも参加したかどうか…。また、私の見た範囲の記事では新聞広告やラジオCMに触れられていることもないようです。製作委員会に朝日新聞社TBSラジオが入っていたことで老人層へのPR効果が抜群だったのでは、と思うのですが。公開前にNHKでの特集もありましたし、偶然見た『ちちんぷいぷい』などローカル番組での告知や深夜アニメ放映時のCMも、現在までの結果を見れば良い影響を及ぼしたと思います。
(参考)
真田丸」イベント大盛況の理由、仕掛け人が明かす成功の鍵は「スマホと地方紙」2016.12.14
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/14/kiji/K20161214013901190.html


テアトル、気になる「この世界の片隅に」効果は 証券部 岸田幸子 2016/12/19
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO10780900W6A211C1000000/


ビジネス特集「この世界の片隅に」支えたネット出資 12月19日 広島放送局 野中夕加 記者
https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2016_1219.html

監督が儲からない、日本の映画業界への不安〈AERA〉dot. 12/26(月) 福井洋平、柳堀栄子
https://dot.asahi.com/aera/2016122600166.html


ここには、上から目線が存在しない。~『この世界の片隅に』プロデューサー・真木太郎氏に訊く~
境治 | コピーライター/メディアコンサルタント 12/29(木) 9:33
http://bylines.news.yahoo.co.jp/sakaiosamu/20161229-00065989/


この世界の片隅に」の真木太郎さん「監督のロマン実現へ黒衣に徹する」by 竹下郁子 2016/12/30 11:30 AERA
https://dot.asahi.com/aera/2016122800072.html


この世界の片隅に」の成功裏には支援者の熱量があった…Makuake中山亮太郎氏に訊くアニメとクラウドファンディングの関係性 取材・文:大曲智子 アニメ!アニメ! 2017/01/02
http://s.animeanime.jp/article/2017/01/02/32019.html


この世界の片隅に』大ブレークのなぜ(前編) クラウドファンディングはきっかけ 2017年01月05日 日経トレンディ
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/122800565/?ST=trnmobile_f

この世界の片隅に』大ブレークのなぜ(後編) 支援者との“共犯”関係がカギだった 2017年01月10日 日経トレンディ (文/高橋 学、写真/古立康三)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/122800567/?ST=trnmobile&ref=lg_trnmobile


◆コトリンゴさん・音楽
コトリンゴ オフィシャルページ
http://kotringo.net/ktrng/index.html


のん主演『この世界の片隅に』の立役者 コトリンゴインタビュー - CINRANET 2016/11/04
http://www.cinra.net/interview/201611-kotringo?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
 これはだいぶ内容に踏み込んでいて、ネタバレの記事なので鑑賞後に読むことをおすすめします。当時の音楽を知りたくて蓄音機とレコードを買ったコトリンゴさん素敵。あのやわらかい声も良くて。

この世界の片隅に」のん、コトリンゴの歌に「心臓をつかまれたみたい」 2016年11月8日 19:37 映画ナタリー
http://natalie.mu/eiga/news/208506


すずさんの思いを描いた、綿毛のような音楽──コトリンゴと、映画「この世界の片隅に」 - アキバ総研  2016年11月12日
https://akiba-souken.com/article/28274/
 素敵な音楽をありがとうございます(*´∀`)


コトリンゴが手がけた『この世界の片隅に』劇伴の特徴は? 映像音楽の専門家が紐解く 2016.12.14 RealSound
http://realsound.jp/2016/12/post-10400.html


コトリンゴの音楽から紐解く、映画『この世界の片隅に』(前編)Music Sketch FIGARO.jp December 26, 2016
http://madamefigaro.jp/culture/series/music-sketch/161226-kotringo.html
コトリンゴの音楽から紐解く、映画『この世界の片隅に』(後編)Music Sketch  FIGARO.jp December 27, 2016
http://madamefigaro.jp/culture/series/music-sketch/161227-kotringo.html


映画「この世界の片隅に」の音楽担当 コトリンゴさんが弾き語り
=LIVE= 2017年02月17日 09時37分 佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/sp/news/saga/10105/406193


この世界の片隅に】曲作りの秘密とは? 2017年2月17日 11:42 (「newsevery」内特集 2017/02/16放映)
http://www.news24.jp/sp/articles/2017/02/17/07354394.html
コトリンゴさんインタビュー


◆観客インタビュー
新潟)世界の片隅 長岡の記憶
構成・伊丹和弘2017年2月27日3時0分 朝日新聞
http://digital.asahi.com/sp/articles/ASK2S664QK2SUOHB00Y.html
新潟県長岡市で空襲にあわれた方のインタビュー

のろのろと『この世界の片隅に』

この世界の片隅に

特典絵ハガキ/クラウドファンディング新情報/「世界」を描かないと/のん 言葉と心/抱きしめて生きる/民俗学者は/長い道/ヒジヤマさん/8月16日の片隅に/発掘された絵

 フォロワーさんもちらほら映画を観に行っていてうれしいです。


 公式ツイッターから11月26日・11月27日限定来場者プレゼントのお知らせがありました。

大ヒット御礼⭐︎『この世界の片隅に』11/26(土)27(日)来場者プレゼント決定! キャラクター・デザイン:松原秀典氏による描き下ろしオリジナルポストカードをプレゼント(数量限定・非売品/お一人様1枚のみ)ご来場お待ちしております! #この世界の片隅に
https://t.co/lfJyX4FL3F

@konosekai_movieさんのツイート(https://twitter.com/konosekai_movie/status/801827222239576064?s=09)をチェック

 素敵なイラストですね(*´д`*)

 大阪での上映が少ないと文句を言っていましたが、今日からなんば、岸和田、大日、堺で上映が始まりました。嬉しいですね。上映館が増えてきたおかげで、体調が悪いから今日は無理しなくていいやとできるのもありがたいです。京都・奈良・和歌山も増えてます。
 他にも観たい映画がたくさんあるのですが、それらを観に行く気持ちのゆとりが出てきました。ありがとうございます
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=548&d=20161126


映画『この世界の片隅に』の海外上映を盛り上げるため、片渕監督を現地に送り出したい
https://www.makuake.com/project/konosekai2/?utm_source=konosekai2&utm_medium=sns_share_tw

 クラウドファンディングの目標を早期に達成したため監督が感謝の言葉と共にこれ以上の支援はけっこうです、と呼びかけていましたが、改めて参加上限数を設定すると共に、報告会の会場と回数を増やす・レポートの内容を充実させることになったそうです。
 安心して支援してください。


2016年11月11日
「『世界』を描かないと『片隅』が見えてこない」、映画「この世界の片隅に片渕須直監督インタビュー - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20161111-sunao-katabuchi-interview/
「 「どう再構成するか」が、我々がどういう表現者であるかが問われている点だと思いました。」
GIGAZINEさんは前から応援記事を書いてくださっているので過去記事もおすすめです。ロフトイベントとか。


Interview
のん 言葉と心、細部にこだわる アニメ映画「この世界の片隅に」で主人公の声
毎日新聞 2016年11月7日 東京夕刊
http://mainichi.jp/articles/20161107/dde/012/200/002000c
「探偵ものですね。ロバート・ダウニー・Jrが好きで、嫌なヤツだけど、子どもっぽい役がいい。そんな探偵がやりたい」
 いつか嫌なヤツを演じるのんさん(´∀`*)ウフフ

この世界の片隅に(In this Corner of the World)』(2016 Japan) 片渕須直監督 こうの史代原作 日本の第二次世界大戦の戦争表現を変えてしまうような傑作 - 物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために
http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20161123/p1
 こちらはたいへん濃い感想。「抱きしめて生きる」ということ。


この世界の片隅に』は優れた“妖怪”映画だ!民俗学者はこう観た
『この世界の片隅に』は優れた“妖怪”映画だ!民俗学者はこう観た(畑中 章宏) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
 この方向でもっと煮詰めた考察を読んでみたい…。


こうの史代『長い道』 - 青春ゾンビ
http://hiko1985.hatenablog.com/entry/2016/11/25/170814
 他のこうの作品ももっと読まれるようになったらいいなあ。


モーニング・ツー2017年1月号でこうの史代先生の新作が読めますよ。
http://morning.moae.jp/magazine/morningtwo
 ヒジヤマさんのシリーズですが、今までの話を知らなくても読めます。
 はーいい百合だ…。


この世界の8月16日の片隅に(小原篤のアニマゲ丼)
http://www.asahi.com/articles/ASJCB74CNJCBUCVL01M.html
 右手と左手の交叉。


(2016年11月26日追記)
 上記記事を読んで思い出し、探してみたら2015年のファンミーティングで「冬の記憶」の無音映像を見たときの感想絵が出てきましたので載せておきます。字が読みにくいので書き起こしました。

f:id:momomomo1232:20161126184642j:plain

この世界の片隅に」ファンミーティングIN大阪 2015.7.19
 「冬の記憶」うろ覚えレポ

原作のこまいすずさん
砂利船の上で何を買うか思案中
ぽわぽわと ”マンガ”的な 目を楽しませる かわいい1コマ

アニメのこまいすずさん
あれを買おうか これを買おうか…
すずさんの思案中も船は(川を)さかのぼって橋の下をくぐったりしてゆく
この仕草(右手と左手を交叉させる)は原作の「19年5月」から(野草のおかず 楠公飯の回

原作のコマ割・表現の再現にこだわらずアニメならではのかわいらしい動きと背景の変化でテンポよく
その上、原作を購読*したことがわかる動きの「くせ」(*おそらく熟読と書きたかったのに間違えている)
綿密な取材にもとずく背景の描写

アニメとして観て心地よい + 原作らしさ
_人人人人人人人人人人人人_
>  両立に成功している <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

「小さい子の動きってこうだよな~」ではなく
「すずさんの小さい頃だな~」と思わせる演出
 ファンも安心の完成度だ!

※すずさんの表情・動きなどはうろ覚えにつき、正確ではありません
アニメの絵はもっとかわいい・きれいです。ご了承ください。

突然の死ジェネレーター:http://totuzennosi.sacnoha.com/